豊平川花火大会の体験談。混雑を避けるコツと駐車場情報を紹介!

花火大会

北海道札幌市で開催される豊平川花火大会へ行ってきた時の体験談をお話します。

札幌市内の中心で行われている唯一の花火大会ということもあり毎年、多くの人でにぎわっています。そのため、混雑は必須です。

今回は、混雑を避けながら楽しむコツや駐車場など情報をお伝えします。

スポンサーリンク

メンバー

主人と2人、女友達5人くらいで行ってきました。

混雑状況はどのくらい?混み始める時間帯と最寄駅

開始時間は例年18時半~19時ころだったかと思います。最寄り駅は「中島公園駅」ですが17時半頃からは地下鉄は大混雑します。

少し歩いてもいいという方は1つ手前の駅である「すすきの駅」あるいは1つ奥の駅である「幌平橋駅」での降車をおすすめします。

「すすきの駅」は金曜の夜は花火大会でなくても混んでいるので、私のおすすめは「幌平橋駅」です。

大半の人は「中島公園駅」で降りるので、「幌平橋駅」まで乗っていると随分とゆとりをもって歩けます。

会場の周辺状況はこんな感じでした。トイレも混んでいます

開始の1時間~30分前に地下鉄を降りると、会場まで大名行列がごとく行列を歩く形になります。

誘導の警備員もいるため、整備はされていますが、4・5人で横一列になっている渋滞が続くので、行進は遅いです。

仮設トイレも設置されているとのことでしたが、会場が広くてどこにあるのかすぐにはわかりません。

近くの公園やコンビニのトイレは大体並んでいるので、お手洗いは先に済ませてから行くのがいいです。

会場付近に駐車場ある?近場で車を止めたい時は?

付近に駐車場ありません。

最寄りの駐車場で遅い時間までやっている駐車場は札幌駅にある大丸の駐車場か、すすきのにあるジャンボという駐車場になるかと思います。

▼大丸札幌店▼

〒060-0005
北海道札幌市中央区北5条西4丁目7

▼ジャンボ1000▼

〒064-0804
北海道札幌市中央区南4条西6丁目1

しかし、ジャンボは花火大会ではなくても17時半頃にはもう満車になっていることもありますし、大丸の駐車場は夜の22時までですので、花火大会が終わってからあまりゆっくりする時間をとれません。

花火大会の後にも食事を予定しているのであれば、地下鉄移動を視野に入れて2・3個前後したの地下鉄の駅の最寄りに停めた方が確実かと思います。

豊平川花火大会へ子連れならここで見るのがおすすめ

川沿いでみるのあれば、階段に場所をとると首が痛くなりづらいかと思います。

あまり近くなくてもいいという方、人混みを避けたい方、お子様がいつ飽きてしまうかわからない方でしたら

川沿いではなく中島公園から見てもいいかもしれません。

▼中島公園▼

〒064-0931
北海道札幌市中央区中島公園1

公園であれば、広場もありますし、飽きてしまったお子様には公園の遊具もあるので、手持ち無沙汰になることはないでしょう。

帰り際の注意点

花火大会は20時~20時半頃に終了します。

しかし、終わってからだと地下鉄が人であふれ、入場規制がかかったりします。すぐに帰りたい方は、終わる15分くらい前からその場を離れておいた方がいいでしょう。

時間に余裕がある方でしたら、その場に1時間ほど残っているか、地下鉄2駅分くらい歩いてから地下鉄に乗ることをお勧めします。

「幌平橋」から「すすきの駅」までは徒歩20分「大通駅」までは歩いて30分ほどだったかと思います。

合わせて読みたい

花火大会デートを成功させるポイントと絶対に避けたいNG行動
夏の風物詩といえば、花火大会!気になっている人を誘ってあわよくば告白をしたいなんて考えている人もいるのでは?花火大会での告白ってロマンチックですよね。けど、失敗したら恥ずかしいことになるし、上手く成功させるには??そんなお困りの貴方に花火大会デートで告白を成功させるコツを紹介しますので参考にしてみてください。

周辺の飲食店の予約状況

1~2週間前に某予約サイトで確認しても、おいしいお店や人気店は埋まっている場合が多いです。

案外某予約サイトには載っておらず、一本入った道にのれんを掲げているようなラーメン屋さんとかが案外空いていたり、おいしかったりします。

スポンサーリンク

逆に、ちょっとしゃれたような〇〇バル、といったようなお店だと味に波があったり、するのであまりお勧めはできません。

周辺に宿泊施設はある?

花火大会当日は、近所のカプセルホテル・ラブホテルは大体埋まってしまっています。

可能であれば、街中ではなく上記にも書いたような2・3駅離れた場所で宿泊施設を探すのがいいでしょう。

中でもおすすめは、南北線「麻生駅」東西線「新さっぽろ駅」です。

地下鉄の始発駅でもあるので、花火大会の会場までもすぐに向かえます。(「新さっぽろ駅」だと乗換が必要です)

また、JR駅もあるので空港との往復もしやすい駅になります。

両駅ともにバスターミナルもあるので、移動手段が車ではない方には特にぴったりな駅になります。

豊平川花火大会の基本情報

開催日

毎年7月最終金曜日に開催されています。

2019年は7月26日(金)

開催時間

19:40~20:30

開催場所

札幌市営地下鉄南北線幌平橋駅または中の島駅から徒歩5分

札幌・豊平川南大橋~幌平橋間(札幌市中央区南13条西1丁目付近)

駐車場

なし。

トイレ

なし

打ち上げ数

約4000発

最寄駅

地下鉄南北線「中島公園駅」「幌平橋駅」

お問い合わせ

北海道新聞社事業センター
TEL:011-210-5733(土・日、祝日を除く9:30~17:30)
当日の開催可否は、テレドーム0180-99-3776へ

去年の様子

▼2018道新・UHB花火大会▼

合わせて読みたい

浴衣に合う簡単な髪型は?1人でできる綺麗めヘアアレンジとコツ。
今年の花火大会には浴衣を着たい!でも髪型をどうしたらいいかわからない…。そんなふうに思っているあなたへ。美容院に行かなくても、簡単に1人でできる、浴衣にぴったりのヘアスタイルをご紹介します。素敵な髪飾りもそろえて、今年の夏は素敵な思い出を作ってくださいね。

まとめ

豊平川の花火大会は毎年開催されている札幌でも歴史ある花火大会です。

混んでいる様子も風物詩と思えるほど、川沿いで見る花火は圧巻ですのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました