ウォーキングの服装は普段着でOK!私が実践する服装と持ち物5選。

ダイエット、スポーツ

スポーツの秋。
ウォーキングを始めてみようかと思う方も多いと思います。

特に40代50代になると、運動不足が将来の健康を左右します。
女性の場合は、更年期による不調などで、ついつい体を動かすのがおっくうになってしまいますが、運動不足は思った以上にいろいろな弊害をもたらします。

このページでは、初心者さんがウォーキングを始めるときの服装や持ち物についてご紹介します。
私の経験談なのでリアルですよ。

スポンサーリンク

ウォーキングをするときの服装について

普段着が一番の理由

まずは形から!と言うことで、ウォーキングのための服装を考えてしまう気持ちはわかりますが、私の経験上、ウォーキングというのは毎日続けることが一番の課題。

いくら素敵な格好を用意したところで、着替えたり準備したりするのが面倒だと、ついついやらなくなってしまうんです。
 
なので、初心者さんほど、ウォーキングのときの恰好は特別なものじゃない方がいいと私は考えます。
(・∀・)b あ、行こう
と思ったときにすぐに出られる普段着。これが一番です。

歩いて暑くなることを考えて、

  • 夏だったらできるだけ涼しい恰好。
  • 冬だったらふだんより1枚少ないくらいの軽装備

がおすすめです。

こちらもオススメ♪

実録!ウォーキングダイエット体験談!私が5kgマイナスした方法とは?
ダイエットをいろいろ試したけど、「何をやっても効果がない…。ダイエットもうダメかも…。」と諦めかけているそこのあなた!私が、藁にもすがる思いで「とにかく歩いてみよう!」と行ったダイエットが、ウォーキングダイエットでした。そこで、唯一効果のあった、ウォーキングダイエットの体験談をここでご紹介します!

問題は冬

夏の服装はTシャツにハーフパンツなど、選択肢は少ないと思いますが、問題は冬の寒い時です。

いくらそのうち暑くなるからといって、外に出たとたんに寒すぎるのは悲しくなってしまいます。

時間帯にもよりますが、思った以上に顔や手が寒いので、首回りに巻くものや、手袋があった方がいいかもしれません。ただ、暑くなって手に持ったときに、思った以上に邪魔になる…。
冬場にどの程度の防寒をするかは、寒がりさん、暑がりさんでも違うので、やりながら調整してください。

誰にも会わないから…は盲点

それから、夜にウォーキングするときにありがちなのは、「暗いし誰にも会わないから」という理由で、ノーメイク、ボサボサ頭で出かけてしまうこと。

別にそれでもかまわないのですが、途中のスーパーやコンビニでふっと買い物を思いついた時に、「あ~この恰好じゃ入れない…」となることが、私の経験上多かったので、一応注意をしておいてください。

服装とか持ち物とか、暑いとか寒いとか考えてるのは意外と面倒!
そんなときには、歩かなくても歩いたことになる、こんな便利グッズもありますよ。
トレーニング・ダイエットのスペシャリスト考案のトレーニングウェア

ウォーキングシューズは大事

洋服を買うくらいならシューズを買いましょう。
足元は大事です。

40代になってくると、若いころのように筋力もなくなりますので、すぐに膝が痛くなったりしてしまいます。

膝を傷めるのは、歩く場所の固さや歩く姿勢などにもよりますが、シューズが悪くても原因になります。
シューズだけは「なんでもいいや」ではなくて、軽くて足にフィットしたものを選んで購入しましょう。

ウォーキングに必要な持ち物

1.ウエストポーチや斜め掛けバッグ

ウォーキングの時に、何かを手に持っていると、想像以上に邪魔なものです。
かと言って手ぶらでは不安なので、荷物を入れるバッグが必要です。

手に持たずに済むように、ウエストポーチや斜め掛けバッグにするのがおすすめです。

2.音楽とイヤホン

私のおすすめは、音楽を聴きながら歩くこと。

黙って歩いていると、けっこう回りの視線が気になったり、退屈になったりするものです。
アップテンポの音楽を音楽プレイヤーもしくはスマホに入れて、聴きながら歩いてみましょう。

ただ、このときイヤホンで音楽を聴くことになりますが、有線のイヤホンだと、ふっとした表紙に耳から抜けて「あ~もう!」ってなってストレスになります。

ブルートゥースのイヤホンが本当におすすめですよ、まじで。コードがないのでストレスフリーです。

スポーツジムなんかでも、まだ有線のイヤホンしてる人けっこういますけど、
まじで騙されたと思って使ってみて。やめられなくなるから(笑)

私が使っているのはコレ。想像以上に安くてコスパが最強です。

3.携帯(スマホ)

どのくらい歩いたか時間を確認する場合、緊急の連絡用に、気になった場所を撮影するように、スマホは必要です。

私の場合、「30分歩くぞ」と決めた場合には、15分でタイマーが鳴るようにしておいて、タイマーが鳴ったらUターンして引き返す、という方法をとっていました。

また、私はスマホに音楽を入れていたので、本当にスマホは必需品でした。

4.財布(小銭入れ)

30分程度なので飲み物が飲みたくなることは少ないのですが、主婦なので、「あ、そう言えばマヨネーズがなかった」のように思い出すことが、意外とありました。

あとは、「ご褒美にチョコを買っちゃおうかな」みたいなことも。

お財布を持ち歩くと荷物が重たくなる場合は、小銭入れに1000円だけ入れておくとか、そんな感じで少量のお金を持っていると安心です。

5.タオルやハンカチ

汗をかきますのでタオルやハンカチは必需品です。
冬の寒い時期は、汗をかかないと思いきや、ハナが出たりもしますので、やっぱりタオルは必需品です。

まとめ

40代主婦の場合、パートもありますし家事もあります。
その合間にウォーキングをすることになるので、案外時間が取れないものなんです。

疲れてしまって「今日はや~めた」となってしまうと、そこからグズグズとやらなくなってしまいますので、まずは続けることに焦点を合わせた装備を考えることをおすすめします。

お互いがんばりましょう。

時間を有効活用!ウォーキングダイエットを夜にやるメリット
なんだか最近体が重たい…。体重が気になる…。運動不足だよなぁ…。ウォーキングを始めてみようかな~。と思っても、なかなか昼間に歩くのは難しいですよね。 この記事では夜にウォーキングをするメリットデメリットについてご紹介します。

 

スポンサーリンク