トイレトレーニングはいつから?楽しく進めるコツもご紹介!

子供・育児

子供の成長を目の当たりにする度に、親としてとても微笑ましく、うれしくなりますよね。

ですが、子供の成長によって、いろいろとステップアップさせてあげるのも親の役割…。誰だって初めは子育て初心者なので、どうすればいいのか悩むことが何かと多いですよね…。

ステップアップの中でも、特に頭を悩ませるのがトイレトレーニング。「一体いつから始めればいい?」「どのタイミングで行うのがベスト?」と本当に頭を悩ませます…。

そこで、子供のトイレトレーニングはいつから始めたらいいのか、まとめてみました!

どうせトイレトレーニングを行うのであれば、楽しく進めたいですよね。楽しく進めるコツも一緒に教えちゃいます!

スポンサーリンク

実は子供からのサインがある!?子供のトイレトレーニングはいつからがいい?

一般的には、2歳前後にトイレトレーニングを始めたという方がとても多いです。ですが、あくまでもこれは目安で、子供一人一人の成長によって違いがあります。

例えば、同じ2歳でも「うちの子は、イヤな事があるとすぐ『イヤだっ!』と気持ちを声に出してハッキリと主張する!」という子供もいれば、「イヤなことがあってもなかなか口に出さないで、そのまま泣きじゃくってしまう…。」といった成長の違いや個性がありますよね。

ちなみに私の場合は、自分の母親や姑から「そろそろオムツ外れる時期よね~。昔は、このくらいの時期にオムツ外してたわよ~!」と言われ、それが焦りとなってかなりのプレッシャーでした…。

焦ってトイレトレーニングを始めても、子供の成長に合わせて行わない限り、全く前に進みません…。このことからも、やはり子供の成長に合わせてトイレトレーニングを始めるのが一番良いと思います!

そこで、「子供がこんなサインを出していたら、トイレトレーニングを始めても良い時期ですよ~!」という子供のサインをお伝えしますね!

①親に「イヤ!」「うん!」など、自分の気持ちをきちんと伝えることができる!

②親の話していることに対して、意思疎通ができる!(親からの「おしっこ出た?」などの問いかけに答えることができるため!)

➂「おしっこした!」「うんちした!」など、自分で伝えることができる!

④トイレに興味を持ち、便器やおまるに座りたがる!

⑤遊びでも、トイレのマネをする!

もし上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいる場合は、お姉ちゃんやお兄ちゃんのトイレのマネをして、トイレトレーニングが早く進む場合もあります。

トイレトレーニングを始めると、どうしても失敗しちゃったり拭き掃除をする機会が多くなるので、洗濯物が乾きやすい暖かい春から夏の時期に行うのがおすすめですよ~!

トイレトレーニングを楽しく進めるコツ教えちゃいます!

いざトイレトレーニングをスタートさせてはみたものの、うまくいかなくてイライラしてしまうママさん、とても多いと思います…。私自身もそうでした…。

「今日はイライラしないで笑顔でトイレトレーニングするゾ!」と思っても、子供が失敗してしまったら結局いつものように怒ってしまい、眉間にシワを寄せている自分自身に気がつく、なんてしょっちゅうでした…。

「このままじゃいけない!」と思い、トイレトレーニングを楽しく進められるようにいろいろと工夫して実践してみました。実際に、楽しくトイレトレーニングを進めることができたコツがあるので、ご紹介しますね!

おしっことうんちをトイレでする理由をきちんと話す!

トイレトレーニングをスタートさせてみたものの、ある日一番肝心なことを忘れていたことに気が付きました。おしっことうんちを、トイレでする理由を子供にきちんと伝えていなかったんです!

それを飛び越えてトイレトレーニングを進めても、子供も訳が分からない状態で「なんでトイレでするの?」と疑問ばかり浮かんでしまいますよね…。

「トイレでおしっことうんちできると、オムツしなくてもいいからかっこいいよね!床にしちゃったりオムツとかパンツにしちゃうと、片付けなきゃだし○○(子供の名前)もキモチ悪くてイヤだよね~。トイレでできた方が、楽だしスッキリするし、何よりかっこいいよね!」と、実際にはこんな風に子供に声掛けを行いました!

子供の大好きなお人形などを使ってトイレのシミュレーションをする!

実際に言葉でトイレの仕方を教えても、イマイチ頭に入ってきませんよね…。そこで、子供の大好きなお人形などを使って、トイレのシミュレーションを行いました。

スポンサーリンク

「トイレってこうするんだ!」と、遊び感覚で子供も楽しくトイレの仕方が分かった様子でした。

子供の好きなキャラクターのパンツを選んで履かせる!

トイレトレーニングには、パンツは欠かせないアイテムです。

子供の好きなキャラクターのパンツを選んで購入し、実際に子供に「今日はどのパンツにする?」と選ばせることで、子供も楽しくトイレトレーニングを行うことができました!

できた時には「これでもか!」というくらい褒めちぎる!

子供が何かできた時にきちんと褒めてあげることで、達成感が生まれ、自信がつきます。

一度でもおしっことうんちがトイレでできたら、「これでもか!」というくらい褒めちぎることで、子供のテンションも上がり、親も一緒にテンションが上がっちゃいましたよ~!

できたご褒美に子供の好きなシールを貼る!

できた時に、ご褒美をもらえるというのも子供にとってはうれしいものです。

毎回、できる度におやつを与えてしまうと栄養バランスが気になってしまうので、子供の好きなシールを好きなように貼らせることで、楽しくトイレトレーニングを進めることができました。

失敗した時は怒らずに子供に寄り添うことを忘れない!

子供がトイレを失敗してしまうと、イライラしないようにしていてもついイライラしてしまいますよね…。子供もわざと失敗している訳ではないのに……。

子供なりに何かに集中していたなど、何かしらの理由があるはずです。

「怒る」ことは簡単なことですが、そんな時こそ子供の気持ちに寄り添って「次はがんばろう!」というやる気スイッチを入れてあげることが大切です。そうすることで、親も子供も楽しくトイレトレーニングを進めることができましたよ~!

まとめ

子供のトイレトレーニングは、子供の成長を親が見極めて、それに沿って行うのが一番です!

ついイライラしてしまいがちですが、子供と楽しく行って「やってよかったな!」と思えるようなトイレトレーニングにしてくださいね~!

 

スポンサーリンク