リビングをスッキリと。誰でも簡単にできる収納方法。目指せ!収納上手!

家事、料理

子供が生まれると、子供の物がどんどん多くなっていきますよね。おもちゃやぬいぐるみ、衣類やその他にも細々とした物がたくさんです。

「これ以上増やしたくない!」と思い、極力物を増やさないようにしていても、子供の成長に合わせて「あれもまた買い替えなきゃ!」とつい増えてしまうのが子供の物なんですよね~。

せめて、家族が一緒に過ごすリビングでは、スッキリと家族みんなが過ごしやすくしたいものです。

そこで、この記事では誰でも簡単にできちゃうリビングの収納方法をご紹介します!あなたも今日から、収納上手になれちゃいますよ!

スポンサーリンク

家にあるもので簡単にできちゃうリビングのステキな収納アイデア教えます!

子供がいると、リビングでおもちゃを広げて遊ぶことが毎日のようにありますよね。

リビングとは別の所におもちゃをしまっておいて、わざわざそこからひっぱり出してまたしまってを毎回繰り返すのもとても面倒なものです…。

どうせなら、リビングにスッキリ収納して取り出しやすくしまいやすくしたいですよね。
そこで、家にあるもので簡単にできちゃう、リビングのステキな収納のアイデアをドド~んっと教えちゃいます!

ブックスタンドを使った収納!

ブックスタンドを持ってはいるけど、意外と家の隅っこに追いやられていて、イマイチうまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。実は、これが収納に大活躍するんです!

子供の絵本やパズルをしまっておくことができたり、その他立てて収納できそうな物をそのまま入れて収納することができます。

リビングでは、書類や郵便などを置いたりしまったりする機会も何かと多いですよね~。

その点、ブックスタンドでは用途ごとにラベリングし、どこに何の書類や郵便を置くかあらかじめ決めて収納することで、家族の誰が行っても取り出しやすくしまいやすい収納に早変わりします。

ちなみに我が家では、ブックスタンドが至るところにあり、リビングではもちろんのこと、キッチンでもフライパンを立てて収納しています!

空き箱やお店の厚手の紙袋で小物もスッキリ収納!

リビングって、意外と細々した物が多いので、どうしても散らかりやすくなってしまいますよね…。

これを解決する方法は、小物ひとつひとつに自分の部屋を設けてあげることで、意外と簡単に解決しますよ~!

お部屋でティッシュを使用した後には、最後空き箱が残りますよね。これを、ティッシュの出口の透明なビニールの付いた上の部分だけカッターなどでうまく切り離すことで、あっという間に簡単収納ケースの完成です。

また、どこかお店に行って買い物をした際に、厚手の紙袋をゲットできる機会もありますよね。
その厚手の紙袋を半分くらいのところで切って、切ったところからさらに中に入れ込むような形で中に折ります。そうすると、あっという間に簡単収納ボックスの完成です。

かなり厚手の紙袋の場合には、袋がすでにしっかりしているので、そのまま口を開いた状態で収納ボックスとして使用することができます。

そのまま使用してもOKなのですが、空き箱やお店の厚手の紙袋の中にさらに100円均一で売っている仕切り板を取り付けることで、さらに細かく収納できちゃいますよ~!

「そのまま使用するのはちょっと…。」という方は、お好みでマスキングテープを貼ったり、余った布を貼り付けたりシールでデコレーションするとおしゃれになりますよね~。

自分だけの、オンリーワンな収納を楽しめちゃいます!是非お試しあれ!!

誰でも簡単にできる収納の2つの心得で楽しい気持ちで収納上手に!

収納も毎日の事なので、どうしても「面倒だな~。」と思ってしまうことってありますよね…。

毎日でも楽しく収納を行うために、誰でも簡単にできる収納の2つの心得で楽しい気持ちで収納上手を目指しましょう!

「後でやろう!」ではなく、気付いた時に行って収納上手!

いざ収納しようと思っても、つい面倒に思えてしまい「後でいいや!」と後回しにしてしまうことってありますよね。それが積り積もった結果、物が乱雑になってしまい、家族がくつろげるはずのリビングが全くくつろげない状態になってしまいます。

スポンサーリンク

後々収納で大変な思いをしないためにも、気付いた時にこまめに収納することで、リビングがスッキリとして収納上手になれちゃいます!

子供と一緒に楽しく収納上手!

子供につい、「早くおもちゃ片付けなさい!」と命令口調でガミガミ言ってしまうことってありますよね。

これだと、子供もシブシブうるさいから片付けざるを得なくなってしまい、「収納ってイヤなことなんだな~。」と苦手意識を植え付けさせてしまいます。

そうならないためにも、子供と一緒に遊び感覚で、楽しく収納上手を目指しましょう!

例えば、子供と「おもちゃお家へ帰るゲーム!」と称して、おもちゃをひとつずつ元の場所に収納するゲームを行います。これなら、収納もできちゃいますし親子のスキンシップにも繋がりますよね。

収納上手を毎日きちんと続けていくためには、いかに楽しみながら収納を行うかが大切ですよね~!

まとめ

わざわざ購入しなくても、意外と私たちの身近な物でスッキリ収納できるアイデアがたくさんありそうですよね。ただ収納をするだけの毎日ではなく、楽しい気持ちで収納上手を目指しましょうね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク