ハロウィン体験談。夫婦で仮装!ブルゾンちえみになってみた!

イベント・行事

もうすぐハロウィンですね。


「今年はどんな仮装をしよう」
「初めての仮装はどんなものにしよう」

 

そんなふうに悩んでいるあなた、1番知りたいのは人の体験談じゃ~ないですか?

いくらどこかのサイトで「人気ナンバーワン」とかって言われていても、本当にやったら浮いてしまったとか、怖いですもんね。

少なくとも誰かがやってた仮装なら安心ですし、実際の体験を聞いてヒントももらえますよね。
このページでは2016年のハロウィンで、夫婦でブルゾンちえみになった我が家の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

ブルゾンちえみの衣装を用意した方法・エピソード

毎年手作りだから、今年は購入しよう!と決めて衣装を探しました。
ネット通販でも、ブルゾンちえみの衣装がたくさん売られていましたが、割高だったりしたので、古着屋などで似たようなデザインのものを探して購入しました。

ストライプのシャツと黒いタイトスカートは簡単に見つけることができましたが、夫と二人での仮装だったので、男性でもはいるサイズを見つけるのが少し大変でした。

カツラはネットと百円ショップで揃えました。
前髪が長かったので、カットして使用しました。

メイクはネットでブルゾンちえみさんの画像を探し、アップにして真似してメイクしました。
眉毛は濃く太く、アイラインを上下がっつり、アイシャドウで掘り深くみえるようにし、仕上げは赤リップです。

赤リップだけでもかなりブルゾンちえみっぽくなります。

合わせて読みたい

スタバの店員とフラペチーノに0歳児と1歳児を仮装させてみた!
地元の仮装パレードコンテストに、我が家の0歳児と1歳児が、手作り衣装で仮装して参加しました。仮装のテーマは『スタバの店員とフラペチーノ』。 めっちゃ可愛かったんですが、手作りなりの苦労や反省点も山盛りでした。 うちと同様に、赤ちゃんを可愛く仮装させたい!と思っているパパママのため、当時の様子やアドバイスをご紹介します。

ハロウィン当日の失敗談・エピソード

当時、ブルゾンちえみさんが大流行してたので、話題性もありたくさんの道行く方から反応していただきました。

とくに若い世代の方から、ブルゾンだ!と言われることも多く、楽しかったです。
また、パレードの司会者に突然話をふられて、マイクでブルゾンちえみになりきって答えるなどして、いい経験になりました。

スポンサーリンク

私は女性ですが、夫が男性なのにブルゾンちえみの仮装をしていたので、女装をしているという点でも、かなりウケがよかったと思います。

やっぱり、恥をすててブルゾンちえみ本人になりきることが、仮装をする上で大切だと感じます。
中途半端にはずかしがると見ている方も反応しづらいので、堂々とした態度が、より仮装を際立たせていると思います。

初めてコスプレする人へのメッセージ

ブルゾンちえみの仮装は準備も簡単で、女性でも男性でも仮装しやすいので、初心者の方でもすぐにできますよ!

ハロウィンの仮装はその時やその年に流行っているものをテーマに仮装すると、より新鮮で話題性があり、人の目を惹きつけやすくなります。
2017年はブルゾンちえみのほかにも、平野ノラの仮装をした方や、安室奈美恵とそのバックダンサー集団などもいました。

せっかく仮装するなら、自己満で終わらず、いろんな方に見てもらったり、他の方の仮装を見せてもらい、みんなで楽しむのがおススメです。
仮装したら、別の自分に生まれかわったつもりで、恥をすて、仮装したものになりきると、楽しさか何倍にもなりますよ。

ぜひあなたもハロウィンの仮装を楽しんでみてはいかがですか?

合わせて読みたい

そこが知りたい!『ハロウィン』の記事まとめ
ハロウィンの記事はたくさんの方に読んでいただいています。ジャックオーランタンの作り方や、とっても簡単なマントの作り方、折り紙で作る飾りの作り方や美容師さんに聞いたおうちでできるゾンビメイクのやり方など、あなたの知りたいことがきっと見つかる!ハロウィンの仮装をした体験談もありますので、ぜひ見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク