スタバの店員とフラペチーノに0歳児と1歳児を仮装させてみた!

イベント・行事

2016年の秋、地元のハロウィンの仮装パレードコンテストに、我が家の0歳児と1歳児が、手作りの衣装で仮装をして参加しました。

仮装のテーマは、『スタバの店員とフラペチーノ』

めっちゃ可愛かったんですが、でも、手作りなりの苦労や反省点も山盛りでした。

うちと同じように、小さい赤ちゃんを可愛く仮装させたい!と思っているパパママのために、当時の様子やアドバイスなどを、ご紹介したいと思います。
ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

衣装の用意の仕方

まだ子供が1歳と0歳だったので、子供の分は全部手作りでフラペチーノの衣装をつくりました。

100円ショップでフェルトを購入し、胴体に巻きつけるように縫い合わせ、クリーム部分を波縫いして仕上げました。

あとはカップのロゴづくりですが、パソコンでロゴを印刷してただ貼り付けたでしたので、簡単でした。
帽子は三角帽のようにつくり、そこにクリームとストローをつけて完成です。

 

もともと縫い物は好きでしたが、ミシンがなかったので大変でした。
クリーム部分は可愛いくくしゅくしゅした感じをつくるために、何個も作り直した記憶があります。

大人の衣装は購入した緑のエプロンにロゴをつけて完成です。白シャツと黒っぽいパンツをはきました。

こちらもオススメ♪

ハロウィンの仮装はおもしろ系で!夫婦でブルゾンちえみになってみた
ハロウィンの仮装はやっぱりおもしろ系でキメたいですよね。でもなかなかどれにしたらいいか、決まらない…。みんなはどんな仮装をしているの?気になりますよね。このページでは、2016年に夫婦でブルゾンちえみになって大好評だった知人の体験談をご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

当日の様子と失敗談

当日は子供達が寝ていたので、ずっと抱っこでパレードに参加したのが大変でした。

観客も私たちを見て、なんの仮装かわかりづらかったと思うので、子供たちを歩かせるべきだったなぁと反省です。

でも、中には「スターバックス!!」と反応してくれる方もいて、そのときはすごく嬉しかったです。
とくに海外の方から反応がよかったです。

大人の衣装は簡単に脱ぎ着できましたが、子供の衣装はサイズぴったりだっため、脱ぎ着しづらく大変でした。
また手縫いなので、強度も弱く、何度か縫い直したこともありました。

当日は安全ピンでどうにか補強した記憶があり、今度同じものを作るなら、脱ぎ着に考慮したものを作るべきだったなぁと思います。

スポンサーリンク

これからハロウィンで仮装する方へアドバイス

ハロウィンで仮装して一番楽しいと思う瞬間は、周りの方から反応があったときです。

今回私たちは、フラペチーノとその店員でしたが、色合いが地味で、ほかの参加者より目立ちづらく、反応もイマイチでした。

もし、同じテーマで仮装されるなら、色をもっと派手にしたり、異素材をつかって目立たせたり、体より大きく作ってアピールするなどすると良いと思います。
あと、脱ぎ着を考慮して手作りすることも大切です。

せっかくの手作り品も脱ぎ着がスムーズでないと衣装を壊してしまうこともありますので。

コンテスト終わりにフラペチーノと店員の仮装で、スターバックス前で撮影しましたが、とってもインスタ映えして素敵でした。
ぜひあなたもフラペチーノになってみては?

合わせて読みたい

そこが知りたい!『ハロウィン』の記事まとめ
ハロウィンの記事はたくさんの方に読んでいただいています。ジャックオーランタンの作り方や、とっても簡単なマントの作り方、折り紙で作る飾りの作り方や美容師さんに聞いたおうちでできるゾンビメイクのやり方など、あなたの知りたいことがきっと見つかる!ハロウィンの仮装をした体験談もありますので、ぜひ見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク