体臭の原因は食生活?原因になる食べ物と体臭を抑える食べ物とは?

美容・髪型

毎日欠かさずにお風呂に入ってしっかりと洗っているし、夏の汗をかく時期以外もデオドラントスプレーなどで常に消臭対策をしているのにも関わらず、どうしても体臭が消えない…ということ、ありますよね。

私も、大きな声では言えませんが…ある日枕から旦那と同じ臭いがしてきた時はショックで立ち直れないかと思いました(泣)

なぜ急に!?さすがにまだそんな年齢ではないはず(笑)と思っていた時、体臭をきつくする食べ物があるということを知ったんです!

その頃仕事が変わって、身体を動かす仕事になったせいか食欲旺盛になっていて、しょっちゅう焼き肉食べ放題に行っていました。

しかも自分でもビックリするくらいの量のお肉を食べてたんですよ~!

半年ほどして落ち着いたのか、反動で全くお肉を食べたいと思わなくなり、そういえばその頃から枕の臭いもマシになったような気がします。

体臭の原因が普段の食生活だなんて、驚きですよね!でも、体臭をきつくする食べ物があれば、逆に体臭を抑える食べ物もあるんです!

この記事では、そのどちらの食材もご紹介していきますので、是非ご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

体臭の原因となる食べ物とは?主な3つを紹介

体臭の原因は運動不足やストレスなど様々なものがありますが、その中でも食生活の影響はかなり大きいんです。体臭をきつくする主な食べ物を紹介していきます。

肉類

やはり肉ですね~(苦笑)その原因は肉や牛乳、チーズに含まれる動物性たんぱく質なんです!

動物性たんぱく質は、分解される過程でアンモニアという臭い物質を発生させるんです。

アンモニアと言えば、理科の実験で嗅いだことありません?あのくさ~いアンモニアですよ~!

たんぱく質は通常肝臓で分解されるのですが、肝臓が弱っていたり一度に食べ過ぎたりすると、肝臓で分解出来ずにアンモニアが血液へ流れて、汗や皮脂と一緒に出てしまうんです!

焼き肉を毎回お腹がはち切れそうなくらい食べ過ぎていた私は、まさにこれだったのでしょうね…。

ジャンクフード

ハンバーガーなどのファストフードやスナック菓子などのジャンクフードは、添加物が含まれています。

添加物は、体内に吸収されると身体が添加物を「有害物質」と判別してしまい、解毒しようとするんです。

その過程で「活性酸素」というものが発生するんですが、活性酸素は皮脂や脂肪を酸化させるんです。

酸化してしまうと古い油のような臭いがしてくるんです!それが体臭の原因になるんですね。

香味野菜

にんにくやねぎ類などの香味野菜には「アリシン」という臭い成分の一種が含まれています。

アリシンは消化された後に血液中に取り込まれて皮膚から排出されるので、体臭の原因になりやすいので摂り過ぎには注意しましょう。

合わせて読みたい

虫よけスプレーをアロマで作る方法とアロマを選ぶ時の注意点。
ゴールデンウイークや夏休みにお子さんと一緒にレジャーへお出かけする機会がこれから増えてきますね。そんな時に対策をしておきたいのが、虫よけ対策です。虫よけスプレーが一般的ではありますが、子供や妊婦さんにも影響が。虫から守りたいけど危険なものは使いたくない!そんな貴方におすすめなのがアロマを使った手作り虫よけスプレーです。

逆に体臭を抑える食べ物と効率的な摂取の方法

体臭がきつくなる食べ物があれば、逆に体臭を抑える食べ物もあるんです!一体どんな食べ物が体臭を抑えてくれるのでしょうか?

梅干しなどのアルカリ性食品

実は体臭予防に一番理想的な状態は、体内が弱アルカリ性であることなんです。

アルカリ性食品は、体内での乳酸の生成を抑えて、体液を弱アルカリ性に保とうとするので体臭予防になるんです!アルカリ性食品の代表と言えば梅干しです!

梅干しは体内を弱アルカリ性傾向にしてくれるだけじゃないんですよ~!

梅干しに含まれているクエン酸は汗の臭いも抑えてくれるし、梅干しの殺菌作用は口臭予防にもなるんです。まさに体臭予防の王様と言えますね!

他にはワカメやもずくなどの海藻類や、大豆食品もアルカリ性食品です。

トマトやにんじんなどの緑黄色野菜

トマトやにんじんなどの緑黄色野菜や、レモンやアセロラなどの果物は抗酸化食品と呼ばれています。

これらの食品に多く含まれるビタミンCとEは抗酸化物質と言って、体臭の原因になる活性酸素の活動を抑えてくれるんです。

ステーキにはにんじんのグラッセが付いていたり、フルーツのソースだったりしますが、栄養だけじゃなく体臭を防ぐ作用まであったんですね~!

他には、お茶のカテキンやタンニンも抗酸化物質なんです。カテキンに消臭作用があるのは有名ですが、もちろん体臭の原因にも効果的ですよ!

スポンサーリンク

腸内環境を整える食材

腸内の悪玉菌が増えると、便の臭いだけじゃなく汗や皮膚から臭いが発散されちゃうんです。

腸内の善玉菌を増やすには、ヨーグルトなどの乳酸菌が必要なんです。そして善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂って善玉菌を育てましょう。

オリゴ糖は大豆、ゴボウ、玉ねぎ、はちみつなどにたくさん含まれています。最後は悪玉菌や腸内で発生した臭い物質を吸着して便として排出してくれる食物繊維です。

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維がありますが、臭い物質を吸着して包み込んで便として排出してくれるのは水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維はワカメなどの海藻類や果物類に多く含まれています。

上記の食品を効率よく摂取するには

効率的な摂取の方法は、やはりバランスが取れていることではないでしょうか。バランス良く摂取するには、出来るだけ毎日食べることをおすすめします。

抗酸化物質であるビタミンCは人間の体の中では作ることが出来ません。また、摂りだめも出来ないので、朝昼晩の毎食でこまめに摂ることが一番効率的なんです。

バランスが取れているということは健康的だということです。臭い物質を発生させるたんぱく質も、身体には大切な栄養素なので全く摂らないのも良くないですよね。

そこで、臭い物質を抑えてくれる消臭食品を同時にバランス良く摂取することが大切なんですね。

こちらもオススメ♪

柔軟剤の匂いを長持ちさせたい!今日からできるマル秘テクニック!
お気に入りの柔軟剤の匂いは、とても落ち着きますよね。しかし、時間が経つと気付いたら柔軟剤の匂いが消えてるし、次第に体臭がするのではないかと気になって…とお困りのあなた。この記事では、そんな柔軟剤の匂いを長持ちさせる方法が知りたいあなたに、どうすれば良いのかご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私のようにお肉が大好きでも、食品をバランス良く食べていたら体臭の原因も防げそうですよね。毎日少しずつでも続けていけるといいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました