生チョコを冷凍保存したい!味落ちを防ぐためのコツを教えます!

食べ物

ちょっとぜいたく気分を味わえる、ティータイムやお酒のお供の生チョコ。通販でも、切れ端だけど大容量でお得なものが売ってたりしますよね。

濃厚で甘さたっぷりでとてもおいしいんですが、ちょっと一度にはたくさん食べられない…。もしくはちょっとずつ食べるのがお楽しみという私のような人はいませんか?

そんな時は生チョコを冷凍保存してしまうのがおすすめです。

「でも冷凍しちゃって大丈夫なの?味は変わらない?」と心配になる気持ちもわかりますので、今日はそこのところを詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

生チョコを冷凍保存した場合、どのくらいおいしさを保てる?

普通の板チョコの賞味期限が半年~1年くらいあるのに対し、生チョコを冷蔵庫で保管する場合、市販のものだと賞味期限は3~4日程度です。生クリームが入っているので、普通のチョコレートと違って早く食べきってしまう必要があるんです。

(市販の生チョコには保存料が入っていますが、手作りのものにはそれがないのでもっと早く食べてくださいね!)

たった3~4日なんて…あっという間ですよね。でも生チョコを冷凍保存すれば、賞味期限を延ばすことができます。生チョコの状態や保存のしかたにもよりますが、約1ヶ月ほど保存ができますよ!これならお徳用サイズを買っても安心です。

 

保存期間を延ばすことができたところで、気になるのは生チョコの味落ち。どんな食べ物でも冷凍保存すると、味が落ちてしまいがちですよね。

実はチョコレートは温度変化に弱い食べ物なんです。急な温度変化によってチョコレートの主な成分である油脂が分離して味が変わってしまうんですよ。

なので、生チョコを冷凍保存してかつおいしく食べるためには、温度管理が重要なポイントになってきます。ではどんな温度管理をすれば生チョコの味落ちを防ぐことができるのか?次に続きます。

生チョコを冷凍保存する時に気を付けること2つ

急激な温度変化を起こさない

先ほど出てきた生チョコの冷凍保存に関する温度管理のお話。冷凍をするときだけでなく、解凍をするときも気をつけないと美味しい生チョコは食べられません。

なるべく急激な温度変化を起こさないためにも、冷凍するときには一度冷蔵庫でよく冷やしたあと、冷凍庫で冷凍保存します。

 

そして反対に解凍するときは、冷凍庫から出して室温で自然解凍〜ではなく、冷蔵庫に移して時間をかけて生チョコを解凍してあげてください。

これが生チョコを冷凍で味落ちさせないための1つ目のポイントです。
食べたいときに冷凍庫から出してすぐ食べられないのはイタイですが、美味しさのために我慢我慢。

空気に触れさせない

もう1つ気をつけなければいけないことは、生チョコをなるべく空気に触れさせないように保管すること。

チョコレートはその主な成分である油脂が酸化してしまうと味落ちしてしまいます。また生チョコに使われてる生クリームに含まれている水分は冷凍することによって逃げていってしまいます。これも味落ちの原因のひとつ。

これをまとめた具体的な保存方法はというと、生チョコをラップでしっかりと包み、保存用ジップバッグに入れて二重のガードをする。
これによって空気にも触れにくく、水分が逃げていく隙間もできず、味落ちを食い止めることができるというわけです。

スポンサーリンク

まとめ

味落ちしない生チョコの冷凍保存方法、覚えていただけましたか?

これからは急いで食べきってカロリーのことを気にしなくても良いし、自分の食べたいときにゆっくり味わうことができますね!
最後におさらいしておきましょう。

  • 生チョコは冷凍保存で1ヶ月ほどもつ。
  • 美味しさを保つために、冷凍保存前後に冷蔵庫も活用すべし。

ちょっと手間でもしっかり保存をして、優雅なお楽しみタイムをお過ごしくださいね~。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク