授乳中に禁止の食べ物は何?妊娠中NGな物は引き続き禁止?

ダイエット、スポーツ

出産を終えると、驚くほど食欲が増しますよね!?

私は産む瞬間までつわりがあった為、産後は食べても食べても気持ち悪くならないことに感動し、自分の食欲増加に驚きました…

赤ちゃんを産んだママの体は、休むことなく赤ちゃんの為に母乳を出そうと働き始めます。その為に食事はとても大切で、バランス良くたくさん食べる必要があります。

妊娠中、あれはダメ…これもダメ…と食べたい物を我慢してきましたよね。

「出産したんだから好きな食べ物を好きなだけ食べていいよね!?」

私も産後食べる事の幸せを思い出し、そんなことを思いました。とっても気持ちはわかりますが、答えはNGなんです…

授乳中のママの食べ物は母乳に密接に関係します。しかし、好きな食べ物を全く食べてはいけないわけではありません♪

食べ過ぎ禁止な食べ物があることを覚えておきましょう!

スポンサーリンク

授乳中に禁止するべき食べ物とは?

妊娠中は食べてはいけない食べ物がたくさんありますよね…産後は妊娠中にNGだった食べ物もほとんど食べられるようになります♪

絶対に禁止するべき物はアルコールです。アルコールは、ママが摂取すると母乳にも混入してしまいます。

赤ちゃんが母乳を通してアルコールを摂取してしまうと、分解する力が弱い為大きな負担がかかります。

分解できずに残ってしまうと、脳や発育に悪影響を及ぼす恐れもありますので絶対に摂取しないようにしましょう。

ノンアルコール飲料でも、わずかにアルコールが入っている可能性がありますので注意しましょう。

授乳中に気を付けるべきなのは「食べ過ぎてはいけない食べ物」です。逆に、食べ過ぎなければ好きな物を食べて良いので安心してください♪

慣れない育児に疲れもたまっていますよね?食べたい物を我慢するのは、ストレスの原因になりますので無理はせず、好きな物を食べてリフレッシュするようにしましょう!

食べ過ぎに注意するべき食べ物とは

スイーツ、甘い食べ物

お見舞いや出産祝いで甘いお菓子をプレゼントされることがよくありますよね。

ここで、注意が必要です!あれもこれも食べてしまうと乳腺炎になってしまう可能性があります!

たくさん摂取した糖分は、血液をドロドロにする働きがあります。乳腺が詰まることにより発症する「乳腺炎」は、特に気を付けましょう!

カフェイン

一日に2杯コーヒーを飲む程度であれば問題ないとされていますが、カフェインも母乳に混入してしまう為、避けた方が無難です。

香辛料

刺激物も母乳に混入してしまう可能性があります。また、母乳の味を悪くすると言われております。カレーやキムチが代表的です。

生もの

寿司や刺身は赤ちゃんに直接影響はありませんが、食中毒になってしまった場合、授乳中は薬を飲むことができないので注意が必要です。

合わせて読みたい

母乳育児中でも、ピンチに備えて哺乳瓶を使ってほしい3つの理由
完全母乳だとスキンシップも取れ、母乳育児は消毒もいらないなどメリットもありますが、人に預けられなかったり、薬が飲めなかったり、困ったこともあります。今回は、母乳育児中のお母さんへおすすめの哺乳瓶の活用法をお伝えします。

これで安心!母乳育児に向いている食べ物とは?

授乳中の食べ物

授乳中の食べ物は、母乳に良い影響を与える物もたくさんあります!

せっかく赤ちゃんに母乳をあげるなら、良い効果が期待できる食べ物を積極的に取り入れましょう。

入院中の食事ってすごい量が出てきますよね…一番驚くのが白米の量!

白米は母乳の主な成分になる為、良質な母乳には欠かせないのです。産院では、どんなに忙しくて料理ができなくても、ご飯だけは毎食お茶碗1杯食べる事を勧められました。

実際、退院後一番手が回らなくなる事は「自分の食事」でした。毎日忙しい中で、バランス良く食事をすることは難しく感じました。

そういった場合は、白米だけでもきちんと食べるようにしましょう!

しかし、やはり授乳中はバランスの整った食事が必要になってきます。赤ちゃんとの生活に慣れてきたら、徐々に自分の栄養にも目を向けましょう!

忘れがちですが、母乳で水分が出てしまいますので、いつも以上に水分を多くとる事も重要になってきます。

スポンサーリンク

授乳中の食事に取り入れたい食材

魚類

魚は栄養満点です!中でも白身魚は脂質が少ない為、授乳中でも乳腺炎になりづらくおすすめです。

DHAが豊富な鯖や秋刀魚は、赤ちゃんの脳に良い影響を与えるようです!

鶏肉

お肉も必要な栄養源です。しかし、揚げ物等の脂っこい食べ物は向いていないので調理法に注意しましょう!鶏肉の中でも、胸肉やささみ等の高タンパク低脂質な部位が向いています。

大豆

タンパク質とビタミンが豊富な大豆製品は、母乳の質を高めてくれます。納豆や豆腐は手間が少ないので是非食事に取り入れてくださいね♪

根菜

身体を温める効果が期待できる根菜は積極的に食べるようにしましょう!根菜には葉酸も含まれていて、授乳中だけでなく妊娠中にもおすすめです。

こちらもオススメ♪

上の子が赤ちゃんを授乳中に叩く!私が実践する4つの対処方法!
下の子の授乳中に上の子が下の子を叩いてきたリしませんか?こういう時ママはどう対応したらいいのか悩みますよね。上の子の気持ちもわかる。けど、下の子は守らなきゃいけない。二人とも可愛い我が子ですからね。上の子を怒るわけにもいかないし、そんなお悩みを抱えたママへ上の子の心がほぐれる4つの対処方法とやってはいけない行動を紹介します。

まとめ

いかがでしょうか。産後、絶対禁止の食べ物は「アルコール」くらいで他は食べ過ぎなければ大丈夫なのです!

制限は引き続きありますが、好きな物を食べながら気楽に過ごしましょう♪

授乳中に向いている食事は「和食」と言われていますが、そんなに立派な献立を用意する必要はありません。私は、何品も用意するのが難しくお惣菜頼りでした…

出来合いの物でも白米と共に栄養が取れていれば大丈夫です!

食事でストレスを溜めてしまうのは良くありません。無理のない程度に見直してみてはいかがでしょうか。是非、参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました