意外と簡単!モチベーションがぐ~んとアップする意外な方法!

からだ・心

ゴールデンウィークもそろそろ終わり。またいつもの生活に戻る時が来てしまいましたね〜。

連休を楽しんだ後には、またあまり気乗りがしないお仕事がお待ちかねです。モチベーションをしっかり上げて行かないと、すぐ連休が恋しくなってしまいそう(笑)

でもやらなきゃいけないのは頭ではわかっているんだけれど、体調が悪いわけじゃないのに体が思うように動いてくれない時ってありますよね?

私も目の前の仕事をこなさないといけないってわかっているのに、なかなかすぐに動けない時があるので、よ〜くわかります。

これはやるべきことに対してのモチベーションが低下していることが原因かもしれません!

「何だかやる気が起きないなぁ」「モチベーションの上げ方がわからないよ〜」とお悩みのあなた!

やることは山積みなのにモチベーションがアップしてくれないと、なかなか先に進めなくて時間が経つ毎に焦ってしまいますよね。

この記事では、忙しさや疲れで下がってしまいがちな仕事のモチベーションをアップさせる方法と、プライベートのダイエットや習い事の時でも使える、モチベーションを継続するための方法をご紹介しています。

私は仕事でやる気が起きない時にダメ元で試してみたら意外に効果を発揮してくれて、その日のうちに1つの仕事を終わらせられました!

「誰か助けてくれぇ〜」と思っている時、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

仕事でやる気が出ない…モチベーションをあげる方法6選。

「こなさなきゃいけない仕事があるのにやる気が出ない…」結構辛いですよね。そんな時にぜひ試して欲しいモチベーションアップの方法をご紹介します。

手が届くくらいの目標を設定する

志が高いのは素敵なことですが、達成できないと感じ始めるとモチベーションは下がり始め、焦りが出てきます。

どれだけ体調が良くてもずっとモチベーションを保ち続けることは難しいので、まずは1週間の目標を決め、それを繰り返して達成することでモチベーションをキープしましょう。

安定してきたら月単位や年単位で、ほんの少し高めの目標を立ててみると良いですよ。

考え方を変えてみる

イヤな上司や苦手な仕事を頼まれてしまった時って気分ガタ落ちですよね。

つい「イヤな仕事を押し付けられちゃったな」と思ってしまいがちですが、「これをしたら評価が上がるかも!?」と少しだけ前向きに捉えて、自分にとってどんなメリットがあるかを考えて挑戦してみましょう。

「イヤだな〜」と思っていた時には気付かなかった、意外なメリットが発見出来るかもしれませんよ。

ONとOFFはしっかり切り替える

繁忙期は休み返上で仕事に行くことも増えてきます。仕事なので仕方ありませんが、疲れやストレスが溜まってしまうとモチベーションは下がっていくばかり。

そんな時、もし1日しっかり休める日があったら誰に何を言われても自分の好きなように過ごしてみてください。

アラームをかけずに爆睡したり、日帰り温泉に出かけたり、引きこもって読書やゲームをしてもOK!

休みは休むものなので、ONとOFFを切り替えて次の仕事のためにも十分にリフレッシュをして生活にメリハリを付けましょう。

姿勢を正してみる

体は正直なもので疲れていたりやる気が起きない時、気分が下がり気味な時はいつの間にか前かがみになって猫背になっています。

モチベーションが下がっている時は一度姿勢をシャキっと正し、ゆっくり鼻から深呼吸をしてみてください。数回繰り返すだけで少し気分が良くなりますよ。

身の回りを整理する

作業スペースがすっきり整理されているだけで、目から入る情報が少なくなるので、見た目だけでなく脳もスッキリ快適になります。

私は自宅で作業をしているのですが、子供は作業中に私の隣や膝の上で遊んでいるのでみるみるうちに周りはおもちゃで埋め尽くされてしまうんです。

こうなると頭の中もごちゃごちゃしてくるので、やる気が起きない時は思い切って私物以外は箱の中にまとめてIN!

たったこれだけでも、軽くモチベーションがアップするので試してみてくださいね。

自分のご褒美を決めておく

ご褒美はいくつになっても嬉しいものです。今手がけている仕事が落ち着いた時のためにご褒美を考えておくと、目標と共に目の前に嬉しい物が待っているのでモチベーションがアップしやすくなりますよ。

プライベートも充実!ダイエットや趣味を続ける方法6選。

ダイエットというと長く厳しい道のりやいばらの道のように感じますよね。少しでも辛い気持ちを減らし長く続けられるようになる、モチベーションアップの方法をご紹介します。

目標を明確にする

例えばダイエットなら「キレイになるぞ!」と目標を決めるのではなく、どんな風になりたいのかをハッキリさせましょう。

「ウエストを○cm細くする」「体脂肪を○%まで減らす!」など、明確になっているほど意識しやすいのでモチベーションのアップになります。

ただし、目標を厳しくしすぎてしまうと辛さが際立ってしまうので、少し頑張れば達成できそうな目標を立てて挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

我慢し過ぎない

目標のために切磋琢磨することは大事ですが、毎日頑張り続けていてはいずれモチベーションは下がってしまいます。

ダイエット中なら「週に1度だけは小さめの甘い物を1つ食べてもOK」として、ほんの少しだけ自分に優しくしてあげればストレスは軽減されてリバウンドもしにくくなるので、モチベーションアップも間違いなしですよ。

自分を褒める

自分の為にがむしゃらに頑張り続けていても、やっぱり誰かに褒めてもらいたい時ってありますよね?

「こんなに頑張っているのに誰も褒めてくれない…」と気に病む前に、自分で自分を褒めてしまいましょう!

わずかな変化も周りの人は気付かなくても自分だけはわかっているはず。たとえ1日1回でも、目標に向かって頑張っている自分を褒めてあげれば励みになりますよ。

周りと比べない

自分が頑張っていることがある時、周りの人達と比べて自分の方が劣っていると感じると「私なんてまだまだだな…」と落ち込んでしまいます。

でもどれだけ周りと比べても人は人。どうせ比べるなら自分のBeforeとAfterを比べて、ささやかでもプラスになっている変化を感じ取りましょう。

マイナスな言葉を言わない

自分のモチベーションを下げてしまう「でも・だって・どうせ」というマイナス気分にさせてしまう言葉。

何気なく使ってしまいますが、実はこれが自分へのマイナスの自己暗示なっているんです。

モチベーションをアップさせたい時は、マイナス言葉を封印しておきましょうね。

「やるか!」と口にする

あんまり気乗りがしないけれどやらないといけない時、つい「やらなきゃなぁ〜」と言っていませんか?

やらなきゃ=義務になっていると余計に億劫になるので、「やらなきゃ」を「やるぞー!」「やりますか!」と意気込んで言ってみましょう。

やる気がなくてもこの何気ない一言がスイッチになっているので、口に出すだけでも効果がありますよ。

まとめ

いかがでしたか?

仕事でもプライベートでも重要な役割のモチベーション。山積みの問題をクリアするのに無くてはならない存在です。

アップさせる方法はどこにいても出来る事ばかりなので、「モチベーション下がってるかも…」と思った時に試してみてくださいね。

ぜひあなたもこれを参考にして、目標を達成に向けて頑張ってくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました