婚活で年収700万は高望み?婚活で考えるべきこととは

体験談

「学生のころや20代のころ、誰かと付き合っていても全然結婚なんて意識してなかった、それがアラサーになって急に結婚への焦りがでてきて…」

「周りには高望みしてるからいけないんだ、って言われるけど…」

そう、結婚への焦りを感じていませんか?友達もいつの間にかどんどん結婚してて、合コンの機会もほとんどなくなって。

「結婚したい!でも出会いがない!婚活するしかない!」そう婚活サイトや婚活パーティに登録をはじめる…。

そこで、結婚相手について具体的に考えた時に、最初に出てくるのはやはり男性の年収。

「昔は相手に1000万くらいの年収は絶対必要、って思ったけど、今はそんなに高望みしてないかな」

「もう私も若くないし、高望みはできないかな、700万くらいあればいいよ」

そうそう、そう考えますよね~。私も昔、そうでした。30までに結婚したい、でも相手がだれでもいいわけじゃないから、ちゃんと選びたい。

そう思って、沢山婚活パーティにも、街コンにも、マッチングアプリも使ってみました。そして今、婚活で出会った旦那様と幸せな日々を過ごしています。

そこで、この記事では、実際に婚活で素敵な旦那様を見つけた私が、婚活での相手の年収についての現実や、婚活で考える大切なことをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

婚活で年収700万の男性は本当にいるのか?

あなたは、結婚相手の収入、最低でもどのくらい必要だと思いますか?

いきなりショックなお話ですが、婚活をしていて本当に年収が700万ある男性というは、ほとんどいません。

たしかに、高学歴、高収入をうたっている婚活パーティや医師、弁護士など高収入の職業に対象を絞った婚活パーティにはそれなりにいましたが、私の経験上、そこでお知り合いになって連絡をしていた男性のほとんどが本当に婚活をしに来ているというより、遊び相手の女性を探していた、という状態でした。

または、「あ~、これは性格がひどすぎる」と、こちらが引いてしまうくらい性格に難があったり、マナーが最低だったり。

ひどい時には、職業が医師で、何度もあっているうちに発覚したのですが、すでに奥様がいらっしゃったということもありました。

未婚女性への調査では、6割以上の女性が結婚相手に年収700万円以上を求めている、という結果も出ているくらいなので、年収700万円を望むのはそんなに珍しいことではないとは言えます。

でも、30代男性の平均年収が400万円の中で、年収700万円ある婚活男性をみつけ、さらにその人に自分を好きになってもらって結婚までたどり着く、というのは至難の業だと思った方がよさそうです。

婚活で年収の低い男性をどう考える?結婚で幸せになるには

確かに、年収は大切です。経済的に余裕があれば、その分気持ちにも余裕が出て、不要な喧嘩はなくなるかもしれないし、将来子供ができた時にも十分な教育費・養育費を準備してあげられるでしょう。

場合によっては専業主婦になって、家事や育児を楽しむ余裕も出てくるかもしれません。

でも、本当に結婚相手の年収って、そんなに大事なんでしょうか?低いと、結婚相手には見れないくらいダメなことなんでしょうか?

相手の年収に依存するのは危険!

はっきり言って、婚活するときに相手の収入をあてにするのは危険です。

例えば、婚活の時に年収が700万あったとしても、そのあともずっとその人が年収700万を稼げるかはわからないのです。もちろん、年収が低くなることもあります。

急に会社が経営不振になることもありますし、自営業でもいつまでも順風満帆に利益があるとは限りません。急な病気・けがで働けなくなり、夫の介護をしながらあなたが大黒柱として家計を支えないといけなくなることだってあります。

そんなとき、収入を重視して選んだ夫と、一緒に頑張って乗り越えることはできますか?

年収が低い場合でも幸せにはなれる

とても月並みな言葉ですが、幸せはお金では買えません。相手の収入をあてにする考え方では、どこまでいっても満足することは難しいのです。

スポンサーリンク

もちろん、収入を通して、相手の仕事への熱意や、頭の良さといった別の力を見ていることもありますが、収入が低い職業の人でも仕事への熱意を持っていたり、知能の高い人はたくさんいます。

幸せになりたいのであれば、自分の幸せを相手にゆだねない、という考え方が大事になってきます。

まずは自分が自立すること。将来、もしも夫が働けなくなったとしても、自分が支えていける、と思えるくらいに自立することです。

そして、相手の収入が低いのであれば、自然とあなたも仕事をすることになると思います。
そんなときに、一緒に家事や家庭のことをやってくれるかも大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?結婚って、結婚すること自体が目的じゃないですよね。

結婚して、家庭を持つこと、幸せになること、相手を幸せにすること、子供を育てること、1人では頑張れないことを誰かと一緒にがんばること、誰かと一緒に生きていくこと、そういった、それぞれの幸せのために結婚ってありますよね。

婚活で相手の収入ばかりを気にしていたら、そういった大切なことを忘れがちになります。

婚活の時には、収入だけでなく、そういった、「この人となら結婚生活できそう」と思える相手かどうか、ということも考えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
huku

30代独身。現在パートナーと二人暮らしです。
臨床心理士・公認心理師として日々働きつつ、家事をいかに安く早く楽しくやれるかを体を張って実験中。
興味の範囲が広く、気になったら何でも調べないと気がすまないちょっと面倒くさい面もありますが、おかげで楽しく毎日過ごしています。
ハムスターは小学生時代から20年以上飼い続けており、常に一匹ずつ一筋に愛を注ぎます。

hukuをフォローする
体験談夫婦、恋人
ぷちねっと
タイトルとURLをコピーしました