就活の面接で自己紹介をソツなくこなす新卒女子のための攻略法!

マナー

就職活動の中でどうしても避けて通ることができない面接。この面接で会社に採用されるかされないか大きく変わります。とても緊張しますよね。。。

そして何度やってもなかなか慣れないものです。入社したいと強く思うところであればあるほど、緊張してしまうものです。

ですが、面接には攻略法があります!少し意識するだけで自分の印象を変えることもできます!

今回は面接でうまく自己紹介する攻略法をご紹介したいと思います。難しいものではないので、ぜひ目を通してみてください♪

スポンサーリンク

上手な自己紹介のポイントと好印象テクニック!

まず、自己紹介は面接のオープニングです!

自分を見ている知らない人が目の前に数人いるとどうしても緊張して、覚えた言葉が出てこないこともありますよね。

そこで、頭に置いておいてほしいことは、自己紹介は自己PRとはちがうこと。

よく間違える方がいますが、自己PRは志望動機や会社に自分がどう貢献していけるのか等、アピールする項目です。

一番初めの自己紹介はアピールする時間ではなく、あなたを知ってもらう時間です。

あなたの人柄や、それを作りだした経験や趣味などを聞いてもらって会社側に興味を持ってもらうことが目的です。

自己紹介がうまくできればそのあともスムーズにいきやすいです!そのポイントと好印象をもたれるテクニックを以下にまとめます!

自己紹介で取り入れたいポイント!

自己紹介の内容の中に取り入れておきたいポイントは、

・挨拶、氏名
・経歴
・部活など
・結び(意気込み)

でOKです!

詳しい志望動機などはその後に聞かれると思うので無理に触れなくても良いです。

ですが、仕事内容に興味・関心をもったきっかけを軽く触れておいて相手の興味をそそるのも1つの技ですね!

学校や学部などで何を学んできたのか、部活動やサークルでどのような役割を担っていたのかを伝えることができればOKです。

何を伝えたいのかを自分の中ではっきりさせておくと文章にまとめやすいかと思います♪

自己紹介、大切なのは内容じゃない!

ズバリ自己紹介の時間で大切になるのは内容ではなく、表情や話し方などです。

内容をうまく伝えられなくても、表情や話し方で相手の印象を変えられます!自分の言葉で伝えようとしている姿勢が伝わるはずです。

では具体的にどのような表情や話し方で面接を受ければ良いのでしょうか。

 

表情は明るい表情でしっかり相手の目を見ること。鏡を見て、口角を上げたり眉間にしわが寄らないように練習してみて下さい。

硬い表情で、目も泳いでいると相手に不安感を与えてしまいます。しっかり目を開けて、明るい表情を意識してみて下さい!

話し方は、なるべくゆっくり話しましょう。緊張したり動揺するとどうしても早口になってしまいます。

ですが、一度深呼吸して自分が思うよりもゆっくりめに話してみましょう。
そして話している間は目線を配りましょう。

ゆっくり話していると少し余裕が出てきますので、質問者以外の顔も見て話せると、なお良いかと思います!

「話す」以外もコミュニケーションだと思って気を配りましょう!

面接官を敵と思わず、これまでのあなたを評価しようとしてくれている人だと思って、肩の力を抜いて笑顔で臨んでみましょう!

合わせて読みたい

新入社員歓迎会の挨拶に困ったら。上司に受ける面白い挨拶例
新入社員歓迎会では新入社員が先輩方に向けて挨拶をするのが基本ですが、どんな内容にしようか不安になりますよね。今回は、新入社員歓迎会での挨拶に悩んでいるあなたに、上司に受ける面白い挨拶例をご紹介します。

自己紹介が苦手なあなたへ贈るアドバイス!

私も自己紹介は苦手でした。自己肯定感が低いので「私なんかがこの会社に入れない…。」など思ってしまいがちでした。

そのほかにも、いくつも面接に落ちていて「私はだめだなぁ。」と思ってしまう人も多いです。

今までやってきたことが間違っているような気もしたりして、だんだん自信がなくなってくるんですよね。

でも決してそんなことはないんです。自信を取り戻すために実践してほしいことがあります!

自分に自信をつけよう!

なくなってしまいがちな自信をつけていきましょう!

自分で自分の良いところ、強みを書きあげても良いのですが、友人や先生、家族にも聞いてみましょう!

スポンサーリンク

思ってもいないようなところがあなたの長所だと思われていたり、共通点があるかもしれません。

あなたが短所だと思っていたことが長所だったりすることもあります!

自分で書きだすよりもほかの人に言われた方がずっと自信に繋がります!私はこれをやってみて、自己紹介の幅が広がりました!

「笑顔が良いから無理に頑張らずにそれを全面に出してそのまま臨めば大丈夫!」と言われた時に、体も心も軽くなりました。

自己紹介を考える時は、自分と向き合うチャンスです。何が好きで、仕事にどう活かしていけるのか?これを機に、あなたの知らないあなたを見つけてみてはいかがでしょうか(^^)?

こちらもオススメ♪

新年の挨拶を上司に!メールの例文5つと直接言う時の注意点。
上司への新年の挨拶って緊張しますよね。言葉遣いにも気をつけて失礼の無いようにしないといけないのはわかっていても、どのように挨拶をするべきなのかがわからないって人多いんじゃないでしょうか?そこで、今回は会社の上司への新年の挨拶で注意する点や参考にできる文例についてご紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか。自己紹介を面接でうまくこなす攻略法をご紹介しました!

どれだけ素晴らしい経歴や内容を話していたとしても、それを覚えただけのような話し方で臨んでいるとあなたの印象は上がりません。

伝え方次第で相手の評価は変わるはずですので、あなたの良さを全力で伝えてみましょう!

どうせ受からない…という考えは捨てて、入社したいという気持ちと自分への自信を持って頑張ってみてください♪

この方法が少しでもあなたの役に立つことができれば幸いです。幸運を祈っています!それではここまで読んでくださってありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました