お部屋に切り花を飾る癒し効果とおすすめの切り花。

体験談

あなたは、普段、自分のために花を買いますか?お祝い事の時には花屋さんに足を運んで花束を作ってもらうことはありますが、自分のため、自分の部屋に飾るために切り花を買いに行く、というのはなかなかハードルが高いんじゃないでしょうか?

「切り花って高いイメージがあるし、自分用に買うのはもったいない」

「手入れがめんどくさそう」

「部屋に花は、あってもなくても別に大差ない気がする」

そう、思ってませんか?そうですよね。私も、以前はそう考えて、部屋に切り花を飾ろうなんて思っていませんでした。なんとなく、お金がもったいないような気がして・・・。

ところが、そんな私ですが、今ではほとんど一年中お部屋に花のある生活をしています。

なぜかというと、切り花を部屋に飾る、その絶大な癒し効果に気づいてしまったからなんです!

そこでこの記事では、切り花を部屋に飾ることの癒し効果についてと、おすすめの切り花をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

部屋に切り花を飾る癒し効果

それではここで、実際に私が切り花からもらっている癒しをご紹介していきますね。

切り花の癒しは大きく分けて、視覚的癒しと嗅覚的癒しの2つに分けられます。目も鼻も、どちらも私たちにとって大切な五感ですよね。

その2つが直接癒されるわけですから、切り花って本当にすごいんです。

視覚的癒し

そもそも、「華やか」という言葉があるくらいですので、花って見た目から私たちに心地よいエネルギーをくれるんです。

あなたのお部屋をちょっと見回してみてください。華やかな、綺麗な色のもの、どれくらいありますか?

花は様々な色があり、鮮やかなものから優しいパステルカラーまで、さまざまあります。さらに言うなら、あの、生花ならではのツヤと潤いを感じる質感もまた視覚的に癒し効果があります。

本当に生きている植物だからこそ、どの切り花にも造花にはない美しさがあります。視界の端にその美しさを感じられるだけで、癒しの力はかなり感じますよ。

ちなみに我が家では、テレビの横が花瓶の定位置です。テレビを観るとき、自然に花が目に入り、部屋の印象もパッと明るくなるんです。

さらに、意味もなくテレビをつける時間も減りました。テレビがついていなくても、華やかな切り花がそこにあれば目は十分満足するものなんですね。

嗅覚的癒し

切り花といえば、やはりこの、「いい香り」です。花屋さんの前を通った時などに感じるあの「いい香り」。それが自宅で感じられちゃいます。

「いい香りっていうのなら、私の家は芳香剤のいい匂いがするから十分」と思っているあなた!相当損してるかも。

一度、切り花を部屋に飾ってみてください。芳香剤のように強く主張せず、たまに花をかすめる優しい天然の香り。

香りが強いタイプの花では、玄関に入った瞬間から癒しの優しい香りを感じることができ、それだけで気持ちが華やかになりますよ。

おすすめ切り花

「癒しの効果があるのは分かったけど、どんな花を選んだらいいのかわからない」
とお困りのあなた。

確かに、切り花コーナーには年中様々な花が売られているので、最初は何を買ったらいいか迷いますよね。

私は、その日の気分や直感で「これ!」と選ぶようにしていますが、あなたが迷ったときにおすすめするお花をご紹介しますね。

ユリ

見た目もとても華やかで、香りもかなり強めのユリ。お部屋の広さにもよりますが、10畳くらいの部屋なら2、3花が咲いている一本のユリがあるだけで芳香剤に負けないくらいの香りが広がります。

しかも、香り自体が優しいので、強く香ってもきつさはあまり感じられません。

とはいってもあまりに多すぎるとさすがに香りに圧倒されてしまうので、ユリは1本くらいから試すか、いくつかのお部屋に分けて飾りましょう。

カーネーション

母の日のイメージの強いこのお花。実は、他の切り花に比べてかなり長持ちするんです。我が家では最初につぼみの多いものを選んで買い、数週間じっくり楽しみます。

スポンサーリンク

あまり花を買いに行く時間がなかったり、同じ花を長く楽しみたいときにはおすすめです。ただし、母の日直前は一気に値上がりするのでご注意を。

バラ

切り花の代表、といっていいくらい、常に切り花コーナーにありますね。

色も形も、最近では模様のある品種までさまざま売られていますので、あなた好みのバラを見つけて、お部屋に飾ると、お部屋をあなた好みの雰囲気のお部屋にすることができます。

また、バラのまっすぐな枝ぶりは花瓶にさした時にとても形を整えやすいのもいいところ。

まとめ

いかがでしたか?想像してみてください、仕事やプライベートで外出して疲れて帰宅したとき、あなたのお部屋にきれいでいい匂いのお花が飾ってあることを。

それってすごく癒しですし、生活に潤いがある気がしますよね。

大きな花束である必要はありません。まずはお花屋さんや園芸店などで見かけた切り花コーナーで、ちょっと気になったお花を1本でも2本でも、ちょっとでいいので買ってみてください。それだけで、あなたのお部屋は癒しの空間になり、生活が華やかになりますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
huku

30代独身。現在パートナーと二人暮らしです。
臨床心理士・公認心理師として日々働きつつ、家事をいかに安く早く楽しくやれるかを体を張って実験中。
興味の範囲が広く、気になったら何でも調べないと気がすまないちょっと面倒くさい面もありますが、おかげで楽しく毎日過ごしています。
ハムスターは小学生時代から20年以上飼い続けており、常に一匹ずつ一筋に愛を注ぎます。

hukuをフォローする
体験談収納・雑貨・インテリア
ぷちねっと
タイトルとURLをコピーしました