名古屋港ワイルドフラワーガーデン体験談!中の様子と感想をご紹介。

お出かけ

愛知県港区にある名古屋観光名所の、「名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」に先日行ってきました♪

ブルーボネットは名古屋港の湾内に位置する自然風庭園で、美しい緑や草花、水面の輝きなど四季を感じることができる施設になっています。

花が好きな人はもちろん、「穏やかな1日を過ごしたいな~」と思っている方や「辛いことや嫌なことを忘れたい!」という気分のときには絶好の場所です(*^-^*)

今回はそんな素敵な花の楽園、名古屋港フラワーガーデン ブルーボネットをご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

入場料やアクセス情報などをご紹介!

では、実際に名古屋港フラワーガーデン ブルーボネットの入場料やアクセス情報を細かくご紹介していきますね♪

入場料

区分  料金
大人 300円
65歳以上 200円
小中学生 150円
障害者・付添人(1人) 200円
小中学生障害者 100円

※6歳未満は入場料無料です。
※障害者手帳をお持ちの方は、当日窓口にて手帳の提示をしてくださいね。

年間パスポート(ブルーボネットの会)

名古屋港フラワーガーデン ブルーボネットには、お得な年間パスポートも販売されています♪

区分 料金
会員 1,000円

※有効期限は1年。
※大人も小中学生も共通の料金となります。

愛知県にお住まいの方や、名古屋へ観光によく訪れる方は絶対年間パスポートの方がお得です◎

名古屋港フラワーガーデン ブルーボネットの大人の入園料は300円なので、年に6回以上遊びに行くなら絶対年間パスポートの方がお得☆

ブルーボネットの会に入会すると下記のような特典もあります♪

・会員限定のバスツアーの参加
・ブルーボネットから見ることができる名古屋港花火(夏・冬)への参加
・船上パーティーへの参加

営業案内

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット
〒455-0028
名古屋市港区潮見町42番地
  • 3月1日~11月30日 9:30~17:00
  • 12月1日~12月23日 9:30~16:00
休園日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は翌日)
名古屋みなと祭開催日12月24日、冬季(12月25日~翌2月末日)

アクセス情報

☆お車でお越しの場合

  • 伏見・栄から車で約30分!名古屋高速利用なら約23分
  • 伊勢湾自動車道名古屋港潮見ICを降りて約5分
  • 四日市IC、岡崎ICから約30分
  • 名古屋高速4号東海線船見ICを降りて約5分
潮見橋ルートの場合

名古屋市内の伏見通りを南下、「柴田本通1」交差点を右折し潮見橋を超えて最初の信号を左折。
または、名古屋高速3号大高線笠寺インターから「星崎1」交差点を右折し潮見橋を超えて最初の信号を左折。

名港トリトンルートの場合

名港トリトン(伊勢湾岸自動車道)名港潮見IC経由で約2km。

☆公共交通機関でお越しの場合

  • 市バス新瑞橋発14系統「ワイルドフラワーガーデン」行(乗車時間約32分)⇒「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分
  • 市バス金山発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行(乗車時間約35分)⇒「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分
  • 市バス神宮東門発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行(乗車時間約30分)⇒「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分

市バスの時刻表を載せておきますので、ご利用の際は事前に確認しておくといいですよ♪
市バス時刻表

☆水上バスでお越しの場合

  • 地下鉄 名港線「名古屋港」駅より徒歩約5分。「ポートビル」より約10分。
  • あおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩約5分。「水上バスのりば」より約20分

駐車場情報

駐車場は終日無料です。

いざ!入園!!

それでは実際に入園していきます♪入り口からたくさんの花がお出迎えしてくれて、私はもうテンションMAX状態でした(;^_^A(笑)

チケットを購入して園内に入ると、記念撮影ができるスポットがあったので早速パシャ!(笑)

後ろの長い建物がタワーに見えてしまうのは、私だけでしょうか(笑)

この写真を撮った後ろの風景はこんな感じで、花とちょっとした池があり真夏で暑かったですが涼しく癒されました~(≧▽≦)

少し先に進むと…花で演出した可愛いキャラクターがいました♪

ちなみに地上からみた様子はこんな感じで、結構大きいんです!

なのでいいお散歩コースにもなりますよ♪

ここからは綺麗な風景やお花の写真を載せていきたいと思います♪







この丸い水晶のような置物が凄い綺麗でした♪真ん中に穴が空いていて、お金を入れている人もいましたよ~(#^^#)

スポンサーリンク

園内には休憩できる建物があるのですが、こちらの建物はヨットの形をイメージして作られたそう(^^♪

東京ではあまり見かけない面白い形をしていました!

てくてく歩いてると、隠れミッ〇ーならぬ隠れハート♡!!

見つけた瞬間思わずパシャ!良いことがあるといいな~(笑)

名古屋港フラワーガーデン ブルーボネットは冒頭でもご説明した通り、名古屋湖の湾内に位置しているため、目の前で名古屋湖を一望できます!

私が訪れた日はとても快晴で、海はもちろん名古屋の観光名所でもある「名古屋港水族館」もはっきり見えました♡

カップルなら絶対写真を撮るこんなスポットもあったので、私も!と後ろに名古屋港水族館が見えるように記念撮影してもらいました☆

私が訪れた日は、たまたまフクロウやモルモットなどを触れる触れ合い体験イベントがやっており、私も小さい子供たちまぎれて触れ合い体験をしてきました♪




鳥類が大大大好きなので、可愛いメンフクロウをツーショットが撮れて幸せでした~(*´Д`)♡

合わせて読みたい

ひまわり畑が絶景!観光農園花ひろばに行ってきました。
愛知県の観光農園花ひろばに行ってきました。ここはひまわり畑が広い広場に力強く咲いているのが圧巻です。ひまわりはこれから咲くつぼみの状態を持ち帰ることもできます。ひまわりだけでなくいろんな種類の花がありとても綺麗でした。ペット同伴もOKなので、ワンちゃんと一緒に楽しむこともできますよ。今日は観光農園花ひろばについて紹介します。

お土産コーナー♪

ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットには、季節の花苗やガーデニンググッズ、かわいい薔薇柄の雑貨や置物などかわいいものがたくさん売ってます♪




写真を撮り忘れてしまったのですが、私は幸福のフクロウのペンを会社用で購入しました(^^♪自宅でガーデニングをしている方には、絶対おすすめのショップです(#^^#)

こちらもオススメ♪

有松町並み保存地区の歴史と見どころ。有松絞りとまり木綿の情報も。
名古屋の「有松町並み保存地区」は江戸時代には絞り染めの産地として栄えました。現在も当時の町並みが残っていて歴史を感じられます。「まり木綿」はかわいくて若い女性から人気があり私も買いました。さっそく見どころをご紹介します。

まとめ

今回は、名古屋湖が見える「名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」についてご紹介しました♪

観光名所と言っても、奥まった場所にあるので地元の人でも意外に知らない方も多いのでは~?と思いました。

私が住んでいる東京とは違い、愛知県は山や海自然に囲まれている街で観光にはもってこい!の場所だなと改めて感じました(*^-^*)♪

花が好きな方はもちろん、穏やかな場所で気分を落ち着かせたい方はぜひ、名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットに行かれてみてくださいね♡

私も、また愛知県に行くことがあったら絶対行きたいなと思ってます(^^)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました