徳島と吉野川の阿波踊りに行ってきました。豆知識や観覧方法もご紹介。

お出かけ
mokana
mokana

この記事は、歴史と神社が大好きな文系女子、mokanaがお伝えします!

徳島では、お盆といえば「阿波踊り」。
今では全国で開催されていて、関東地方では東京都の高円寺の阿波踊りのほうが有名かもしれません。

阿波踊り発祥の地、徳島県の阿波踊りは400年の歴史があり、地域が誇る伝統行事なんです。
開催2日目の2018年8月13日、徳島市の阿波踊りを見に行ってきました。

スポンサーリンク

知ればもっと楽しめ!?阿波踊りの豆知識

阿波踊りには400年の歴史があるといわれていますが、いつから始まったのかは実は正確にわかっていません。

阿波藩の藩祖、蜂須賀氏が作った徳島城が完成したときに住民が築城を記念して踊ったのが始まりとする説や、風流踊りや盆踊りが発祥とする説などが有力とされています。

現在のように徳島市中心部の演舞場で踊るようになったのは意外と最近で、もともとは地域の盆踊りのような形で、地元のお祭りとして親しまれていました。

阿波踊りのスケジュール

徳島市の阿波踊りが全国でも一番規模が大きくて、おそらく「徳島の阿波踊り」といえば徳島市の阿波踊りをイメージすると思いますが、実は徳島県内各地で開催されているんですよ。

県内トップは8月9日から始まる鳴門市の阿波踊り。8月11日まで、JR鳴門駅周辺で19:00から開催されています。
8月12日から15日までは徳島市の阿波踊り。8月14日から16日までは吉野川市と三好市。三好市池田町の阿波踊りは、県西部では最大規模です。

そのほか、地域の夏祭りで開催される小規模な阿波踊りもあります。

徳島県民は、ぞめきが聞こえてくると夏を感じて、阿波踊りが終わると夏はもう終わった気分。「ぞめき」とは、阿波踊りのお囃子のリズムのことです。

高円寺の阿波踊りは毎年8月の最終土曜日、日曜日に開催されていて、徳島の阿波踊りとは少し時期がずれています。
そのため、高円寺の連が徳島へ踊りに来たり、徳島の連が高円寺へ踊りに行ったりと交流があるんですよ。

阿波踊りのグループ、「連」

阿波踊りを見ていると「〇〇連」というフレーズをよく聞くと思います。

連とは、阿波踊りのグループのことです。連は、連の名前が入った提灯を持って踊り手を先導する「高張り」と、女踊りや男踊りの「踊り手」、三味線や太鼓などの「鳴り物」で構成されています。

連の人数は少ない連では20人ほど、多い連では数百人と、かなりの差があります。

「有名連」といわれる連は人数が多く、大人数での揃った踊りはやっぱり迫力と見ごたえがあります。二拍子のリズムと手足を同時に右、左と動かす基本的な型は同じですが、連によって踊り方や演出にさまざまな個性があるんですよ。

スポンサーリンク

徳島市の阿波踊り、観覧するには?

徳島市の阿波踊りでは、

  • 藍場浜公園、
  • 紺屋町、
  • 南内町、
  • 市役所前

の4か所に有料の観覧席があり、

  • 両国本町、
  • 新町橋、
  • 元町

の3か所に無料の観覧席もあります。

席に座らなくても、演舞場での踊りが終わった連がそのへんで踊っていたりもします。

今回は、無料の新町橋演舞場で観覧しました。

徳島市の阿波踊りは18:00スタートなので、17:00頃から席が埋まり始めました。

有料席との違いは、演舞場に来る有名連の数でしょうか。無料席にも有名連は踊りこんできますが、大半が小規模な連と企業連や大学連など。無料席でも阿波踊りの雰囲気は十分楽しめますよ。

阿波踊りの様子

優雅な女踊り。
着物も連によって色やデザインがさまざまで、あでやかです。

 

ちびっこもキレのある踊りを披露していました。

 

企業連のみなさん。
王子製紙のネピア連は、腰元にミニサイズのネピアがぶら下がっていて、気になりました。

徳島市だけじゃない、県内の阿波踊りの様子

今まで徳島市の阿波踊りしか見たことがなかったんですが、初めて吉野川市の阿波踊りに行ってきました。

吉野川市の阿波踊りは、JR鴨島駅前で8月14日から8月16日まで開催されています。スタートは19:00からでした。

徳島市と吉野川市の阿波踊りの違いは?

徳島市の阿波踊りとの違いは、地元の小規模な連が多いことでしょうか。

吉野川市の阿波踊りは鴨島駅前の商店街を歩行者天国にした、200メートルの通りが演舞場です。徳島市の阿波踊りよりも、踊り手との距離が近いのがよかったです。

残念ながら15日は雨で中止となりましたが、吉野川市でも踊る阿呆と見る阿呆が一体となって阿波踊りを楽しめました。

吉野川市の阿波踊りの様子

吉野川市のゆるキャラも踊るよ!

 

ヨッピーとピッピーは、もとは吉野川市にあった吉野川遊園地のキャラクターでした。遊園地がなくなったあと、吉野川市役所に再就職した珍しいゆるキャラ人生を歩んでいます。子供に大人気でした。

 

天狗も!

 

吉野川市山川町にある「高越山」という山には天狗の伝説があるので、高越連の先頭は天狗に扮した踊り手でした。

この天狗様、キレッキレの躍動感ある踊りで、写真がほとんどブレブレでした(笑)

まとめ

今年も盛り上がった阿波踊り。お盆以外にも、眉山のふもとの阿波踊り会館では一年中阿波踊り見物ができますよ。

徳島観光の際にはぜひ。徳島駅周辺の観光では、徳島市のシンボル、眉山へロープウェイで登るのもおすすめ。

また、阿波踊り会館近くには、かわいいご朱印がいただける神社もありますよ。

 

スポンサーリンク