疑問02クマ

ハロウィンも近いし、全身バッチリ仮装してディズニーシーに行こう!と計画しているけれど、ディズニーシーもディズニーランドも、仮装は禁止なんだって?そんなわけないよね?ハロウィンだしね。


と思っているあなた!


実は、ディズニーランドもディズニーシーも、仮装に関しては厳しいルールがあるんですよ。
知らずに仮装してインパークしようとすると、入場できない事態にもなりかねません。

せっかくの楽しい思い出を悲しいものにしないために、きちんとルールはチェックしておいてくださいね。
このページでは、ディズニーリゾートにおける仮装のルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーで仮装は禁止って本当?

はい、半分本当で半分ウソです。


ディズニーシー、ディズニーランド(以下ディズニーリゾート)では、全身バッチリ仮装していい期間が決められています。
その期間の間であれば仮装はOK。それ以外の期間であれば、仮装は禁止です。

そして、仮装がOKの期間でも、ルールがありますのでご紹介しますね。
ディズニーの世界観を壊さないための大事なルールですので、1人1人がきちんと守ることが必要です。

2018年の仮装期間はいつ?

ディズニーリゾートでは、1年に1回、ハロウィンの期間だけ、仮装OKの期間が設けられています。
2018年は、9月10日(月)~10月31日(水)
この期間のみ、全身を仮装した入場が認められています。

子供の仮装は例外

ただし、子供(小学生以下)に限り、この期間以外の期間でも仮装はOKです。
ちょっと身体が大きめのお子さんの場合は、年齢確認をされる場合がありますので、証明できるものを持って行った方が無難ですね。

ディズニーバウンドはOK

ディズニーバウンドというのは、私服だけど「ミッキーっぽい」「プリンセスっぽい」といったように、色・形・髪型など一部だけをキャラクターに真似た服装のことです。

これは仮装に入らないので、いつの期間でもOKということになります。

どういうものが仮装に入るの?

全身仮装(フル仮装)が仮装に当たりますが、「髪の毛を金髪にしてないから」「小道具を持っていないから」「メイクをしていないから」という理由で「仮装ではない」とはなりません。

見た目が仮装であれば、それは仮装です。


たとえば、仮装期間前にパークに行くことになり、「この程度なら仮装じゃないよね?」と思ったとしても、回りの人が見て仮装なら仮装ですし、仮装かどうかの判断は、その場のキャストさんに委ねられることになります。

もし運よく入場できたとしても、仮装したくても我慢しているゲストがたくさんいます。
彼らの前で堂々とできるかどうかを考えましょう。

ディズニーリゾートでの仮装のルール

仮装していい期間があることはわかりました。
では、その期間であればどんな格好をしてもかまわないのでしょうか?

ディズニーシー・ディズニーランドにおける、仮装のルールについてご紹介します。

仮装できるキャラクター

仮装期間であっても、仮装していいキャラクターには決まりがあります。
要は、ディズニーの世界観を壊さないように、ディズニーキャラクター以外の仮装は禁止なんです。

例えば、ジャックスパロウの仮装はOKですが、パイレーツオブカリビアンに出てこない海賊の仮装は禁止です


仮装できるキャラクター一覧

  • ディズニー映画、番組(実写を含む)、ゲームに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター(アトラクションに登場するキャラクターを含む)
  • 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでの、パレードやショーなど、エンターテイメント・プログラムに出演するダンサーや出演者(過去実施分も含む)

ダメなパターン

いくら、キャラクター的にはOKでも、このような仮装はNGとなり入場できませんので気を付けましょう。

  • キャストと見分けがつかない仮装(小学生以下は除く)
  • 本物のキャラクターと見分けがつかない仮装
  • 露出が多い服装、スカートをひきずる服装
  • アベンジャーズ、スパイダーマンなど、マーベル社のキャラクター
  • 水着、下着、全身タイツ

はNGです。

特に、露出には気を付けてください。
肩紐がない。お腹が出ている。これだけでも露出が多いということになっています。

スポンサーリンク

仮装の時のメイクのルール

服装だけじゃなく、メイクにもルールがあります。
けっこう厳しいので要注意。
いくらハロウィンでも、傷メイクやゾンビメイクは禁止ですし、顔を塗るのも禁止になります。

  • ガイコツやお化けなど、顔を肌の色以外で塗るのはNG
  • キズメイクやゾンビメイクなど、傷や血のりのメイクはNG
  • 口元全体を覆うヒゲもNG
  • お面やつけ鼻などもNG

仮装の小物のルール

仮装には、衣類だけじゃなく、手に持つアイテムも必要ですが、このアイテムにも注意が必要です。
大きさ的には、手荷物に入らない大きさのアイテムは禁止ですし、いかにも危ないものも禁止になります。

  • 長い棒など、危ないものはNG
  • スポーツ用品、楽器もNG
  • 危険物(ナイフ、モデルガンなど)はNG

まとめ

以上が、ディズニーシーおよびディズニーランドで仮装をする場合のルールです。

ハロウィンイベントと言えば、真っ先に思いつくのはディズニーリゾートですが、一般的にポピュラーなハロウィンの仮装はほとんどNGですので気を付けてください。


これ、全部ダメです^^;


「知らなかった!」「もう用意しちゃったのに!」という場合でも、これはルールですので、私服に切り替える勇気も必要です。
ちゃんとした知識を持って、楽しい1日にしてくださいね^^


スポンサーリンク