紅葉の京都。穴場スポット見つけました!地元の人がお勧めの名所はどこ?

お出かけ

紅葉といったら、やっぱり京都ですよね。歴史ある寺社仏閣に映える紅葉は美しくて格別です!

でも、京都って紅葉名所が数えきれないほどあり、どこ行こうか迷っちゃいますよね。
今回は、京都のオススメ名所や、穴場スポットなどをご紹介します。

オススメスポットを抑えて、京都の紅葉を満喫しましょう。

スポンサーリンク

紅葉の京都の名所。意外なところで見物するのがオススメ?!

嵐山

紅葉の名所といったら「嵐山」!テレビなどが紹介している「見たい紅葉ランキング」では、常に上位を争う人気スポット。

嵐山の紅葉は、どこを切っても絵になります。
また、周辺地域には有名な寺院が多数あり、お寺めぐりの拠点にもなっているんです。

嵐山
〒616-0007 京都府京都市右京区嵐山元録山町

清水寺

「清水寺」は京都を代表する観光名所で、世界遺産にも登録されています。紅葉だけでなく桜の名所でもありますよ。

昼間も絶景ですが、夜はライトアップになり更に芸術的。
京都に来たらぜひ、清水寺に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

清水寺
〒605-0862 京都府京都市東山区清水1-294

伏見稲荷大社

「千本鳥居」と呼ばれるほど有名ですよね!

私も京都大好きなのですが、ここはまだ行ったことがないのでぜひ行きたいスポットの1つ!。
SNSなどでもよく目にしますよね!今年は“インスタ映え”が流行しているので、それを狙って行く観光客もいるとか…。
こんな数多くの鳥居は本当に素晴らしく美しいですよね。

ただ、やはり人気スポットなので混雑が予想されます。幻想的な風景と神秘的な雰囲気を思う存分堪能したい方は、朝早く行くのがオススメですよ!

私も京都に行く機会があったら、ぜひ「伏見稲荷大社」に行ってみようと思います。

伏見稲荷大社
〒612-0882 京都府京都市伏見区深草敷之内町68

北野天満宮・もみじ苑

もともとは、梅の名所でした。春になると梅の香りを求めて観光客がたくさん訪れていましたが、最近では紅葉の名所としても知られるようになりました。

こんなきれいな名所が、公開されなかったなんてなんだかもったいないですよね。

また、もみじ苑の最上部は、境内を見下ろす事ができる展望スポットもあるんです。
もみじ苑に植えられた紅葉の木が、本殿に降りかかる雨のように見える面白い構図になっています。もみじ苑に来たら、展望スポットも見逃さないようにしましょう。

北野天満宮・もみじ苑
〒602-8386京都府京都市上京区馬喰町

大本山東福寺

こちらも、京都では絶対に外せない紅葉スポット!京都の紅葉名所ランキングでも上位3位以内に入るほど人気な寺院です。

約2000本もの美しい紅葉を見ることができ、初めて見る人は立ち尽くしてしまうほど美しさと壮大さを兼ね備えてます。

特に、葉先が3つに分かれている「通天もみじ」が見られることで有名なんです!
この通天もみじは、本堂と開山堂を結ぶ通天橋のまわりで見ることができますよ。
ぜひ、訪れた際は見てみてくださいね!

また、毎年11月には、混雑回避のため通天橋など指定の場所は写真撮影が禁止になっているので、ご注意ください。

大本山東福寺
〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-778

仁和寺

世界遺産の「仁和寺」は広い境内を持つお寺で、美しい紅葉が見られることで有名ですよね。
京都市内には、4基五重塔がありその中の1つがこの「仁和寺」にあり、重要文化財にも指定されています。

五重塔の周辺に染まる紅葉が見事に美しいです!
木々の間から五重塔が見え隠れし、紅葉と五重塔が一緒に楽しめるスポットとなっています。

春の桜シーズンを除いて境内の散歩は無料なので、建物を巡りながら古都の雰囲気を存分に味わってみてください。

仁和寺
〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

 

以上、もっとたくさん紅葉スポットはありますが、特にオススメする名所を挙げてみました!
他にもたくさん素敵な紅葉スポットがありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

合わせて読みたい
桃太郎神社の御朱印はなかなか可愛かった。桃太郎伝説の由来とご利益とは。

紅葉の京都、見頃を間違えると大惨事?!見頃じゃないときはココへ行け!!

紅葉の見頃の時期は、だいたい11月中旬~12月頃とされております。
見頃より早く来すぎてしまった人や逆に終わり頃に行って失敗してしまった方も少なくないのではないのでしょうか?

でも安心してください!

京都には、まだまだたくさん観光できる名所や穴場がたくさんあります。
見頃時期を見逃してしまったあなたは、ぜひこれから紹介するスポットに行ってみてください。

蓮華王院(三十三間堂)

京都に来たら、訪れる方も少なくないのではないのでしょうか?
私もこの「三十三間堂」はオススメスポットです!

中学の修学旅行に初めて京都に行き、観光コースにこの「三十三間堂」がありました。

中に入ってみると、全長118mの本堂の中に1000体の千手観音立像がずらりと並んでいるのです。
ぱっと見すべて同じ顔に見えるけど、よく見ると観音像はすべて顔が違うんです。

よく、「必ず会いたい人に似た像がいる」とも伝えられています。
私も探してみましたが、残念ながらいませんでした。今行けばきっといるかもしれないですね。

もし、京都に訪れることがありましたら、ぜひこの「三十三間堂」行ってみてください。
小さい頃に行った記憶が今でも残っているほど、本当に素晴らしいところでした。

河合神社

下鴨神社にある摂社の1つ「河合神社」は女性に人気のスポット!

中門の看板に書かれている「日本第一美麗神」はこの河合神社のご祭神で、神武天皇の御母神になる玉依姫命(たまよりひめのみこと)なのです。この玉依姫命は、美容に関しての願望や、安産・育児・縁結びなど、女性ならではのお願いを事を叶えてくれる場所として広く知られています。

その中で人気なのが、「鏡絵馬」と呼ばれる手鏡形の絵馬。

この「鏡絵馬」には、あらかじめ顔が描かれており、自分の顔に見立てて美しい女性になれるように願いを込めて、絵馬にお化粧をし奉納します。

絵馬へのメイクは、なんと自分の化粧品で書きます。なんとも面白いですよね!
普段のメイクを絵馬に描いて可愛くしてあげてください。

もし、メイク道具を持っていなくても神社でクレヨンや色鉛筆が用意されているのでご安心ください。

ちなみに、絵馬にお化粧するためのお化粧室もちゃんと用意されているんです。
なんだか、本当にメイクするみたいでわくわくしますね。
ぜひ、美しくなりたい女性の方は行ってみてくださいね。

八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

「八坂庚申堂」は、清水寺の中になり、今年では境内に吊るされている無数のカラフルな「くくり猿」が“インスタ映え”するお寺として人気になりました。欲を1つ我慢すると願いが叶うと言われており、願い事をカラフルなくくり猿に書き込み、吊るすと願いが叶うと言われています。

カラフルなくくり猿も可愛いけど、猿のお守りも可愛いですよ!
写真撮影が好きな方やインスタ映えを狙っている方はぜひ、「八坂庚申堂」に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、京都の紅葉名所や穴場をご紹介しました。
京都には歴史ある建物がたくさんあるので、自分が見たいものを全部回ろうとすると結構時間がかかりますよね。

また、紅葉時期を間違えてせっかく楽しみにしていたのに、失敗してしまったという方もいらっしゃいますよね。
そんな方にも、ちゃんと楽しく観光できる名所をいくつかご紹介させて頂きました!

私も京都が大好きなのですが、行きたい名所や穴場がたくさんありすぎて、いつも迷っちゃいます。
もし、これから京都へ行く方や、私みたいに行きたい場所がたくさんありすぎて迷われている方は、今回ご紹介したスポットにぜひ行ってみてください!

きっと、楽しい思い出になる観光ができると思いますよ!

 

スポンサーリンク