大曲の花火大会のリアルな体験談。心に響く花火を楽しむポイントとは?

お出かけ

大曲りの花火大会は、秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、毎年8月の最終土曜日に開催される花火大会です。

正式名称は「全国花火競技大会」と言うんですが、通称である「大曲の花火大会」の方が有名だと思います。

この花火大会は日本三大花火大会であり、日本三大競技花火大会の一つなのであなたもひょっとしたら既にご存知で気になっているかもしれませんね。

この記事では、実際に大曲の花火大会に参加した私たち家族のリアルな声を体験談としてお届けしようと思います。是非参考にしてください!

スポンサーリンク

メンバー

大人4人(私、旦那、旦那の母、兄)で行ってきました!

混雑は当たり前!とにかく早めの行動を心がけて!

とにかく混みます!余裕を持っての行動がおすすめです。全国から集まる花火大会なのでツアー客も居て道を歩くのも行列でゆっくり進む感じです。

行きはお昼前から道路状況は混雑し始めます。15時前に家を出て通常なら20分もかかりませんが、約1時間はかかりました。駐車場もどこもかしこも満車。本当は駄目ですが近くの薬局やファミレスに車を停めて行く人も多いです。

近くとはいえ、自分達が鑑賞する桟敷席までは20分程歩いた為荷物が多いと苦労すると思います。

行きも混雑し駐車場も一苦労ですが、帰りはもっともっと混雑します。

去年は近くの薬局から道路に出て全くと言うほど車が進まず帰りに3時間かかりました(どうやら事故があったようです)

桟敷席で快適にみるために必要な備えは?

自分達は桟敷席(2万3千円程)の場所で見るので、穴場について詳しくはわかりませんが、川沿いに向かいとても大きな花火が上がるのである程度遠くからでも見えるかもしれません。

桟敷席の場合は、区間が仕切られているだけで場所のみ提供の為、レジャーシートやクッション、ブランケット等は確実に持って行った方がいいです。鑑賞時間を快適に過ごす為です。

持って行かないと木の上で直接座る事になります。

去年は花火大会前日に雨が降り、若干濡れているような感じと砂が乗っていたりしていました…。

椅子を持参して使って居るような人は見かけませんでしたが、カメラを固定して撮影する人は多かったので運が悪いとちょっと邪魔って思うかもしれません。また夕方は肌寒くなる為羽織物は必須です。

桟敷席の場合は買ったスペースが休憩場所です(畳1畳位のスペースかな?)もっといい桟敷席だとイスも用意されているようです。

桟敷席ではない場合、道の上にレジャーシートを敷いて休憩している方もチラホラいますが、これといって休憩スペースはないと思います。

>>参考リンク

「個人の有料観覧席の予約・販売について」

「会場案内・周辺マップ」

食事は持参がベスト♪

飲食店は田舎なので特にありません。屋台はいくつか出ていますが16時前についてもだいぶ混雑しているため買うのも一苦労です。

近くのコンビニで買うのがおすすめですが、コンビニも混雑しています。ちょっと会場まで遠くても飲み物、食べ物は持参する方がいいと思います。

自分達はお菓子、飲み物、フルーツ、おにぎり、煮物は持参しました。

屋台では焼き鳥とお好み焼きを買いましたが行列で各20分位は並んだ気がします…。

合わせて読みたい

浴衣に合う簡単な髪型は?1人でできる綺麗めヘアアレンジとコツ。
今年の花火大会には浴衣を着たい!でも髪型をどうしたらいいかわからない…。そんなふうに思っているあなたへ。美容院に行かなくても、簡単に1人でできる、浴衣にぴったりのヘアスタイルをご紹介します。素敵な髪飾りもそろえて、今年の夏は素敵な思い出を作ってくださいね。

子連れの方は迷子に厳重注意を!!

自分達に子供は居なかったので(妊婦でしたが)、見た感じだとそんな小さなお子さんはあんまり居なかったように感じました。

歩けるお子さんが多かった印象です。ただ、あんまり歩き回り目を離したりしたら確実に迷子になると思います。実際にアナウンスで迷子の知らせもありました。

疲れを癒すババヘラアイス♪

個人的な意見ですが、秋田県にはお洒落な家が多く近くの方はベランダや屋上から花火鑑賞をする人が居て、ちょっとズルいなと思いました。

バーベキューをしていたり、何家族かが集まっていたりする様子で、いいな~と思いながら帰りました。

そして、花火大会の帰り駐車場に向かう中、疲れたところにババヘラの屋台が!

ババヘラって秋田で良く売られている苺とバナナのシャーベットアイスなんですが、バラの花に見えるもりつけが可愛いんです♪

思わず買ってしまい食べながら駐車場に向かうのも自分の1つの楽しみです(笑)

スポンサーリンク

2019大曲りの花火(全国花火競技大会)の基本情報

開催日

毎年8月最終土曜日(2019年は8月31日)

開催時間

昼の部17:15~18:00

夜の部18:50~21:30

開催場所

▼秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園▼

〒014-0057
秋田県大仙市大曲船場町

駐車場

1900台有料・無料

トイレ

仮設トイレあり

打ち上げ数

約1万8000発(昨年度)

最寄駅

JR秋田新幹線「大曲駅」

お問い合わせ

0187-88-8073 大曲商工会議所 「大曲の花火」実行委員会事務局

去年の様子

▼大曲花火大会2018 大会提供花火▼

こちらもオススメ♪

浴衣を簡単に自宅で洗濯機で洗う方法と干し方のコツとは?
彼とのデートで着た浴衣。来週の花火大会にまた着るんだけど、家で洗濯できるのかしら?そんなふうに思っているあなたへ、浴衣の簡単な洗濯方法を伝授します。浴衣は実は、家で簡単に洗濯機で洗えるんですよ。

まとめ

大曲花火大会は、1回見てしまうと他の花火大会なんて見られないと思う位、迫力もあり感動する花火大会だと思います。自分は普段千葉に住んでおり日程が会えば他の花火大会を見に行くのですが、やはりもう千葉や関東の花火大会で感動しません(失礼ですみません)

田舎にあるため行くのは大変ですが、見るだけの価値はあると思います。

旦那が秋田県の人の為初めて見た時は桟敷席にもびっくりでしたが、花火ってこんなに素敵で心に響き残るものなんだと感動しました。機会があれば是非見て頂きたい花火大会です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました