東松島市鳴瀬流灯花火大会の体験談!見どころと混雑回避の方法とおすすめ穴場スポット!

花火大会

宮城県民が毎年とても楽しみにしている花火大会で、開催場所はあの日本三景の一つである松島の海岸です。

700年ほどの歴史がある花火大会で、先祖の霊を供養するための「灯篭流し」が元となっています。

今回は、友人と2人で行ってきた東松島市鳴瀬流灯花火大会の体験談をお話します。

見どころや混雑を避ける方法、おすすめの駐車場の他にカップルでまったりと見ることができる穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

メンバー

友人と2人で行ってきました。

東松島市鳴瀬流灯花火大会の見どころ!

毎年7000発ほどの花火が打ちあがり、花火が打ちあがるたびに水面に映る島々のシルエット、大きな海を舞台にした水中花火「スターマイン」が見どころです。

灯篭と共に打ち上がる花火はとても幻想的で美しいです。

灯篭流しは祖先の供養が始まりではありますが、2011年に起こった東日本大震災で犠牲となった方々への供養の気持ちも込められているんです。

ただ、綺麗というだけでなく深い意味や被災者の方々の気持ちも込められている花火大会とも言えますね。

東松島市鳴瀬流灯花火大会で混雑を避ける方法

開催時刻は19時頃ですが、前日から出店が出ているせいか当日は早くから混雑します。

最寄駅、駐車場ともに会場から離れたところ(徒歩20分位)にあり、ピークにかかってしまうと会場にたどり着くのも一苦労です。

ですので、14時頃には会場に行きお土産屋さんや出店などでお祭りのテンションを高めるのがおススメです。

会場近くの駐車場は全て有料となりますが、会場より徒歩20分位のところに無料の特設駐車場があります。

駐車可能台数も多く、近くにファミリーマートがあるため買い物やトイレを済ませてから会場へ向かうことが出来ます。

会場へ行くまでの道のりにもズラッと出店が立ち並び浴衣の方たちが歩いていたりしますので20分の道のりは意外とあっという間です。

また、こちらの駐車場の方が帰りの際にも渋滞につかまらず車の流れがスムーズなため歩くことが苦でなければこちらの駐車場がおススメです。

こちらもオススメ♪

忘れると悲惨!子連れで行く花火大会の持ち物リスト10選!
夏祭りを満喫したいと思う親の願いもむなしく、子供が屋台のオモチャ欲しくて泣いたり、食べ物こぼして泣いたり、退屈で泣いてしまったり。子供が泣き出すと周りに迷惑をかけてしまうので泣く泣く帰ったことがありました。夏祭りを快適に楽しく過ごしたいと思うあなたに、私の体験談や友達から聞いたなるほどアイテムをご紹介します。

東松島市鳴瀬流灯花火大会の無料駐車場情報!

東松島市役所鳴瀬庁舎を駐車場として開放されており約300台駐車することができます。

車で行く道順ですが、鳴瀬奥松島ICから県道204号線に入り、そこから県道150号線を進むというように行くと駐車スペースに着きますよ。

観覧の注意点と必須の持ち物

観覧のスポットが決まっているためレジャーシートは必須アイテムです。

(レジャーシートや折り畳み椅子を売ったりレンタルするお店があるくらい)

また7000発とたくさんの花火が上がるため時間も長いです。

折り畳みの椅子などがあると便利かと思います。小さなお子様を連れた方やご年配の方には有料の観覧席もありますのでそちらの利用もおススメです。

そちらではパイプいすが用意されており、折り畳み椅子に座るよりも負担は少ないと思います。

会場の運営本部でチケットの購入が可能となっておりますが、毎年人気のため余裕をもって購入してください。

トイレはここがキレイです!

また、トイレの設置台数が少なく毎年長蛇の列になりますので、お子様をお連れの方はかなり余裕をもって行ってください。

トイレは仮設トイレ、もしくは公園に元から設置してある公衆トイレになり正直な話あまりきれいではありません。

個人的に周辺で一番きれいだと思うトイレは観覧船のチケット売り場のトイレです。

もちろんかなり並びますがどうしても綺麗なトイレが良いという方は是非こちらを利用してください。

おすすめ観覧スポットはココ!

普段の松島では松島に浮かぶ小さな島々をめぐる観覧船が運行されているのですが、この日は特別に花火を海上から見ることの出来る観覧船が運行されます。

予約は出来ず、先着でのチケット販売になりますが例年どおりであれば大体16時頃までは購入可能かと思います。

スポンサーリンク

出港したら会場に浮かぶ花火の打ち上げ台を通りぐんぐん沖の方へ、岸辺のお祭りの明かりを見ながらゆったりと見る花火は格別で、まるで自分だけのために花火が打ち上げられているような贅沢なひと時を過ごせます。

もちろん食べ物、飲み物も持ち込み可能なので、チケット購入から出港までの時間で出店などでお買い物をしておくことをお勧めします。

カップルで見るならここが穴場!

また、会場より仙台方面へ行くとトンネルがあるのですが、そのトンネルを抜けた所にある海岸も穴場スポットです。

砂浜が広がるロマンチックなスポットで、カップルにおススメです。こちらには出店の出店がないためより静かな環境で花火を見ることが出来ます。

島を挟んでいるため低く上がった花火は見えにくいのですが、風向きによっては煙がきれいに流れて会場で見るよりも綺麗に見える場合があります。

合わせて読みたい

忘れると悲惨!子連れで行く花火大会の持ち物リスト10選!
夏祭りを満喫したいと思う親の願いもむなしく、子供が屋台のオモチャ欲しくて泣いたり、食べ物こぼして泣いたり、退屈で泣いてしまったり。子供が泣き出すと周りに迷惑をかけてしまうので泣く泣く帰ったことがありました。夏祭りを快適に楽しく過ごしたいと思うあなたに、私の体験談や友達から聞いたなるほどアイテムをご紹介します。

東松島市鳴瀬流灯花火大会の基本情報

開催日

2019.08.17
※雨天時:小雨決行、荒天時は翌日に順延予定。

開催時間

20:00~20:30
流灯は19:00~

打ち上げ数

約1000発

開催場所

宮城県東松島市小野 鳴瀬大橋付近河川敷

駐車場

無料駐車場があります。

トイレ

あり。

最寄駅

JR陸前小野駅から徒歩約20分

お問い合わせ

東松島市観光物産協会 0225-87-2322

去年の様子

▼2018年東松島市鳴瀬流灯花火大会▼

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました