ハロウィンで目立つ!おもしろ仮装とメイクを厳選紹介

イベント・行事

今年もそろそろハロウィンの時期ですね!ハロウィンといえば、普段はしない格好で盛り上がれるイベントです。

そして「どんな仮装にしようかなぁ」と悩みますよね。私も周りがおもしろいと思ってくれる仮装はどんなものか悩みました。

せっかくの楽しいイベントですから、盛り上げたいですよね!

そこで今回は、ハロウィンにおすすめなおもしろい仮装とメイクを4つずつご紹介します。ぜひ今年のハロウィンの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

インパクト抜群!奇抜なアイデアが光るおもしろ仮装4選

食べ物系

ハロウィンのおもしろ仮装と言われて浮かぶものの1つに食べ物系があります。

昔ながらの駄菓子のパッケージを着ぐるみで自作したり、ファストフードの着ぐるみを自作してりする人が良く見られますね。

100円ショップなどに売っているフェルトを使えば手軽に作れますし、よりリアルな質感を求めるならネット通販でアルミシートなどのパッケージにより近い質感の材料を探すのも良いですね。

1つの例として挙げるなら、うまい棒の着ぐるみが作りやすい形です。フェルトもカラフルなものがたくさんありますから、材料集めがしやすいです。

それに、キャラクターの形に切り抜いて裁縫用のボンドでくっつけるだけでかんたんに作れますから、裁縫が苦手な人でも安心です。衣装を手作りするのが初めてなら、これがおすすめです。

動物系

ハロウィン当日に何かしらの動物になっている人もよく見かけますね。動物の耳がついたカチューシャやしっぽの飾りをつけていて、あとは普段着というのがほとんどです。

そんな中でより面白さを求める人におすすめなのが、「動物になりきる」というものです。具体的に言えば、全身タイツでリアルな飾りをつけます。

ただ、おもしろくはなりますが何せ「全身タイツ」なので、好きな人の目の前でこの仮装はやめておきましょうね。

あなたの好きな人がこういう仮装に抵抗無い場合を除いては耳としっぽ程度にしておきましょう。

日本のキャラクター系

日本のキャラクターの衣装を着ている人もよくいますね。ドラゴンボールやドラえもんなどの有名なアニメの登場人物の衣装でハロウィンを楽しんでいます。

私服にキャラクターの被り物スタイルが一番やさしい仮装ですが、中には肌の色も変えてキャラになりきる強者もいます。

そこまで気合が入っていると見ているこちらも楽しくなってきますよね!気心が知れた友達とのハロウィンなら、クオリティが低いとかは気にせずにキャラクターの仮装をしてみてもいいですよ~。

海外のキャラクター系

海外のキャラクターの仮装も多く目にしますよね。マーベルヒーローの仮装ならアーマーや盾を自作して身に着けていたりします。

段ボールで簡易的に作られたものもあれば、エアブラシなどの画材を使ってよりリアルで高クオリティなものを作る人もいます。

キャラクターの特徴をとらえた普段の洋服に近いデザインの衣装を自作する人もいますね。

「いわれてみれば確かにあのキャラクターだ!」というデザインの衣装が作れれば、自分も相手もおもしろいですよね。

合わせて読みたい

ハロウィンの部屋の飾りつけを、簡単でゴージャスにする方法。
10月にはハロウィンがやってきますね。時間がなく、パーティーを楽しむことをあきらめているあなたに、お部屋を簡単に、でも豪華に見える飾り付けの仕方をご紹介します。これを参考に、素敵なハロウィンパーティーを過ごしてくださいね。

メイクも決めたら完璧!仮装に合わせたおもしろメイク4選

食べ物の特徴をとらえたメイク

食べ物の仮装に合わせたメイクとは「食べ物の一部になる」か「食べ物の特徴をとらえた」メイクです。

仮装の方でうまい棒の仮装を例に挙げましたが、その場合はパッケージの柄に忠実に顔をペイントします。

顔の位置にくる柄をペイントするのです。遠目で見たときに1つの商品に見えるとよりおもしろいですね。

柄を忠実にペイントに抵抗がある人は「食べ物の特徴をとらえたメイク」がいいですよ。

商品に使われている色でメイクをします。頬に商品の絵を描く方法でもいいですね。自分の好きな方法で食べ物を表現してください。

動物の顔に寄せたメイク

ハロウィンの動物の仮装に「リアルにする」と書きましたが、メイクでも同じです。

メイクで顔を動物に寄せていきます。でも、やりすぎると怖がられますから人間っぽさを少し残したメイクにしましょう。

顔を選んだ動物の色に塗ったり、猫のような髭がある動物ならペイントで描くのではなく、透明な固めの糸を貼り付けるとリアルになりますよ~。

スポンサーリンク

ハロウィンの仮装としておもしろいと思える範囲で、全体のバランスを見ながらメイクしましょう。

日本のキャラクターになりきるメイク

日本の有名なキャラクターの中には、肌の色が緑や青いなどのキャラクターも多いです。

そしてハロウィンの仮装で肌の色が奇抜だと目立つしおもしろいもの。ですので、おもしろい仮装を目指すなら肌の色を変えてみましょう。

私も顔を青く塗って仮装しました。青や緑の塗料はネットで探すと見つかりやすいです。塗料と一緒に衣装を調達してもいいですね。ただし、肌荒れには注意です。

海外のキャラクターになりきるメイク

海外の有名なキャラクターには、仮面をしているキャラクターがいます。仮面を手作りして仮装するのも楽しいですが、顔に直接ペイントするとちょっと変わった仕上がりになりますよ。

仮面のイラストを小さく目元に描いてもユニークで可愛いですね。キャラクターのイメージカラーでメイクをするのもおすすめです。目元を濃いメイクにするとハロウィンっぽさが出ますね。

こちらもオススメ♪

大人女子が静かに楽しむハロウィンパーティのオススメ仮装はコレだ。
もうすぐハロウィン。大人女子たちも楽しまないという選択はありませんよね?社会人として、秋の季節に合わせて、シックでセンス良く、しかしちゃんとハロウィンらしさを楽しむコスプレとは、どんなものが良いかを考えてみましょう。

まとめ

ハロウィン向けのおもしろい仮装とメイクをご紹介しましたが、いかがでしたか。

今年のハロウィン衣装とメイクの方向は決まりましたか?やったことのない仮装をするときは緊張するでしょうが、ぜひ挑戦してみてください。

そして周りを楽しませるのも大切ですが、自分も楽しかったと思えるような仮装でハロウィンを楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました