ジェルネイルの持ちを良くする方法は?取れてしまう原因は何?

美容・髪型

「今月はどんなデザインにしようかな!?」ジェルネイルは毎月の楽しみですよね♪

季節やイベントに合わせたデザイン、キラキラな手元にワクワクします!

しかし、せっかくお気に入りのネイルになったのに思ったよりも早く浮いてきてしてしまった…
そんな経験ありませんか?残念な気持ちになりますよね。

私も「1ヶ月くらい持ってくれたらいいのに…」と毎回悩んでいました。

ジェルネイルは楽しみではありますが、毎回1万円前後の出費です。せめて1か月に1度に節約したい…

そんな時にネイリストさんから教わったジェルネイルを長持ちさせる方法をご紹介いたします♪

スポンサーリンク

ジェルネイルの持ちを良くする方法は!?

ジェルネイルを付け替える理由は、ネイルが欠けてしまったり、爪が伸びすぎてしまったりと様々ですよね。

その中でも、一番多いのはジェルネイルが爪から浮いてしまう「リフト」という状態ではないでしょうか。

お風呂でシャンプー中、爪に髪の毛が引っ掛かり違和感がありませんか?それは、リフトしてしまっている可能性が高いです。

ジェルネイルと爪の間に水が入ってしまい乾燥しずらいのでカビが生えてしまうこともあり、注意が必要です。

リフトしてしまうと、爪がまだ伸びていなくてもネイルをオフしなくてはなりません。そんな最悪の状態を予防さえすれば避ける事が可能です♪

ネイルオイルやハンドクリームで保湿

爪は乾燥すると弱くなりリフトしやすくなってしまいます。その為、オイルやクリームで保湿をすることはとても大切です。

オイルを爪の生え際に揉み込むことによって、適度な油分がある割れにくい爪を育てましょう。

本当は乾燥したら常にオイルを塗りなおしたいところですが、なかなか難しいですよね。そんな時は、1日3回ほど塗りなおすだけでも効果があります。

また、ネイルケアだけでなくハンドケアにもなる為一石二鳥ですね♪

仕事や家事で水仕事を行う場合は、乾燥の原因になりますのでゴム手袋を使用しましょう。

また、洗顔時のぬるま湯は手の必要な油分を流してしまう恐れがあります。冷たい水で流すなどして爪を乾燥から守りましょう!

長持ちするデザインにする

実は、デザインによっても持ちが変わってくるのです。一番大切なのは「長さ」です。

もちろん長いデザインは、爪に負担がかかりやすくなる為持ちが悪いです。

爪の形も丸みをおびた「ラウンド」がひっかけたりぶつかりにくく、持ちが良くなります。

ジェルネイルのアートによって、伸びてきても目立ちにくくすることも可能です。

ワンカラーは根元から色を付ける為、伸びると目立ってしまいますが、ラメグラデーションや逆フレンチが目立ちにくくおすすめです♪

また、爪先にラメやホログラムが入っていると強度が増し、欠けにくくなります!

しかし、凹凸のあるデザインは、ひっかけやすくリフトしてしまう原因になるので注意しましょう。

自爪の強度を上げる

もともとの爪が薄く柔らかい人はジェルネイルの持ちが良くありません。

また、もとは爪の状態が良くてもジェルネイルを続けることで薄くなってしまっている可能性も考えられます。

まずは、爪の強度を上げる為にネイルケアに力を入れてみてください!

爪によってジェルの種類が合わずにリフトしてしまう事も少なくありません。そういった場合は、ネイリストさんに相談をしてみてくださいね♪

合わせて読みたい

ジェルネイルの持ちを良くする方法。ポイントは実はここだった!
ジェルネイルをしてもらって、キレイになった爪を見ると嬉しくなっちゃいますよね♪長持ちさせたいネイルですが、爪先の方からネイルが剥がれてきてしまったり…それが、あることに気を付けるようになってからは、長くきれいな状態を保てるようになりました。今日はその注意点をご紹介します。

いつもの行動もジェルネイルが取れる原因!?

ジェルネイル

実は、毎日の行動でもジェルネイルの持ちは変わってきます。

せっかく長持ちの為にデザインに注意してネイルオイルやハンドクリームで保湿しても日常生活の中で爪に負担がかかる事をしてしまっては勿体ないです!

行動を改めるだけでもジェルネイルの持ちはグッと良くなるので試してみてくださいね♪

長風呂

ジェルネイルは、水分によってふやけてしまう為、取れやすくなる原因に長風呂があります。

ゆっくりお風呂に入りたい場合は、湯船に手を付けないようにする等してふやけないよう注意しましょう!

スポンサーリンク

また、お風呂からあがったらよく水分を取り、しっかり保湿をしてください。

爪を酷使しない

日常生活で爪を必要以上に使っている事って結構あるようです。

パソコンのキーボードを打つ際に爪を使っていませんか?

髪の毛を洗う時に爪で頭皮を触っていませんか?

小銭を出すときに爪でつかんでいませんか?

こんな行動は注意が必要です。爪が長いと使いがちですが、指の腹を使うように意識してみてくださいね!

シールや段ボールを爪で剥がさない

ついついやりがちな行動ですが、意外と負担になっています。指の腹でシールを剥がすと爪に負担がかかりません。段ボールは、はさみで開けるようにしましょう!

爪の先を使うと、先端が欠けてしまったり、根元がリフトしてしまう原因になります。

こちらもオススメ♪

ジェルネイルの期間。付け替えの目安のポイントはここ!
「次はいつネイルサロンに行こうかな?」とお考えのあなたのために「ジェルネイルの付け替え時期の目安」についてご紹介しています。また、ジェルネイルの状態によっては、目安の付け替え時期になっていなくても、ネイルサロンに行った方が良い!という場合があります。そちらについてもご説明しています。

まとめ

いかがでしょうか。ジェルネイルが長持ちしない理由はたくさんあります。

お店でネイルをしてもらったのに持ちが悪い場合は、意外と自分の日常生活に原因があることも多いのです!

しかし、長持ちしたからといって1か月半以上ジェルネイルを変えずにつけっぱなしにしているのは良くありません。

伸びてくることで爪に負担がかかりますし、一番怖いのは爪がカビてしまうグリーンネイルです。

一度グリーンネイルになってしまうと、しばらくジェルネイルをお休みしなくてはなりません。丁寧なお手入れをして、時期が来たらネイルを変えるようにしましょう。是非参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました