初心者さんにおすすめの観葉植物サンスベリアの驚きの効果と育てやすさ。

趣味・教養

「お部屋がなんか寂しいからお手軽に緑がほしい」

「観葉植物を置いて癒しの空間を作りたい」

「でも、ズボラな私に植物のお世話ができるかな・・・」

そんな観葉植物初心者なあなたにおすすめの観葉植物があります。

園芸店、ホームセンター、100均にまで売っている身近さとお手軽さで大人気の観葉植物で、誰もが一度はどこかで目にしたことがあるはず。

そう、サンスベリアです。またの名を、トラノオ。

この記事では、そんな初心者でも簡単にお世話ができる観葉植物、サンスベリアの魅力を、観葉植物やガーデニングが好きで様々な植物を育てた私がご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

効果がすごい

園芸店に必ずといっていいほど売っているサンスベリア。手のひらサイズの小さなものから、女性一人では持ち上げられそうもない大きな鉢に植えられたものまで、大きさも様々。

さらに最近は品種改良が進んでいて、緑一色のものでもその濃さはいろいろ、しかも模様が入っているものもあります。

選ぶ段階から楽しいサンスベリアですが、サンスベリアがすごいのは見た目の多さだけではありません!驚きの効果があるのです。では、ご紹介しますね。

緑で癒し効果抜群

緑色には視覚的に人を癒す力があるのをあなたは知っていますか?

もともと人間が自然の中で生きてきたことを考えると、当たり前のことなのかもしれませんが、緑色、特に植物の緑色には人をホッとさせる効果があるのです。

さらに、植物の緑には眼精疲労を軽減するという驚きの効果があるとの研究結果がでているのです。私も、職場の自分のパソコンの横には、小さなサンスベリアを置いていますが、あるのと無いのでは目の疲れ具合や疲労感に違いが確かにありますよ。

生きた空気清浄機

空気をきれいにする力が植物にあることは、あなたもどこかで聞いたことがあると思います。実はこれ、ただなんとなくきれいになるんじゃない?程度の話ではないのです。

NASAって聞いたこと、ありますよね?アメリカ航空宇宙局のことですよ。その、NASAのお墨付きの話なのです。

観葉植物には、シックハウス症候群の原因になる空気中の物質(ホルムアルデヒドなど)を吸収除去する効果があることを、NASAが発表したんです。そしてサンスベリアは、その有害物質の除去効果が特に高い植物の1つといわれています。

ズボラでも多忙でも育てやすい

「でも、ズボラな私は今までいろんな植物を枯らしてきたから無理」

「旅行や出張で家にいないときも多いし、水やりが心配」

そう思ってませんか?

大丈夫です。サンスベリアの魅力の一つに、めちゃくちゃ育てやすい、ということがあります。そのすさまじい生命力には脱帽です。

水やり不要!?乾燥に強すぎる

事実、我が家のサンスベリアは10月から5月までは一度も水をあげてません。毎年です。夏の時期も、1、2回鉢から水がしたたるくらいた~っぷりあげるくらいです。

それでも毎年すくすく育って、何度も鉢を大きく植え替えています。とにかく乾燥に強い!むしろ、冬の間は水をあげないでください。

サンスベリアにとって乾燥しているくらいが自然なので、水分が蒸発しにくく、サンスベリアの成長も止まる冬は、水をやってしまうと根っこが腐って枯れてしまう可能性があります。

勝手にどんどん増えていく

最初に買うのは100均に売ってる小さなサンスベリアで十分です。

放っておくと、そこから1つ、また1つと横からどんどん芽が出てきて、3年もすれば、「あれ、最初どんなんだっけ?」と思うほど成長します。

今だからいえますが、私がはじめて育てたサンスベリアは、あまりに放置しすぎて(水もあげた記憶ないんですよね~)、最初に植えられていたプラスチックの鉢を突き破ってしまいました。慌てて100均でちょっと大きな鉢を土を買って適当に植え替えてあげました(その時もお水あげてないんですよね~)。

スポンサーリンク

サンスベリアに慣れてきたら、増えてきたサンスベリアを土から掘り起こして、ハサミで根っこを切り分けて、別の鉢に植えていくと、どんどん鉢を増やすことができますし、切り分けずにそのまま大きな鉢に植え替えれば部屋の中で存在感抜群の観葉植物に育て上げることもできますよ。

欲しいのは日光と暖かさだけ

サンスベリアを育てるときに気にするのは、日光が当たってるかと、暖かいか、この2点だけといってもいいくらい。

日当たりのいい場所に置いて、寒い日はなるべく温かい部屋に移動させてあげると、枯れることはまずないでしょう。しかも、暖かくないといけない、というわけでもないんです。

確かにサンスベリアは寒さが嫌いではあるんですが、寒いと自ら成長を止め、休眠状態になります。動物でいう冬眠みたいなものです。枯れるのではなく、眠るんです。

なので、この時期は絶対に水をあげてはいけません。寝てるので、水は飲まないんです。水をあげると、根っこが凍ったり痛んだりして枯れる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?サンスベリア、癒し効果も空気清浄効果もあって、さらには育てやすい。初心者向けの植物だとお分かりいただけたでしょうか?

その形も独特のサンスベリア、お部屋に1つあるだけでお部屋の印象がすてきになりますよ。あなたもお1ついかがですか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
huku

30代独身。現在パートナーと二人暮らしです。
臨床心理士・公認心理師として日々働きつつ、家事をいかに安く早く楽しくやれるかを体を張って実験中。
興味の範囲が広く、気になったら何でも調べないと気がすまないちょっと面倒くさい面もありますが、おかげで楽しく毎日過ごしています。
ハムスターは小学生時代から20年以上飼い続けており、常に一匹ずつ一筋に愛を注ぎます。

hukuをフォローする
趣味・教養
ぷちねっと
タイトルとURLをコピーしました