春から社会人!新生活に必要なものリストと後悔しないポイントは!?

趣味・教養

これから始まる新生活!どんな新しいことに出会えるんだろう!な~んてわくわくしつつも、不安もたくさんですよね。

私も社会人になる時に、九州の田舎から都会に引っ越してきたのでその不安とわくわくの混じってそわそわしてしまう感じ、とってもよくわかります。新生活って、とにかくドキドキです。

だけど新生活が始まると、慣れないことがたくさん始まってそれだけでも精一杯。

歓迎会も続いたりしてクタクタで帰ってくることも多くなります。休日にやればいいか~と思っていたことも思うように進まなくなったります。

私の場合は、新生活が始まってすぐ、全員ホテルに缶詰めでの会社の研修がスタート!

ようやく新しく借りた自分の部屋が快適に住める状態になったのは、就職してから半年も先でした(笑)実家から遠すぎて親の手を借りることもできず、自分でコツコツと準備するのってなかなか大変です。

でもこの経験のおかげで、それからの転職や結婚で何度も繰り返した引っ越しはすべてスムーズにできました。しっかりと必要なものを押さえて、後悔しないように準備したいですよね。

そこで今回は、そんな私の経験から新生活に必要なもののリストをご紹介します。

そして、私のたくさんの失敗談(笑)から、後悔しないためのおすすめのポイントもしっかりとご紹介します。

今からしっかり準備して、スムーズに準備して快適わくわくな新生活をスタートしましょう~。

スポンサーリンク

新生活に役立つ必要なものリストをご紹介!

まずはこれ!最低限しっかり準備したい必要なものリスト

1 家電

「絶対に必要なもの」
  • 電子レンジ
  • エアコン
  • 炊飯器
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
「あった方が便利」
  • トースター
  • 電気ケトル
  • アイロン
  • ドライヤー

家電に関しては、高額にもなってくるので、絶対に必要なものをリスト分けしました。この5個は絶対に最低限、必要なものです。無いと生活に支障が出ます。

後回しにしがちなエアコンですが、最近では命に関わる程の温度変化なので、部屋についているかどうか先に必ずチェックしておきましょう。

エアコンは部屋にあることも多いので、わからなかったら大家さんに確認してくださいね。

新生活家電のおすすめの買い方は、大手家電量販店の「新生活セット」です。これだと、一人暮らしにぴったりなサイズ・ぴったりの家電の性能・必要なものが確実に揃います。ひとつひとつ調べてリストアップする必要もありません。

そして、姉も私も10年以上ひとつも壊れませんでした。サイズの問題で買い替えたものもありますが、今でも現役で活躍している家電もあります。あれはお得だったな、と今でも思います。

そして、型落ちをセットにしていることも多く、かなりお得に購入することができて失敗なしです。嬉しいポイントは、これをまとめて引っ越しの日に届けてくれることです。

ひとつずつインターネットで購入すると、バラバラで届いて揃わなかったり。

引っ越しの時は市役所・警察・銀行・水道ガス電気…と手続きもたくさん済ませないといけないので、一括で届けてくれるのはとても大きな嬉しいポイントですよ。

条件次第で送料無料・割引や、代わりにポイント還元が大きかったりするので、損がないようによ~く店員さんに確認してくださいね。

2 キッチン・調理グッズ

  • フライパン
  • まな板
  • 包丁
  • 食器
  • コップ
  • 食器洗いスポンジと洗剤
  • 水切りかごと排水ネット
  • キッチンタオル

3 バス・トイレグッズ

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • バスマット
  • シャンプーとリンス
  • ボディ石鹸
  • 歯ブラシと歯磨き粉
  • トイレットペーパー

4 洗濯グッズ・日用品

  • 物干しざお
  • 洗濯かご
  • 洗剤
  • 柔軟剤
  • ハンガー
  • ティッシュペーパー
  • ごみ袋(指定確認)
  • 救急箱

これは私の失敗談ですが、小さなベランダスペースがあったので安心していたら、物干しざおはついていませんでした。そのため、しばらくはカーテンレールで干す日々。

でもこれ、カーテンに洗濯物が当たって両方に不潔だし、乾かないのでどれだけ洗剤を変えても室内干しの要因に。

しかも、車を持っていない私にとっては、物干しざおって大きいので買いに行って帰るのがちょっと一苦労でした。

そんな失敗談から、前もって物干しざおが必要かどうか、大家さんに確認しておくリストに入れることをオススメします。

5 寝具

  • かけ布団
  • 敷き布団
  • マットレス
  • カバー
  • シーツ

6 家具

絶対に必要な家具って、実はありません。無くても困らないものばかりです。その中でも、あると便利なものはこのリストです。

「あると便利」
  • 衣装をしまうケース
  • こたつにもなる机
  • 本棚やラック
「後から揃えた方がいいもの」
  • ベット
  • ソファ
  • テレビ台

衣装ケースは、住む場所の収納スペース次第なので、よくよく確認してからの方がいいですね。

なくても初めのうちは困りません。あとからインターネットでも簡単に購入ができます。なので、正直なところ衣装ケースは後でも十分でしたよ~。

というのも、私は買い物リスト通りに、先に衣装ケースを買ってしまいました。そのため、収納できるスペースにサイズが上手くはまらなくて、すごーく不格好で使いにくく、大失敗しました。

だけど買ってしまったし、と結局我慢して使い続ける羽目に。そうはなりたくないですよね。

迷ったけど買っておいて大正解だったもの、買わなくてよかったもの

一人暮らしには欠かせない電気ケトルとトースター

まさに、電気ケトルのCMのようなことがありました(笑)寝坊した!あとちょっとしか時間がないって時、本当にあっという間に沸いて、とにかくコーンスープだけは食べて出ることができました。

ひとり暮らしで憧れの自分専用の小さいキッチン「せっかくだからしっかり早起きして和食を作って~」なんて夢も見ていました。でも正直、そんな余裕はなく挫折しました…。

レンジがあれば必要ないと思っていましたが、やっぱり素直にトースターは偉大でした。

ひとり暮らし用のレンジのトースト機能では時間が掛かりすぎたり、きれいに焼けないことが殆ど。

結局のところは、朝の準備をしながらトースターで焼いて電気ケトルでお湯を沸かして、が一番助かっていました。新生活に慣れていないからこそ、一番初めにこの二つを揃えておくことをオススメします。

迷って買わなくて正解だったルンバ

これは、いいお値段ですが、仕事に集中するために貯めていたバイト代で買おうと思っていました。掃除が楽になる~と。でもこれ、私には買わなくて大正解でした。

理由は、3つです。

クイックルワイパーでさっと拭いてしまった方が早くて安価なこと。

スポンサーリンク

もうひとつは、ワンルームなのに段差があり、ルンバが活躍できるスペースがあまりに限られていたこと。

最後に、ルンバが通るために物を片付ける必要があり、狭いワンルームでは到底使えなかっただったこと。

合わせて読みたい

新生活が不安で眠れない!そんなあなたに試してほしい3つのこと
暖かい春になり、実家を出て一人暮らしをしたり就職したり、新生活を迎える人も多いでしょう。ワクワク感もあると思いますが「この先、ちゃんと自分一人でやっていけるのかな」と不安になってなかなか夜寝付けないなんて人多いのではないでしょうか。そこで、今回は新生活が不安で寝れない時の対処法や食べ物や飲み物をご紹介します。

新生活に向けての準備、後悔しないポイントは?!私の失敗談をご紹介。

快適空間をつくるのに「お布団」と「カーテン」がとっても大切!

とにかく私の最大の後悔ポイントで、一番大事にしてほしいのが、睡眠の質です。眠れないととにかく体力も集中力もすり減っていきます。

ただでさえ慣れない新しい生活に加えて、新しい環境で毎日覚えることが山ほど!

そんな時なのに、寝不足になると本当に辛いですよ~。いつもと違う外の物音にも敏感になったりで目が覚めてしまうことも。

実は、セットで通販で購入した布団が薄くて固くて、寝れなかったという大失敗をしたんです。そのうえ、カーテンが薄くて外の音も丸聞えな上に、外から見えていないかやたらと不安…。

元々は旅行先でもフェリーでも夜行バスでも、結構しっかりと寝れてしまうタイプだったんですが、そんな私が全然だめでした。

明るさが欲しかったのですが、カーテンも薄すぎるといいことはないですね。

お布団は絶対に必要なもの。買い物リストを作る時に、リストにぜひ「よく寝れる快適な布団セット」「快適なカーテン」と書き足してくださいね。

長く使うものなので、ここはケチらないことを心からおすすめします。

自転車や車の移動手段は大事なチェック項目

ありがたいことに会社が用意してくれたアパートは、駅まで歩いて30分。田舎暮らしだし、歩くもの慣れているし大丈夫大丈夫なんて思っていました。

だけど、新しい土地って土地勘がないのでまず無駄に多く歩くんです。そして気づかないうちに神経も使ってドキドキしているので、自分が思っているよりもすごーく疲れるんです。

困ったのは、ニトリに買い物に行って、せっかく予算を押さえて色々揃えたのに帰りに重すぎて持って帰れないこと!

必要なものだけの購入だったので、送料がかかるものあほらしく、最初に自転車を買うべきだったと後悔しました。

さらに、自転車屋さんが意外にも遠い!そんなこともあるので、車を用意しない場合は、先に自転車もしっかり検討してくださいね。

間取りのチェックを忘れずに!

もうこれは、あるあるリストです。本当に定番の失敗談。そんままさか~と思っていた自分も友人も失敗していました(笑)

定番だけど、ここの呼んでくれているあなただからこそ失敗して欲しくないので、やっぱりご紹介しておきますね。

まずよくあることは、ベットとソファーの両方を置いたら、狭くなりすぎて、荷物を置くスペースが殆どなくなって後悔したということ。間取りをよく考えていませんでした。

なので、家具は生活を始めてから、サイズをしっかり測って購入するほうが確実です。

私の友人は、カーテンの寸法が足りなくて困っていました。女性だと外から見えるなんて絶対にさけたいところです。知らない土地での一人暮らしなら防犯上、尚のことです。

他にも、インターネット通販で注文したマットレスが、玄関から先に入らなくて業者さんを困らせたことがありました(笑)

なんでメジャーでちゃんと測っていなかったのか、業者さんにめちゃくちゃ言われました…。

今では、スマホのアプリで「計測」という便利なものがあります。メジャーをわざわざ買わなくても、このアプリでおよそのサイズが簡単に計測できてしまうので、カーテンもベットも、マットレスさえも、ぜひ活用して失敗しないようにしてくださいね。

こちらもオススメ♪

引っ越し挨拶の手土産はどうする?挨拶のマナーとおすすめ手土産
この春に新居に引越しをするご家族も多いのではないでしょうか?そこで、少し悩むのが近所の人への引越し挨拶です。いつ頃行けばいいのか、何を言えばいいのか、手土産は何がいいのか?悩みますよね?そこで、今回は、引越し挨拶のマナーとおすすめの手土産についてご紹介します。実際に、私が経験した引越し挨拶についてもお話しますね。

まとめ

今回は新生活に必要なものをしっかりとリストアップしました。必要なものと、あとでも購入できるもの、しっかりリストアップして準備を進めてくださいね。

そして、ぜひ私の失敗談を基に、失敗なくスマートに快適な新生活をスタートさせてください。あなたのこれからの新しい生活が、上手くいくことを願っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました