キレイに仕上がる!ニットやコートの毛玉の取り方と防ぐ方法とは?

家事、掃除、料理

お気に入りのニットやコートに毛玉できていると本当に残念ですよね。せっかくのおしゃれも台無しになってしまいます。

だけど、お気に入りの洋服ほど着る頻度が多いので、毛玉ってできやすくないですか?せっかくお気に入りの洋服を着て気分が上がっていても、毛玉を見つけるとがっかりしてしまいますよね。

「お気に入りのニットやコートに毛玉が出来てしまった!なんとか元どおりきれいにしたい…」
「高かったこの洋服、毛玉ができないようにする方法はないのかな?」

そうですよね~。ついつい手でむしってみたりするものの、キリがないし、生地だって傷んでしまいます。キレイに毛玉が取れる方法があれば知りたいですよね。

そこで今回は、ニットやコートにできてしまった毛玉の取り方についてご紹介します。

さらに、毛玉ができてしまうのを防ぐ方法についても合わせてご紹介しちゃいますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね~♪

スポンサーリンク

簡単&きれいに仕上がる!毛玉の取り方のオススメ方法とは?

気が付いたらあちらこちらにできてしまう毛玉の数々…。家にある身近なものを使って、毛玉が簡単に、しかもきれいにとれちゃいますよ!ひとつずつご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

はさみを使う

まず最初にご紹介する方法は、はさみを使ってひとつひとつ毛玉を切り取っていくという方法です。なんといっても、毛玉の基本的な取り方は「切り取る」ということなんです。

なんだかとても面倒くさいと思いがちですが、毛玉の数が少ない場合、この方法が一番生地を傷めることなくきれいに仕上げることができます。眉用の化粧ハサミなど小さなものが使いやすくてオススメです。

毛玉のついた服を水平な場所に置いて、生地を切らないようにひとつずつ毛玉を切り取っていきましょう。

カミソリを使う

次にご紹介するのが、カミソリを使った方法です。こちらも毛玉を「切り取る」基本のやり方です。

まず毛玉のついた服を水平な場所に置き、毛玉のある部分にカミソリを滑らせていきます。生地を傷つけてしまわないよう、力を入れずに優しくゆっくり滑らせてくださいね。特にボタン周りや縫い目付近は、注意して丁寧に作業しましょう。広い範囲にできた毛玉も簡単にきれいに切り取ることができますよ。

カミソリは上等なものでなくても、100円ショップのカミソリでも十分きれいに仕上げることができます。

スポンジを使う

続いてご紹介するのは、スポンジを使った毛玉取りの方法です。スポンジで毛玉取りなんて、意外ですよね。

使用するスポンジは、柔らかいものだと上手く毛玉が取れないので、100円ショップにも売っている、目の粗い気泡が入っているような少し硬めのスポンジを使いますよ。

まず、毛玉のついた服を水平な場所に置き、毛玉のついた部分にスポンジをあて、表面を軽くこすっていきます。すると不思議なことに、毛玉だけがスポンジにどんどん絡みついていき、驚くほどきれいに毛玉が取れちゃいます。

ポイントは、一度に毛玉を取ろうとせずに、少しずつ取っていくイメージで行うことです。あまり力を入れずに優しくこすりましょう。力を入れてこすれば、毛玉は一気取れやすいですが、生地を傷めてしまったり、毛羽立ちの原因になります。

はさみやカミソリを使った方法では、うっかり穴をあけてしまいそうで怖いという人には、こちらのスポンジを使った方法だと安心ですね。

実は毛玉は防げる?毛玉ができるのを防ぐ方法とは?

着た後はブラッシングを習慣に

毛玉が出来る主な原因は、摩擦によって毛糸の繊維同士が絡み合ってしまうからなんです。よって、ニットやコートを着た後に、洋服用ブラシでブラッシングしてあげると、絡まった繊維がほぐれて毛玉ができにくくなるのです。

ブラッシングは、繊維の絡みをほぐすだけでなく、衣服についたホコリなどを取り除き、毛並みをそろえることにもなるので、生地を長持ちさせることにもつながります。

やり方は、まず洋服ブラシを下から上にサッサッとスナップを効かせるようにかけ、ホコリをはらいます。次に上から下へ一定方向にやさしくなでるようにブラッシングして、毛並みをそろえます。こうして繊維の絡まりをほぐしてあげればOKです。

スポンサーリンク

このひと手間で、ぐんと毛玉ができにくくなりますよ。ぜひ洋服を着た後の習慣にしていただきたいと思います。

連続して同じ服を着ないこと

お気に入りの洋服って、どうしてもヘビロテになりがちですよね。特にコートだと、毎日続けて着る場合も多いのではないでしょうか。

着る頻度が多いと、どうしても摩擦の回数も増えるので、毛玉ができやすくなってしまいます。着る間隔をあけて、繊維の状態を落ち着かせてあげることで、毛玉ができにくくなりますよ。

洗濯はネットに入れて手洗いを

ニットを洗濯するときは、裏返しにして中で動かないようピッタリサイズのネットに入れてから洗濯します。そうすることで、洗濯中の生地の摩擦を防いで毛玉ができにくくなるんです。

より摩擦を防ぐため、ニットの洗濯の基本は手洗いをオススメします。洗濯機に入れて洗濯すると、ネットにいれていてもどうしても摩擦が起きやすいからです。お気に入りのニットは、ネットに入れて手洗いをしましょう。

こちらもオススメ♪

突っ張り棒が落ちるのを簡単に防ぐ方法!落ちる原因ワースト3もご紹介。
様々な場所に使えて、安くて簡単に手に入る便利な突っ張り棒。便利だからとついたくさんの物をかけてしまったりすると落ちてきてしまい、せっかく綺麗に収納したのにまた一からやり直しでイライラ…。この記事では、突っ張り棒が落ちてくるのを防ぎたいあなたに、簡単にできる解決方法をご紹介します。

まとめ

いかがでしたか?今回は、できてしまった毛玉の取り方や、毛玉ができないための予防法についてご紹介させていただきました。お気に入りのニットやコートの毛玉にお困りの方はぜひ試してみて下さいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました