モチベーションアップの方法はこれ!実際に効果のあるオススメ5選!

からだ・心

なかなかモチベーションがアップしない時ってありますよね。頑張らないといけないのに、期限が迫っているのに、何をするにもなんだかやる気が出ない。そんな時って誰にだってあります。

私もモチベーションがアップしなくて、どんな方法がモチベーションアップにつながるのかすごくたくさん悩みました。

やらなきゃいけないときに限って、なにもやりたくない…。でもなんとかしてモチベーションをアップしなきゃ…と。

私が人生で一番はじめにモチベーションに悩んだのは受験勉強の時、そして就職してからは何度も仕事のモチベーションに悩みました。

凝り性の私は、調べまくって色んな方法を試して、受験や仕事でのモチベーションアップに乗り切ってきました。

青色のペンを使うなんておまじない的なモノから、自己肯定感をアップさせる方法まで、本当に幅広く色々試しましたよ(笑)

そこで今回は、実際に私が試してみてモチベーションアップに実際に効果のあった方法をご紹介します。

今すぐモチベーションをアップさせたい場合の方法から、じっくりと向き合って持続的にモチベーションをアップさせる方法までご紹介します。

ぜひ、自分に合う方法をひとつでも多く見つけて、モチベーションアップに役立ててくださいね。ひとつでも取り入れることができれば、きっとうまくいきますよ。

スポンサーリンク

おすすめのモチベーションアップ方法5選をご紹介!

今すぐモチベーションをアップさせる即効性のある方法

1.目をつぶってイヤホンで一番好きな歌・曲を聞く

「今すぐ」に集中してモチベーションをアップさせないといけない時、一番即効性のある私の一番のおすすめです。

スマホでもパソコンでもTVでも、とにかく情報が多くあふれている現代では、知らず知らずのうちに多すぎる不要な情報に脳がパンクしています。

そんな脳がパンクしている時って、本当にモチベーションがアップしません。

そんな時のモチベーションアップ方法は「瞑想」…とよくいいますが、瞑想ってちょっとうまくできないですよね。私の周りで上手に瞑想できる人は体育教師くらいでした(笑)

そこで、もっと簡単に今すぐモチベーションをアップする方法は、やっぱりこれ。イヤホンで、少し大きめの音量で目をつぶって、一番好きな歌や曲を一曲丸まる聞くことです。

色んな不要な情報・音とシャットアウトして、頭の中をリセットできるので即効性は抜群です。

アルバイトで塾の講師をしていた時、生徒の受験生達に「やる気の出ない時はやってみて」とおすすめして、全員に一番効果のあった方法でもあります。

2.ご褒美を設定する・週末のプチご褒美や楽しみを決めておく

やっぱり、ご褒美ってモチベーションアップに効果抜群ですよね。でもこれ、ちょっとしたコツがあります。それは、「週末にできる小さなご褒美」を意識して設定をすることなんです。

例えば「一年頑張ったら海外旅行に行く」とか「年末のボーナスまで頑張ったらご褒美のブランド品を買う」って、ご褒美を設定しがちではありませんか?

もちろんこれもご褒美として目標として決めておくのもとてもいいことなんですが、ちょっと、先が長すぎますよね。

あまり先の長いご褒美だと、途中で挫折してしまったり諦めてしまったりとなってしまうことが殆どなんです。そこで大切なのが、「週末にできる小さなご褒美」を決めておくことなんです。

目標も一週間で達成できる「小さなこと」から設定することが大切です。例えば、「一週間毎日6時に起きれたら、週末にパティシエの高級スイーツを買いに行く!」なんて小さなことでもOK。

「期限の3日前までにこの書類を仕上げたら」とかもっと具体的にあなたの仕事の内容に繋げるともっといいですね。

実はこうやって一週間程の目標とご褒美を繰り返すことで、小さな成功をひとつずつ積み重なていくことになります。

これを小さく繰り返していくことで、気付かない間にあなたの「大きな自信アップ」にも繋がっていくんです。

一週間毎、という即効性もありながら一年後には確実にあなた自身が成長することができるのがこの方法。すぐにでもできるので、ぜひ試してみてください。

持ち物で運も味方につけてモチベーションアップ

3.キラキラしている文房具は運気もアップ

「運が悪い」と思ってしまうと、モチベーションがアップしないことありませんか?

そんな時におすすめなのが、運気アップの持ち物で運も味方につけてモチベーションアップする方法です。

私のおすすめは、仕事や日常で使う文房のグレードアップです。ちょっとだけ奮発して、キラッと光るゴールドやシルバーなどの少し高級なボールペンを常に持ち歩いてみてください。

実は、キラッと光るものを身に着けていると、風水的に仕事運のアップにも繋がるんです。スマホカバーや、名刺入れなど普段からよく使うものでもいいですよね。

お気に入りのものが時々目に入ると、嬉しくなります。運気もアップしつつ、こうしてモチベーションをアップできるのですごくオススメです。安いボールペンは捨てて、ちょっと奮発したキラッと光るもの、取り入れてみてくださいね。

4.ピカピカ、キラキラのアクセサリーや靴を身に着ける

同じように、アクセサリーや靴を身に着けることもモチベーションアップにはとっても大事な方法です。いいものを身に着けると、知らずと自信がつくようなことありませんか?

私は、「行きたくないな」「気が重いな」「やる気が出ないな」って時、一番好きな勝負靴とアクセサリーを身に着けて出るようにしています。

それが、とっても大事なんです。自信がないと、モチベーションもあがりませんよね。いい靴を履いていると、風水的にも運のいい場所にも連れて行ってくれますよ。

メンタルを鍛えて持続的にモチベーションをアップさせる方法

モチベーションをアップできない時、一番多いのは自信がない時ではありませんか?実は私自身がそうなんです。

「私なんて」「どうせ」と思ってしまうと、もうモチベーションはあがりません…。これでどれだけのチャンスを逃しただろう、と反省することも多々あります。

そこで出会った言葉は「自己肯定感」を上げるということでした。いわゆる、メンタルを鍛えることなんですが、難しい言葉のようで実はこれがとっても簡単なんです。

5.何よりも「自分を認めてあげる」

それは、普段から「自分を認めてあげる」ということなんです。完璧を目指す必要はなく、失敗したっていい、自分のできたことをひとつ自分で褒めてみる。そんな簡単なことからでOKです。

寝る前は、今日あった嫌なことを思い出しがちですが目を閉じて「自分が成功している姿」を想像するだけでも、自己肯定感をアップさせることができます。

自信がなくてモチベーションが上がらないときはまず、自分を認めてあげてくださいね。

合わせて読みたい

意外と簡単!モチベーションがぐ~んとアップする意外な方法!
連休を楽しんだ後には、お仕事がお待ちかね。やらなきゃいけないのは頭ではわかっているけど「何だかやる気が起きないなぁ」とお悩みのあなた!忙しさや疲れで下がってしまいがちな仕事のモチベーションをアップさせる方法を紹介します。

みんなのモチベーションアップ失敗談&成功談!

睡眠不足が一番のモチベーションの大敵

私が尊敬していた会社の先輩に「モチベーションがあがらない時はどうしていますか?」と聞いたことがあります。

私から見ると、彼はとっても仕事が早くて頭の回転も速く、ついていくのがやっとな程、どんどん新しいアイデアを生み出す人でした。

そんな先輩のモチベーションアップの方法は、嫌になったら「辞める」そして「寝る」の二言。「え~」なんて、聞いた時は笑っちゃいましたが、これは本当に効果抜群でした。

睡眠不足だと、集中力が落ちるばかりでなく、何事も上手くいきません。

イライラしやすくもなり、もちろん女性の大敵、肌荒れもしやすくなりますよね。「寝不足は一番パフォーマンスが落ちる」というのがその先輩の一番のアドバイス。

それから、私もモチベーションが上がらないときは10時に寝るようにしています。一旦、諦めて頭を空っぽにして、まずは寝る。

たまには夜の9時や10時に寝てみてください。すっきり寝た後の朝のモチベーションが全然違いますよ。

私の失敗談は食べすぎてモチベーションダウン

これは、私の一番のモチベーションダウンの失敗談です。それは、大事な時期に「体力をつける」とか「これを食べたら頑張る」と理由をつけて、食べすぎたことです…。

満腹になると、頭の回転って鈍くなるんですよね。特に甘いもの、お砂糖たっぷりのものって後から後から知らずに集中力もモチベーションを下げてしまう大敵…。知りませんでした(笑)

そしてこの時の大失敗の理由が「~したら」という考え方だったんです。よくあるのが、「この服を買ったら、頑張る」「このチョコを食べたら、頑張る」。つい、やっちゃいますよね。

でもこれが実は、モチベーションをアップする方法としては大間違いの例。というのも、先にご褒美を与えてしまうと脳が満足してしまって、次に進まなくなってしまうんです。

「~したら」ではなく「目標を達成してからご褒美」に順番を変えるだけで、モチベーションがグンと変わります。

もし、私のように「これを食べたら頑張る」をクセにしてしまっていたら、一回だけだまされたと思って試してみてください。

夜のアウトプットでモチベーションアップ

毎日のモチベーションアップを保つために「手帳を書く」というアドバイスを貰ったことがあります。これは、自分で起業して日本中を飛び回り、成功している方のアドバイスでした。

彼女のアドバイスは「毎日手帳を書く」こと。そこで、振り返りやアイデア、今日上手くいったことなど思いつくままに一日を振り返るそうです。

そして、彼女に教えて貰って実践していることは「一日の終わりにアウトプットする」ことです。

朝から色んなことを吸収しているので、夜はテレビを消してほんの15分だけ一日のアウトプットをしてみてください。

5分でも10分でもいいですよね。手帳に書くのが面倒なら、SNSでもいいです。

例えば失敗したことがあっても、悩み続けるよりも何かに書き出してしまうと、それだけで不思議とすごくすっきりとしますよね。

ほんの小さなことでもいいんです。電車のポスターで見つけた「デパートの北海道展に行きたい」って書き出すだけでもOK。

こうして、毎日忙しく頑張るからこそ、夜って頭の中に色んな情報がたくさんあって、知らない間にあなたの脳は疲れています。

だからこそ、頭の中をほんの15分でも整理してあげるだけで、モチベーションを保つことができますよ。

こちらもオススメ♪

連休明けの仕事がだるい!後ろ向きな気持ちのメカニズムと上手な対処法!
連休前ってとっても身体も心も身軽でウキウキしませんか?そして待ちに待った連休で遊んだりダラダラしたりあっという間にまたお仕事・・・と考えるととても憂鬱で「仕事行くのだるいなぁ」なんて感じることありませんか?リフレッシュできたはずなのになんかダルイ。連休後のお仕事がなぜダルイのか原因と上手く対処する方法をお話します。

まとめ

今回は、モチベーションアップの方法について、実際に私が試してみて効果のあったものだけを厳選してご紹介しました。

案外、すぐにできるようなものばかりなので、ぜひひとつでも試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました