秋田県大曲りの花火の穴場情報!混雑回避の為に知っておきたい6つのポイント!

お出かけ

秋田県の通称「大曲りの花火」は、秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、毎年8月の最終土曜日に開催される花火大会です。

正式名称は「全国花火競技大会」と言い、日本三大花火大会であり、日本三大競技花火大会の一つとして全国的に有名です。

この記事では、大曲りの花火に実際行った私の体験談をご紹介します。

有名すぎる花火大会だからこそ、混雑状況を含め下調べをすることは何より大切です。予め抑えておくべき情報をご紹介いたしますので、是非花火大会当日は楽しく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

メンバー

大人8名(友人2人とそれぞれの家族)で行ってきました!

友人の1人が秋田出身の子で、ぜひ一緒に見たいと嬉しいお誘いがあり家族も含め行くことになりました。

電車で来る場合はチャージ必須!

私たちは電車で花火大会会場に向かいました。有名な花火大会なのでたくさんの方が見に来るとは分かっていましたが、想像以上の混み具合。

最寄り駅が大曲駅なのですが、改札を出てからも列ができており、なかなか前へ進めませんでした。

特に花火終了後ですね。駅前は長蛇の列で、なかなか電車に乗ることができませんでした。電車で来る際は予めチャージをしておくのは必須ですよ。

合わせて読みたい

浴衣を簡単に自宅で洗濯機で洗う方法と干し方のコツとは?
彼とのデートで着た浴衣。来週の花火大会にまた着るんだけど、家で洗濯できるのかしら?そんなふうに思っているあなたへ、浴衣の簡単な洗濯方法を伝授します。浴衣は実は、家で簡単に洗濯機で洗えるんですよ。

桟敷席は1年前から予約は当たり前!

大曲の花火では、桟敷席(指定席)と有料自由観覧エリアがありますが、断然桟敷席のほうが見やすいです。エリアで区切られており、その中で前の方後ろの方と決められます。映画館の座席表みたいな感じです。

私たちは大人8名で座ったのでぎゅうぎゅうではありましたが、特に花火を見るのに支障はありませんでした。真ん中の方になってしまうと出づらく、自由に動くことができません。気をつけましょう。

実は今回、私の友人が大曲花火大会のスポンサー会社に勤めていたので桟敷席で一番良いA席をゲットすることができました。

また、チケットの予約をしたのが2か月前くらいですが、普通だったらこんないい席取れないよと教えてもらいました。桟敷席を狙う方は1年前から予約することが当たり前だそうです。

▼打ち上げ場所と河川敷▼

ホテルはあっという間に予約で埋まる!

ほとんどのホテルはあっという間に予約で埋まるので、花火大会へ参加する人は早めに予約しましょう。私達は秋田の友人宅へ泊ったので、ホテル探しに困ることはありませんでした。友人には感謝しかありません。

食事は屋台の秋田名物を!

特にこれと言って花火大会会場の近くに飲食店はありませんでしたが、屋台がたくさんでていたので食事に困ることはありません。しかも、秋田名物の横手焼きそば、きりたんぽ、ババヘラアイスなどの屋台がたくさんでており大満足です。

花火をみながらゆっくり食べたい人は、屋台でたくさん買っていくと良いです。ただモノによっては手がベタベタしてしまうものややこぼしやすいものもあるのでウェットティッシュを持参することをお勧めします。

ちなみに今回私達が持参した物の中で一番ウェットティッシュが活躍しました。

駅から遠いので子連れは大変!

今回私たちは大人だけで行ったので分かりませんが、周りの子連れの家族を見ていると大変そうでした。まず、歩く距離ですね。大曲駅から会場まで歩いて20~30分かかりました。しかも、飲み物や大きい荷物を持ちながらの移動だったので凄く疲れました。

子連れの家族だと、子供を抱きかかえながら荷物を持つ人、子供が泣いてしまって花火どころではなくなってしまう人、見ていて本当に大変そうでした。

特に帰りは疲れて子供は寝てしまうのでほとんどの親が子供をおんぶして帰っていました。

トイレは流せるティッシュが必須!

花火大会に行くにあたって絶対におさえておきたいことは、トイレ事情です。

長時間滞在するので、必ず一回はお手洗いに行くと思います。トイレは仮設式がエリアごとに10個ずつくらい設置されていましたが、基本列ができますね。特に女性は長蛇になる確率が高いので気を付けて下さい。

スポンサーリンク

仮設のトイレになるのでトイレットペーパーがすぐになくなります。私が利用した時にはすでに無くなっていました。その為水に流せるティッシュは必須です。必ず持っていきましょう。

大曲りの花火の基本情報

開催日

毎年8月最終土曜日(2019年は8月31日)

開催時間

昼の部17:15~18:00

夜の部18:50~21:30

開催場所

秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園

駐車場

1900台有料・無料

トイレ

仮設トイレあり

打ち上げ数

約1万8000発(昨年度)

最寄駅

JR秋田新幹線大曲駅

お問い合わせ

0187-88-8073 大曲商工会議所 「大曲の花火」実行委員会事務局

去年の様子

▼大曲花火大会2018 大会提供花火▼

こちらもオススメ♪

花火大会デートを成功させるポイントと絶対に避けたいNG行動
夏の風物詩といえば、花火大会!気になっている人を誘ってあわよくば告白をしたいなんて考えている人もいるのでは?花火大会での告白ってロマンチックですよね。けど、失敗したら恥ずかしいことになるし、上手く成功させるには??そんなお困りの貴方に花火大会デートで告白を成功させるコツを紹介しますので参考にしてみてください。

まとめ

大曲花火大会に行くにあたって移動が大変だったり人が多すぎてなかなか進まなかったりと、当時の状況をざっとご説明してみました。これをみて当日の対策をし、あなたが安心して花火大会へ行けると思ってくれたら嬉しいです。

大曲りの花火は、日本三大花火大会のひとつとあってかなり見ごたえのあるものでした。生きているうちに見られて本当に良かったと思える花火大会だったので、ぜひあなたも見に行ってみて下さいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました