お子様の七五三、おめでとうございます。


「あんなに赤ちゃんだったのに、もうこんなに大きくなったのね…」と目を細めるお気持ち、すごくよくわかります。私もそうでしたから。3歳の女の子なんて、もう生意気なおしゃべりしますしね。いっぱしのお姉さん気取りです(笑)


でも、そうは言ってもまだまだ子供。
いざ七五三のお参りや写真の日になると、眠い・疲れた・お腹がすいた等々の理由でぐずったり着替えなかったり、予定通りに行かないこともしばしば。


そんなときにお母さんまで着物を着たりオシャレしたりしていたら、お子さんのお世話が大変になってしまいますよね。歩きやすい服装がいいでしょうし。


七五三では、お子さんが和装のせいか、お母さんも置き物を着るイメージが強いのですが、本当に着物じゃないといけないのでしょうか。

七五三当日と事前の写真撮影の時のお母さんの服装について、ご紹介します。
参考になさってください。

スポンサーリンク

七五三の親の服装はこんな感じ

ずばり、七五三のお参りの時の両親の恰好は、

  • お父さんは普通のスーツにネクタイ
  • お母さんは地味な色目のスーツかワンピース

というもので十分ですよ。

主役はお子さんですので、お母さんが着飾る必要はありません。


私も数年前に子供の七五三を経験して、グレーのワンピースで参加しましたが、神社で見渡したところ、着物のお母さんもそりゃ~いらっしゃいますが、地味なワンピースだからと言って、恥ずかしい想いはまったくありませんでした。


着物を着るか、そうでなければ、地味なスーツが無難です。

地味というのは、色合いが派手ではないという意味です。
グレーや黒、ベージュなどの品のいいデザインを選べば間違いないです。


これから新調するのであれば、厚手の洋服がおすすめですよ。
七五三の頃は、コートを着るにはまだ早いけど、日によってはだいぶ寒くなる季節です。
コートは邪魔になることが多いので、多少寒くてもそのまま着られるようなスーツを選んでください。

七五三の親の服装で恥ずかしいのは?

私が実際に七五三を経験して恥ずかしいと思ったのは、

  • 普段着過ぎる恰好
  • 主役はどっち?と思うような勘違いした格好

ですね。


お子さんが3歳だと、お母さんもまだ若いので、ピンクや白の可愛いスーツを着ている方もいらっしゃいますが、お母さんが着飾っている方が、なんとなく恥ずかしいイメージです。

「子供そっちのけで自分がオシャレしたんだろうな~」
みたいな目で見られちゃいますので、そこだけはお気を付け下さい^^

足元、バッグ、髪型は?

足元は、パンプスや革靴でOK。
お子さんを抱っこしたり、神社では足場が悪いこともありますので、ヒールは低めがおすすめです。


バッグは特におしゃれしなくても大丈夫です。

3歳のお子さんの場合、もしくは小さい子がいる場合は、どうしても荷物が多くなります。
それはどのお母さんも同じなので、ママバッグでも大丈夫です。

スポンサーリンク

気になるのであれば、大きな荷物はご主人に持ってもらって、ご自分はバッグ1つというのでもいいでしょう。
頻繁に写真を撮ったりビデオを撮ったりするので、肩からかけられるバッグがいいですよ。


髪型も、ボサボサでなければ、ふだんのお出かけの感じで大丈夫です。
美容院に行くほどのことはありません。ちょっとかしこまったお出かけのイメージで十分ですよ。

まとめ

七五三は、かしこまった日本の伝統行事なので、ついつい堅苦しく考えてしまいますが、小さなお子さん連れだと仕方ない部分はみんな同じです。

最低限のラインだけ守れば、あとは多少崩れていても大丈夫です。
一生に一度の大切な思い出ですので、素敵な七五三になればいいですね。


スポンサーリンク