七五三のお参りのマナーとは?意外と知らない神社での常識。

イベント・行事

お子様の成長とともに、次々とやってくるイベント。11月には七五三が控えていますね。
着物の準備や写真スタジオの予約、会食のレストランの予約など、次から次へとやることがいっぱい!

自分が小さい頃は着物を着せてもらってウキウキでお参りに行って、なんとなく七五三の意味を教えてもらった記憶がありますが、親になってからの七五三は知っておかなきゃいけないことがあれもこれもで不安だらけ…。

でもこれを読めば大丈夫!
これを読むだけであなたの不安はなくなりますよ!

スポンサーリンク

まずは七五三のお参りの意味を知ろう

七五三をお祝いする文化は日本独自のもので、古くは平安時代から始まったと言われています。
当時、子どもは3才5才7才と成長の節目に病気にかかりやすいと言われており、健やかな成長を氏神様にお祈りをしていました。

また、節目の年齢には次のような意味があります。

3才→髪置(かみおき)…男女ともに髪を伸ばし始めるころ
5才→袴着(はかまぎ)…男性の衣服である袴を着るようになるころ
7才→帯解(おびとき)…女の子が大人と同じような帯を使うようになるころ

これを見ると、成長をお祝いするという意味も納得ですね。

「七五三のお参りのマナー」初穂料などからわかりやすく解説!

服装のマナー

神社へのお参りなので、参加する人は全員正装することが基本です。女の子は着物、男の子は袴と羽織です。

女の子なら喜んで着物を着てくれることが多いでしょうが、元気な男の子はそうはいかない場合もあるかもしれません。その場合は、スーツなどの洋装でもOKです。

大人の場合、ママはジャケットを着用しましょう。私は長女の初めての七五三で、翌年に幼稚園入園を控えていることもあり、入園式にも着ていけそうなスーツを購入しましたよ。

和装も神社の雰囲気にもとても合い、華やかで良いですね!

ただ、慣れない着物を着ているお子さんのケアは何かと忙しいのでお着物を着ていく場合はそれなりの覚悟を。

パパはダーク系のスーツで。お祝いの場なので、ネクタイは明るめの色をチョイスすると良いでしょう。もちろん紋付きの袴でも大丈夫です。

家族で和装で揃えていくのも素敵ですね。
こちらもオススメ♪

七五三のお参り。親の服装のマナーとは?どこからNG?そこが知りたい
七五三とは、幼い子供の健やかな成長を祈り、祝うという日本の年中行事です。七五三にはきちんとした意味がありますので、子供に同伴する親の服装にもルールがあります。華美にする必要はありませんが、どこまでがOKでどこからがNGなのか?そこが知りたいところですよね。この記事では親の服装のマナーについてご紹介します。ぜひ参考になさってください。

初穂料のマナー

初穂料。私も「なんじゃそりゃ?」と思ったものです。
「はつほりょう」と読み、御祈祷してもらうことへの謝礼にあたるものです。

相場は5千円から1万円といわれていますが、神社によって金額が定まっていたり、参拝者におまかせのところもありますので、事前に確認をしておくとよいでしょう。

ご祝儀袋を使用して神社に納めましょう。
紅白蝶結びの水引きで、上部には「御初穂料」「御礼」と書き、下部にはお子さんの名前を記入します。

実は我が家は、神社の受付に行きお財布から直接お金を出して、お支払いを済ませるようにしてしまいました。赤っ恥でした!

スポンサーリンク

神社での参拝マナー

これまでに初詣などで神社やお寺でお参りをしたことのあるお子さんもいるかもしれませんが、せっかくの機会なので、親子でお参りの方法やマナーを勉強すると気持ちが引き締まります。

まずは神社に到着。鳥居をくぐる時に一礼。鳥居がいくつもあるところでは、くぐる度に一礼していきます。

参道は端を歩きましょう。参道の中央は、神様の通るところとされています。

手水舎(てみずや)に着いたら、柄杓(ひしゃく)を使って手と口を清めます。

右手で水をすくって左手にかけます。次は左手に持ちかえて右手を清めます。もう一度、柄杓を右手に持ちかえて、左手に水をくみ、その水で口をすすぎます。

直接柄杓に口をつけるのは、マナー違反です。やめましょう。

最後に使った柄杓を清めて元に戻します。水をすくって、すくった水が柄杓の柄を伝い落ちるように静かに立てるようにします。

賽銭箱の前まで来たら、神様にお祈りをします。鈴などがあれば、鳴らして神様を呼びましょう。

そして「二礼二拍手一礼」の順でご挨拶をします。お願い事をするのは、二拍手の後です。最後の一礼を忘れずに。

神殿でご祈祷を受ける時には「お立ち下さい」や「頭をお下げください」など指示がありましたので、その通りにすれば大丈夫です。
ほかにもあります♪

そこが知りたい!七五三についての記事まとめ。体験談もありマス。
初めての七五三はわからないことだらけ!初穂料ってなに?お参りはいつ?服装は?などなど。必要な知識を記事にしてありますので、どうぞご覧ください。
「他の人はどうしてるの?」と思ったら、体験談もありますよ♪

まとめ

いかがでしたか?これであなたももう七五三マスター!
一度きりのお子様の晴れの日、思い出に残る素敵な七五三をお迎えください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク