共働きの夫婦円満の秘訣は何?私が実践している具体的な対策!

夫婦・人間関係

家事に子育てにと両立して一日の時間をフルに使って忙しく働く中で、悩みの種になるのが「夫婦円満」。

共働きでバリバリ働いて、そのうえ帰ってから子どもの世話をするだけでも、もう手一杯ですよね。

そうなると、どうしても夫婦の間で会話が減ってきたり、些細なことでお互いにけんか腰になってしまったり「あぁこんなこと言うつもりじゃなかったのに」なんて後悔したり。

その気持ち、とってもよくわかります。私も共働きでばりばりとキャリアを積んでいた頃、すれ違いが多く主人の寝顔しか見ないなんて日もありました。

子どもがいなかったこともあり、一緒に住んでいるのに夫婦そろって夕飯を一緒に食べられる日なんて一か月に一週間程度。

仕事に熱中するあまり遂には「仕事を辞めてくれ」と喧嘩する始末でした。

「夫婦円満の秘訣」で調べたって、なんだか表面的なことしか出てこなくて「相手を尊重する」とか「干渉しない」とか「会話を大事にする」とか…できるならやってるよ~と思うような漠然としたことばかり。

でも、そんな私たちも、ちょっとした工夫ですれ違いがなくなりました。今ではお互いのスケジュール管理も、ゆっくり話をする時間も増え、友人達や同僚から「本当に仲がいいよね」「ふたり似てるよね」「そんな夫婦になりたい」と言われることが驚くほど増えたんです。

そこで今回は、そんな私の経験から夫婦円満の秘訣として実際に実践していることを具体的にご紹介します。

殆どが今日の夜からでもできる小さなことばかりですが、期待した以上に大きな効果があります。

やっていくうちに「あ、そういうことだったんだな」と私自身もたくさん腑に落ちました。ぜひ、いつまでも長く仲良しの夫婦でいられる夫婦円満の秘訣、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

夫婦円満の秘訣って何?共働きだからこそ知りたい秘訣はこれ!

ふたつのことを同時にできないのが男性の宿命

夫婦円満の秘訣といえば「会話をしましょう」と必ず出てきます。でもこれ、一体どうやって?というのがどこにも書いていないんですよね…。

実は、ちょっとした工夫というかコツがあるともっとうまくいきます。それは、「男性はふたつのことを同時にできない」ということを理解しておくことです。

一般的に、女性はいくつかのことを同時進行することが得意なことが多く、例えば料理はわかりやすいですよね。

よくあるのが「主人に話をしたはずなのに、ちゃんと聞いていなくて忘れられている」ということ。

あなたにとっては大事な話だったのに、忘れられるなんて本当に腹が立ちますよね。でもこれ、ふたつのことを同時にできないことが原因であることが殆どなんです。

なので、私が実践して大正解だったのは「TVを見終わってから」「ゲームの区切りがついてから」「新聞を読み終わってから」それから話をする。ただこれだけです。

「ふたつのことを同時にできない」と割り切って考えると、たとえCM中でも、TVがついていると話が頭に残らないんです。

また、声をかけて「アポ」をとるようにもしています。うちの人はゲーム世代なので「そのゲームがひと段落したら、相談したいことがあるから15分くらい時間もらってもいい?」と。

これも大事なポイントのひとつ。ちょっと「あれ?なんだろう…。」と考える時間と「何か相談があるんだな」と受け入れる準備ができること。そして、相手の時間をきちんと尊重できます。

ちょっとした買い物の相談や、こどもの話、仕事の愚痴だってこうしてお互いのアポをとってから話をすると、とってもすんなりと話がしやすくなります。そして、忘れられることもなくなるんです。

始めは慣れなくても、段々と向き合って話をする時間を作ることができるようになりました。

ただ単に、彼の中で「ふたつのことを同時に消化できていなかっただけ」なんだな。と大発見でした。

「○○してくれてありがとう」をたくさん伝えると、もっと家事をしてくれるように。

これも夫婦円満の秘訣に「話し合って家事を分担しよう」な~んて漠然としたこと、必ず書いてありますよね。

そんなの、話をしたってなかなかやってもらえることではないのが現実!嫌々やられるくらいなら、自分で動いた方が早い!とも思っていました。

実は、共働きで仕事をしすぎで会話がなくなってしまっていた頃、一番嫌な気分になっていたのが「共働きで私だって働いているのに、私ばっかり家事をしている」と思ってしまったことでした。

でも、はっと立ち止まって考えてみたら、気付かない間にやってくれている小さなことに気づいたんです。トイレットペーパーがいつの間にか補充されている、昨日は自分でコップを洗ってくれている。

正直、本心でいうと「それくらいやってくれて当然」なレベルの些細なことなんです。でもそれを見つけて「今日、トイレットペーパーを補充してくれてありがとう」と、ひとつひとつに「ありがとう」をしつこく言うことから始めてみました。そしたらこの作戦、と~っても効きました。

この時のポイントは、「具体的な内容+ありがとう」と言うことです。ニュアンスでは伝わらないので、○○してくれてありがとう、ときちんと内容を伝えないと効果はありません。

初めは照れ臭そうに「うん」というだけでしたが、些細なことも全部「○○してくれてありがとう」と伝えるようにしたことで、手を出してくれる家事が少しずつ増えていくんです。

もちろん、初めは私も「これくらいやるのは普通のことやで~」と心の中で思いながらでしたが(笑)

よくよく後で聞くと、「家で家事を殆ど手伝ったことがなかったから、どう手を出したらいいかわからなかった」んだそう。

そこに、具体的に嬉しかったことをありがとうと伝えることで、少しずつ何をしたら喜ばれるのかがわかったんだそうです。

そして、もうひとつ。気付いたらいつの間にかちゃーんと同じように彼から「ありがとう」と言って貰えることが増えました。

「俺が食べたいって言ったメニュー作ってくれてありがとう」とか「冬用の布団に変えてくれてありがとう」とか。

本当に些細なことですが、私自身、一番のもやもやは「ありがとう」って言って欲しかっただけだったんですね。

一番そばにいる彼は、あなたの鏡です。同じ言葉や同じ態度って、いつの間にか自然と返ってくるので、ぜひ「ありがとう」から始めてみてください。お互いにいいことがたくさんありますよ。

合わせて読みたい

共働きなのに家事をしない夫!協力させるために私がやったこと
仕事から帰ると妻の私ばかりが家事をして夫はのんびり。そんなの不公平では?この記事では、共働きなのに家事をしない夫の協力を得るための伝え方や、家事の分担について、自身の経験を踏まえてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

みんなはどうしてる?みんなの夫婦円満の秘訣をご紹介。

私が怒っているのは「怒りポイント」が溜まったから!と伝える

共働きで働きながら小学生の男の子を3人育てている夫婦で、記念日にはご主人が花束を用意する。そんな、とっても夫婦仲がいい友人に教えて貰った夫婦円満の秘訣がこれです。

ちょっと面白いのですが、これは男性にとってすごくわかりやすいそうで、とってもおすすめです。

スポンサーリンク

夫婦円満でいたくたって、どうしたって避けられない喧嘩をしちゃう時ってありますよね。そんな時、ご主人が「なんで怒っているのかわからない」と理解してくれないことが殆どではありませんか?

怒られた側が理解できていないと「なんか理不尽に怒られた」という嫌な気分だけが残ってしまうんです。

そこで彼女に教えて貰ったのがこれ、女性の怒りは「永久不滅のポイント制」ということ。そしてそれを、ご主人に伝えるということです。たったこれだけで、男性はなるほど~と、ようやくすっきりするんです。

女性の怒りって、カチンときたことが1ポイントずつ溜まって溜まって、ついに最後のほんの些細なことでポイントカードがいっぱいになった瞬間、爆発するんですよね。

うんうん、わかるまさにそれ!と頷いちゃいます例えです(笑)

そこで、私も思い切って彼女のように「私は怒りポイントが溜まって怒っている!」と伝えるようにしたら、ようやく理解して貰えました。

徐々にですが「ごめん、どんな怒りポイントが溜まったのか教えて」と話をきいてくれるようになるだけで、驚くほど心が軽くなるんです。

まずは「なんで怒っているのか理解できない」という状況を変えるだけ、たったそれだけですが、仲直りがすごく早くなる大事な夫婦円満の秘訣です。

「一緒にしたいことリスト」をアプリで共有する

こちらも夫婦共働き、子育てしながら二人とも出張で日本全国を飛び回る、そんな友人の夫婦円満の秘訣です。

彼女はご主人と一緒にいる時間がとても短く、ばりばり働きながらも子育ては殆ど彼女ひとりのワンオペ状態。

そんな中で、大事にしている夫婦円満の秘訣が「アプリを使って、夫婦で家族でやりたいことリストを共有すること」です。

例えば、ほんの小さいこと「一緒に○○の期間限定スイーツを食べる」とか「クリスマスの飾りつけを一緒にして記念写真を撮る」とか。

一緒にいる時に叶えたい小さなことをお互いに共有しているんだそうです。

なんだか可愛いですが、話す時間や一緒にいる時間が短くてもお互いの興味があることを共有できて、楽しみが増えたとラブラブです。

最近では共有できる色んなアプリがあるのでぜひ試してみてください。

時短家電・時短テクニックを最大限に活用する

私の周りでも、一番多かった夫婦円満の秘訣は時短家電」と「時短テク」を駆使して家事の負担自体を減らすことでした。

これ、一番の解決法ですよね。家事を分担するなんて結局どちらかがやらないといけないだけで、「夫婦の時間が取れない」とか「夫婦で話をする暇がない」という問題の根本の解決にはなりません。

今は、食洗器も進化したうえに、食洗器用の洗剤まで洗浄力がUPしてとってもいいものがたくさん出てきました。

乾燥機付きのドラム式洗濯機も、お掃除ロボも、アプリで外からお風呂を貯めることができるなんてCMまで。

特に、材料を入れてスイッチを入れるだけで調理ができる電磁調理器は最近のトレンドですよね。

火のそばにいる必要がなく、タイマー設定してその時間は夫婦や家族との時間、自分の時間だってとれるようになってきました。

はじめの初期投資にお金がかかってしまうので、迷ってしまうところではあります。でも、宣伝ではありませんがやっぱり全員が全員「買ってよかった」「すごく楽」と言います。

家事が楽になることで生まれる心の余裕って、本当にお金に変えられません。あなたが時間に追われることが無くなると、子どももご主人もみんなに笑顔が増えます。

実は今、共働き夫婦が増えているため、色んな家電メーカーがこの需要に目を付けています。そのため、便利な商品ってどんどんこれからも出てきますよ~。

ぜひ、夫婦の時間を作るために、一個ずつでも時短家電に切り替えてみるのも夫婦円満の秘訣としておすすめです。

こちらもオススメ♪

共働き家庭の家事事情!子供との時間を増やすために工夫していることとは?
共働きで子育てをしているお母さん毎日ほんとうにお疲れ様です。毎日、仕事に家事に育児にと時間が過ぎてしまいますよね。仕事から帰ってきてから晩御飯を作って子育てとなると疲れるしイライラしてしまうもの。また、子供と触れ合う時間も少なくなってしまいます。そこで、今回は共働き夫婦の方に、子供も参加しながらできる家事についてご紹介します。

まとめ

共働きで家事も仕事も頑張るあなたのために、とっておきの夫婦円満の秘訣をご紹介しました。まずは、今日の夜からでもできる些細なことからですが、続けると効果は抜群です。

自分自身も忘れていた大切なことが見えてきますよ。ぜひ、だまされたと思ってやってみてください。いつまでも夫婦円満でいてくださいね~。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました