酢生姜は血圧低下に効果あり?酢生姜の効果とおすすめの摂り方

食べ物

突然ですが、あなたは「酢生姜」というスーパー食品をご存じですか?最近健康番組でよく取り上げられていますよね~。

この酢生姜が血管を柔らかくしてくれたり美容効果があったりということで、健康志向の強い私にとっても今一番興味のある食品です。

ちなみにもうすぐ現役引退間近の私の両親も、以前に比べて血圧が高くなってきたということで先日この酢生姜を毎日の食事に取り入れ始めたようです!

高血圧は日本人の死因の上位である心疾患や脳血管疾患を引き起こす原因の一つですし、予防出来るに越したことはないですよね~。

この記事では今話題の酢生姜の効果やおすすめの摂り方をご紹介します。

実際にどのような効果があるか知ってから酢生姜を取り入れてみると効果をさらに実感出来るかもしれません。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

酢生姜で血管が柔らかくなるって本当?酢生姜効果とは

酢生姜とは生姜をお酢に漬けただけのもので、生姜とお酢の薬効を一度に摂取できて体に良いととても話題になってきています。

摂取することによって色々な効果がありますが、特に血管に対して嬉しい効果があり高血圧予防につながるとして注目され始めました。

「お酢と生姜についてなんとな~く効能は知っているつもりだけど、実は詳しいことはよく分からない…」そう思っているあなた。

確かにお酢と生姜って昔から体に良い食品として有名ですよね~。私も以前は、漠然と体に良いということくらいしか知りませんでした…

でも、お酢も生姜もとても身近なスーパーフードなんですよ~。

この章では酢生姜には高血圧に対して具体的にどんな効果があるのか、お酢と生姜についてそれぞれまとめてみました。

お酢の効果

お酢の主成分である酢酸には、血管を広げ柔らかくするアデノシンを作り、それが血圧の上昇を抑える働きをします。

他にもお酢には血糖値の上昇を抑える効果や、お酢に含まれるクエン酸やアミノ酸がドロドロの血液をサラサラにする効果もあります。

お酢を朝に摂取すると血糖値が急激に上がったり下がったりするのを予防することができ、夜に摂取すると血栓が出来るのを防いでくれます。

結果的に血管に無理な力がかからなくなり、高血圧を予防することにつながりますね。

さらにお酢にはカリウムも多く含まれているので、高血圧の大敵である塩分排出の手助けをしてくれます。

生姜の効果

生の生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは体の末端の血管を拡張する働きがあります。

これに熱を加えるとショウガオールという成分に変化し、末端だけではなく体全体の血流をよくしてくれる効果を発揮します。

またジンゲロールには、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きもありますので血液をサラサラにしてくれます。

生姜は生で食べても、加熱して食べても高血圧予防に期待できますね。

このようにお酢と生姜の組み合わせは、体を温め血流改善がされるので高血圧予防の最強タッグ食品とも言えます。

血流が良くなれば、血流が悪いことによって血管が機能しなくなるゴースト血管が復活するため、さらに血圧が下がりやすくなります。

酢生姜の血圧を下げる効果はもともと血圧が高い人に効果を発揮しますので、血圧が低い人が摂ったからといってさらに血圧が下がってしまうということはないので安心してくださいね。

ただし、お酢も生姜も摂取してからすぐに効果が出るわけではなく継続することで効果が現れますので毎日の積み重ねが大切です。

合わせて読みたい

実はすごい!梅干しの栄養や効能は?!梅干しの活用方法までご紹介!
梅干しって身体にいいのはわかっていてもなかなか現代の食生活では取り入れにくかったり、なんとなく食べることが減ってしまっています。そこで、梅干しの栄養や効能に興味を持ったあなたのためにたっぷりと梅干しのパワーを紹介します。

おすすめ!効果的な酢生姜の摂り方。

酢生姜の効果が分かったら、次に気になるのが効果的な摂り方ですよね。この章では食べる量、タイミング、おすすめの食べ方をご紹介します。

食べる量

食べる量は1日に30グラム程度が理想的です。大さじにすると約2~3杯を目安にしてくださいね。

もちろんこれより多く摂っても問題はありませんが、空腹の時にいきなりたくさん食べると胸やけを起こす可能性がありますので注意してください。

スポンサーリンク

また胃腸の弱い人は最初からたくさん食べずに少量ずつ食べることをおすすめします。

食べるタイミング

食べるタイミングですが、出来るだけ1日に数回に分けてこまめに摂取しましょう。

というのも生姜が持つ血流を良くする効果というのは3~4時間程度で持続力が切れてしまいます。生姜の効果を継続させるように摂取すると、なお効果的です。

おすすめの食べ方

酢生姜はご飯のお供やサラダのドレッシング代わりとして手軽に食べることが出来ますので、ぜひ毎食取り入れてみてください。

適度な酸味や刺激がありますのでお料理の減塩にもうってつけです。

また生姜は温めると特に効果を発揮しますのでスープに入れたり、温かい飲み物に入れて飲んだりすることもおすすめします。

ちなみに温めても成分が破壊されることはありませんので安心してくださいね。

こちらもオススメ♪

糖質ダイエットで食べたらいけないものはなに?食べていいものは?
ダイエットはしたいけど、苦手な運動はしたくないですよね。そこで、おすすめなのがいつもの食事の糖質を抑えるだけで簡単に痩せられる糖質ダイエット!今回は、糖質ダイエットでNGの食べ物とOKな食べ物を紹介します。

まとめ

酢生姜には体の血流改善をしてくれて、高血圧予防に最適な食品であることが分かりました。

生姜をお酢に漬けるだけで作り方も簡単ですし、ご飯や飲み物と一緒に気軽に摂ることが出来ますので、血圧を気にしている場合はぜひ日常に取り入れてみてくださいね。

健康な血管を維持していつまでも元気な体を保ちましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました