一人暮らしの自炊はシンプルに!初心者のためのキッチン用品10選。

家事

1人暮らしを始めるにあたって、一番心配なのは、毎日の食事ではないでしょうか。

日々、外食をしていたら、身体にも良くないしお財布にも大打撃。
できるだけ自炊して切り抜けたいものですよね。

でも。

今まではお母さんが当たり前のように作ってくれていたお料理も、自分でやるとなると、いったい何から手を付けていいのかわかりませんよね。

このページでは、そんなあなたが最低限揃えるべきキッチン用品をご紹介します。

買いすぎても物で溢れてしまって快適なお料理ができません。
シンプルな道具で賢くお料理をマスターしましょう。

合わせて読みたい
一人暮らしに必須の基本調味料とは?おすすめは「さしすせそ」

スポンサーリンク

初心者のためのキッチン用品10選

炊飯器・しゃもじ

まずはご飯が炊けないとどうにもなりません。
とりあえずご飯さえあればお腹を満たすこともできますし、炊飯器は必須です。

炊飯器は、ひとり暮らし用の小さいものを選んだ方が、ご飯が余らずに済みます。

最小では1.5合炊きのものからありますが、これだとお茶碗2杯程度なのでちょっと頼りないですね。
5合炊きだとちょっと多いので、中間の3合炊きがおすすめです。

しゃもじは、お米がくっつきにくい凹凸のあるしゃもじが使いやすいです。

トースター

一人暮らしの朝食は、ご飯よりはやはりパン食。パンを焼く機会は非常に多いです。
パンだけじゃなく、買ってきたお惣菜を温めたり、ピザを焼いたりもできるので、トースターは必ず用意したいですね。

包丁

一人暮らしでたまに自炊をする程度なら、包丁は万能包丁1本でOKです。

万能包丁とは、ステンレス製の刃渡り20㎝前後のものが一般的。この1本で、いろいろなお料理に十分対応できます。
主婦歴ウン十年の私も、万能包丁1本でやってます。

もう1本選ぶとしたら、強いて言えば、パン切り包丁があると便利ですね。
買ってきたパンが上手に切れます。

まな板

まな板は、木製とプラスチック製があります。

木製の方が、いかにもまな板という感じで気分が盛り上がりますが、意外とお手入れが面倒ですしカビも生えやすいので、初心者さんにはプラスチック製をおすすめします。

今は、100均などで、薄っぺらいプラスチックのまな板が売っています。切ったものをそのまま鍋に入れられて、一見便利なのですが、包丁が傷みやすいので、最初の1枚には、やはり厚みのあるまな板をおすすめします。

ざる、ボウル

麺や野菜をゆでたときの湯切りや、野菜を水洗いした時の水切りに使います。
雑貨店などでカラフルなプラスチックのものが売っていますが、それで十分です。

スポンサーリンク

鍋・フライパン

お鍋のたぐいはそんなにたくさんは要りませんが、煮込みやお味噌汁のできるお鍋と、炒め物ができるフライパンの2つを、最低用意しておくと便利です。
フライパンは、底が深めのものを用意してくと、揚げ物やパスタを茹でたりにも使えますよ。

やかん

お湯を沸かす機会は案外多いもの。

お湯を沸かす道具と言えば「やかん」が一般的ですが、ここはミルクパンなどの小さめのお鍋でも代用できます。

また、電気代を気にしないのであれば、電気で沸かす電気ケトルや、沸かして保温のできる電気ポットでも代用が可能です。
結局はお湯が沸かせればそれでいいので、そこは好みで選びましょう。

おたま・フライ返し

フライ返しは、ステンレス、シリコン、ナイロン樹脂などの素材があり、形もいろいろあります。お好みで選んでください。

菜箸

お料理に一番必要なのはコレですね。
1組だと何かと不便なので、2~3組あると便利です。

このとき、いろいろな種類の菜箸を3組用意するよりも、同じ菜箸を3組(6本)用意するのがおすすめ。
さっと取り出した時に、ペアが違ってイライラすることがなくなります。

トング

私がお料理の時のキッチン用品で一番重宝に使っているのは、実はトングです。
炒め物でも、焼き物でも、パンを焼くときにでも、何かと使えて、しっかり掴めるので非常に便利です。
カラフルで可愛いトングも出ているので、お好みのものを選んでくださいね。

まとめ

キッチン用品というのは、揃えてみるとけっこうな数があるので、いったいどれがあればいいのかわからなくなりますよね。
でも、この10種類があれば、とりあえずの毎日の自炊はできるようになりますので、まずは最低限の道具でスタートしてみてください。

そんなにたくさんは要りません。
これから生活に合わせて、買い足していけばいいと思いますよ^^

合わせて読みたい
スニーカーや白靴を明日までに乾かす簡単な方法4つ

 

スポンサーリンク