朝顔の花言葉について詳しく解説!実は怖い、花言葉の由来とは?

イベント・行事

夏の花といえば、やっぱりイメージするのは朝顔ですよね。小学生の頃に夏休みの宿題で育てたことがある方も多いのでは?

日の出とともにパッと咲いて、夕方にはしぼんでしまうはかなさがありますが、朝顔は夏の花の代表的な存在で昔から愛されています。

花にはそれぞれ花言葉がありますが、朝顔の花言葉ってどんなものなのか知っていますか?

朝顔には素朴でさわやかなイメージがありますが、花言葉はちょっと意外なものなんですよ。

スポンサーリンク

明るく素朴でみんなに愛される「朝顔」!その花言葉とその由来とは?

花言葉には花全体に共通する花言葉と花の色ごとの2種類の花言葉がありますが、まずは色に関係なく朝顔全体に共通する花言葉をご紹介します。

朝顔に共通する花言葉は「愛情」「結束」「明日もさわやかに」などがあります。

朝顔は一日でしぼんでしまう花ですが、次々とつぼみがついて毎朝咲く様子からこんな花言葉になったと考えられます。

どの花言葉も、暑い夏に負けずにけなげに咲く朝顔にぴったりなイメージですよね。朝顔にはいろいろな色がありますが、それぞれの色ごとの花言葉をご紹介します。

青い朝顔の花言葉は?

朝顔といえば青い花をイメージする方も多いと思いますが、青の朝顔には「はかない恋」「短い恋」という花言葉があります。

これも、朝に咲いて昼から夕方にはしぼんでしまうという朝顔の特徴からつけられた花言葉です。

紫の朝顔の花言葉は?

青に続いて朝顔の代表的な花色である紫には、「冷静」「平静」という花言葉があります。紫は昔から高貴な色で、古代には貴族しか身に着けられない色でした。

身分の高い人は所作がゆったりとして美しく、落ち着きがあるので高貴な色の紫の朝顔には「冷静」や「平静」という花言葉がぴったりですね。

白の朝顔の花言葉は?

白い朝顔には「固い絆」や「あふれる喜び」という花言葉があります。

朝顔は成長スピードが速いツル性植物なので、支柱に巻き付いてぐんぐん育つ様子が「絆」や「喜び」を表していると考えられます。

また、江戸時代に日本に初めて伝わった朝顔は白い花のものでした。伝わったときにはかなりの大ブームになったそうで、初めて見る白い朝顔に江戸時代の人が大喜びしたことが花言葉からわかりますね。

合わせて読みたい

色によって違う!青い朝顔の花言葉は?実は怖いと言われる由来もご紹介。
花にはすべて「花言葉」があり、意味も様々ですよね。たとえば同じ朝顔でも、青や赤など色が違うと雰囲気が違うように、色によって花言葉も変わるような気がしますよね。この記事では、特によく見かける青い朝顔の花言葉を知りたいあなたに、青い朝顔の花言葉と他の色の朝顔とはどう違うのかご紹介します。

ピンクの朝顔の花言葉は?

朝顔には青や紫といった寒色系以外にも、かわいいピンクの花色があります。ピンクの朝顔には「やすらぎに満ち足りた気分」といういい意味の花言葉がありますよ。

ピンクは色彩心理学では「幸せな気持ちにさせてくれる色」だといわれているので、ピンクの朝顔にぴったりな花言葉となっています。

赤い朝顔の花言葉は?

あまり見かけない珍しい色ですが、朝顔には赤の花色もあります。赤い朝顔には「はかない情熱的な愛」という花言葉があります。

赤は一般的に情熱を表す色ですが、朝顔は昼すぎにはしぼんでしまうはかなさがあり、色のイメージと花の特徴がミックスされた花言葉となっています。

朝顔の英語の花言葉は?

花言葉は日本だけのものではなく世界中にあり、国によっても意味が違う場合があります。

朝顔の英語での花言葉は「love in vain(はかない恋)」や「affection(愛情)」などで、日本と同じような意味となっています。日本でも外国でも、朝顔に持つイメージは変わらないようですね。

良い意味だけではない?朝顔の花言葉って実は怖いって本当?

朝顔の花言葉と色ごとの花言葉をご紹介しましたが、花言葉にはいい意味のものだけでなく、悪い意味の花言葉もあります。

花によっては色ごとにもいい意味と悪い意味があるものもありますが、朝顔はあまり花言葉が多くない花なので、悪い意味の花言葉も花全体のものだけです。

朝顔の怖い花言葉

朝顔全体に共通する悪い意味の花言葉は、「あなたに私はからみつく」というもの。

フレーズだけ聞くと不気味で怖いイメージですが、これは朝顔がツルを長くのばして支柱にからみついて成長する特徴からつけられた花言葉です。

スポンサーリンク

由来を考えると怖い意味ではないのがわかりますが、この花言葉だけを聞くと朝顔のさわやかなイメージとは結びつかないですよね。

朝顔はプレゼントに向いていない?

朝顔は色ごとの花言葉にはそれほど悪い意味はないですが、共通する花言葉としてちょっと怖いイメージのものがあるので、プレゼントするときには誤解を受けないように気をつけたいですね。

贈る相手が異性でも同性でも、この花言葉を相手が知っていた場合はなんだかストーカー宣言みたいで誤解されそうなので、プレゼントする場合は「なぜ朝顔を選んだのか」をひと言添えて贈るのがおすすめです。

また、白やピンクの朝顔は色ごとの花言葉が「固い絆」と「あふれる喜び」、「やすらぎに満ち足りた気分」といういい意味のものなので、プレゼントの場合は白やピンクを選ぶといいですよ。

こちらもオススメ♪

朝顔の種まきの時期はいつ?種まきのコツと手入れのコツは?
夏を代表する花、朝顔は丈夫で成長スピードが速く初心者でも育てやすい花です。窓辺にグリーンカーテンとして仕立てると、見た目も涼しげでいいですよね。「今年は朝顔を育ててみようかな?」と考えたとき、気になるのが種まきの時期。朝顔の種まきの時期やきれいに咲かせるためのコツをまとめてみました。

まとめ

夏を代表する花の朝顔にはいろんな花言葉があります。朝に咲いて昼過ぎにはしぼんでしまう朝顔の花の特徴から「はかなさ」が強調されていますが、花の色によっては「絆」「喜び」などいい意味もあります。

一方で朝顔全体に共通する花言葉として「あなたに私はからみつく」という怖いフレーズもあるので、プレゼントする場合は注意が必要かもしれません。朝顔を選んだ理由をひと言添えて贈るのがおすすめです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました