旦那が嫌いで離婚したい!本当にそれだけで離婚できる?

夫婦・人間関係

「結婚」と聞いて、不幸なことを思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。ですが、一重に結婚といっても、幸せなことばかりではないことも事実として存在します。

もちろん、結婚はとても素敵なことではありますが、常に一緒にいる旦那さんに対し、妻として思うことも多くなるでしょう。

「昔はもっと楽しかったのに。」「今までは見えてなかったけど、こんな悪いところあったんだ。」などなど・・・本当に様々な思いが出てくるかと思います。

そんな積み重ねが爆発寸前になると、最終的に考えるものが「離婚」ですよね。ですが、ただ単に「旦那が嫌い。」という理由だけで離婚は成立するのでしょうか。

人にも聞きづらいナイーブな内容だと思いますので、今回は、そんなあなたの悩みを解決する記事を書かせて頂きます!

スポンサーリンク

旦那が嫌い!という理由では離婚できない理由とは?

そもそも、「旦那が嫌い!」という理由だけで離婚できるのでしょうか。単刀直入に言うと、答えは「NO」です。

離婚をするには、「相手の同意が必要不可欠」なためです。

いくらあなたが「嫌い!別れたい!」という思いをぶつけたところで、相手がOKしなければ意味がありません。

性格の不一致だけでは離婚事由に当てはまらない

民法では、夫婦が離婚するための離婚裁判を起こす(離婚の訴えを提起する)場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」を必要と定めています。

「性格の不一致で、一緒に暮らすのが不愉快でたまらない。」といった理由では、おそらく離婚事由と認められないでしょう。

また、離婚事由には主に下記5つの条件を満たす必要がありますので、覚えておきましょう。

・配偶者に不貞な行為があったとき。
・配偶者から悪意で遺棄されたとき。
・配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

法律においても、簡単に離婚ができないようになっているのですね。

合わせて読みたい

夫婦喧嘩のよくある原因5つ!夫婦円満でいるためのコツとは?
結婚して数年、数十年と経つと夫婦喧嘩が増えることも。相手の態度や言い方にイラっとなったり、お金の使い方で揉めたり、嫁姑問題で相談しても旦那は奥さんの味方をしてくれない、子育てや家事も協力してくれないそんな不満が爆発して夫婦喧嘩になることも。お互い喧嘩は辛いですよね?そこで、夫婦円満のコツについてお話していきます。

旦那が嫌いで離婚に成功した人のやり方とは?

ここまでの記事を読んで、少し諦めかけていたそこのあなた!

ここからは、旦那さんが嫌いで離婚しようと奮闘した、先輩方のお話をしたいと思います。みなさん様々な「作戦」を決行して、離婚へ向けて動いていたようですよ。

友人に別れたいことを相談する

ストレスが爆発寸前で、自分自身がどうにかなってしまう場合には、友人や家族などに一旦相談することが効果的です。

相談相手としては、あなたに対して100%同意をしない人物を選んで下さい。

公平に物事を見る人に、自分の気持ちや状況を話すことで、あなたの中にある感情などを冷静に整理することができます。そうすることで、失敗しない対策を取ることができます。

離婚するための証拠を集める

もし、旦那さんの浮気や暴力、浪費癖といったことが原因で離婚を検討しているのなら、離婚慰謝料を獲得するための証拠集めをしましょう。

方法としては、探偵や調査会社、弁護士などに相談してアドバイスをもらうのがおすすめです。

浮気の証拠については探偵社や興信所へ、実際の請求方法などは無料相談を行っている弁護士に依頼するのが得策であるかと思います。

今後の住居や職場を探す

今現在、もしあなたが専業主婦なのであれば、離婚することで収入が0になることを忘れてはいけません。収入がなければ親権ももらえませんし、子供との生活もできません。

旦那さんと別れたいと思い始めたら、まずは仕事と部屋、こちらは最低限探しておく必要があります。

離婚後の生活プランを見せて本気度を伝える

話し合いの場で、あなたが離婚後にどのような生活を送るのかを提示するのも手だそうです。

どのような仕事で生活費を稼ぐのか、どのような住宅で生活するのか、子育てと仕事をどのように両立するのか など、明確な生活プランを提示するとよいでしょう。

明確な生活プランがあることで、旦那さんを説得させるのと同時に、反論させにくくします。

スポンサーリンク

相手の条件にも柔軟に対応する

慰謝料や財産分与は、あなたのこれからの生活を支える貴重な収入源になります。受け取れる権利があれば、遠慮なく受け取るようにしましょう。

その際、相手の経済状況や相場、あなたの経済状況を考慮して請求する準備を進めましょう。

高額すぎる金銭や減額を一切認めないような請求は、もめ事の原因になり、離婚するまでの時間が長期化する恐れがあります。

こちらもオススメ♪

共働きなのに家事をしない夫!協力させるために私がやったこと
仕事から帰ると妻の私ばかりが家事をして夫はのんびり。そんなの不公平では?この記事では、共働きなのに家事をしない夫の協力を得るための伝え方や、家事の分担について、自身の経験を踏まえてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

まとめ

離婚を考えても決心することはなかなか勇気のいることです。特に子供がいる人は、子供への影響が不安で、踏み切りにくいのではないでしょうか。

しかし、両親がいても、仲が悪いところを常に見せては、子供にとっては悪影響です。経済的な不安がある場合は、母子家庭への支援制度があるので、調べてみて下さいね。

旦那さんに対する不満を我慢していても、仮面夫婦になってしまったり、不倫をしてしまったり、不幸になるリスクがどんどん高くなる一方です。

本当にどうしようもなく旦那さんが嫌いなのであれば、「あの時早く離婚をしておけばよかった。」と後悔する前に決断しましょう。

決して楽な生活はできませんが、精神的には楽になるでしょうし、また新たな出会いがあるかもしれません。あなたの今後が幸せなものでありますように、私も願っていますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました