カラスは実は縁起が良い?不吉なイメージをくつがえす真実とは?

気になること

全身真っ黒な姿、鋭いくちばし、ゴミ漁りする様子など、カラスってなんだか気味が悪いですよね。

子供の頃に、カラスは人の顔を覚えることができるくらい賢い動物だと聞いたことがあって、襲われたら怖いので大人になった今でも目を合わせないように通りすぎるようにしています。

良くないイメージばかりがあるカラスですが、縁起が良いとも言われているのを知っていますか?今日はカラスのダークな印象をくつがえす好印象なお話をしたいと思います。

カラスは縁起が良い?それとも悪い?真実はズバリ…!

  • カラスが鳴くと人が亡くなる
  • 早朝や夜中にカラスが鳴くと不吉な事が起きる前兆
  • カラスが庭で水浴びをすると火事になる

などカラスは縁起が悪いときの言い伝えによくでてきますよね。

雑食のカラスは死肉をも食べていたらしく、死にかけの人を狙って死ぬのを待っていたから、カラスと人が亡くなることを結びつけたようです。また、カラスの賢い能力が不吉なことや火事の予知というイメージにつながっているともみられています。

そんなみんなの嫌われ者のカラスですが、昔は神聖な生き物として大切にされていました。その証拠に、カラスが神の使いとして人々を導いたと神話にも残っています。それが3本足のヤタガラスの話です。

ここからは古事記に残されていたお話。

後に日本の初代天皇となる神武天皇が熊野から大和(ともに紀伊半島中央部で山岳地帯)を遠征している最中、道に迷ってしまいました。そこに天照大神(太陽の女神)に遣わされたといわれるカラスが現れ、一行を導き山の中から連れ出したというものです。

このカラスはただのカラスではなく、実は神の化身で大型で足が3本もあるカラスだったそうです。これがヤタガラスと呼ばれる縁起の良いカラスです。

このような神話にあやかり、カラスが縁起の良い生き物で導きの神であることから、ボールをゴールに導いてくれるようにとサッカー日本代表のユニホームに日本サッカー協会のエンブレムとなって付けられているんです。

神聖な生き物、ヤタガラスはその他でもロゴマークとして使われています。

カラスが夢に出てきた!夢に出て来るカラスが意味するものとは?

悪いイメージばかり持たれがちなカラスにも縁起物という良い側面があることをご紹介しました。
では次は、夢にカラスが出てくるのは縁起が良いことなのかどうか?夢占いの面からもみてみましょう。

普段カラスに良いイメージを持っている人は少ないので、夢なんかに出てこられたら何か不吉な予言では?なんて思ってしまいますよね。

夢にでてくるカラスは、死と再生、未知への側面、導き、幸運と不幸などを暗示しています。ネガティブなものばかりかと思いきや、ポジティブなものも入っていますね。神の化身、導きの神とされている存在でもあるからでしょうか。とても意外に感じました。

カラスが出てくるどんな夢なら縁起が良いのでしょうか?

もう少し細かく具体的な夢診断の結果に結びつけるには、カラスがどのようなシチュエーションで出てきたかにもよります。

カラスが良い印象で出てきた場合、近い将来に人生が開けてきたり、ものごとが良い方向に進む導きを示していると考えられます。

また、カラスが悪い印象で出てきた場合は、裏切りや陰謀、人間関係のトラブルを意味します。どちらかというと、カラスが良い印象で夢に出てくることって少なそうですよね。不気味に横切られたり、飛び回られたり、縁起が悪そうなことが多そうです。

スポンサーリンク

カラスを夢で見たときの100%が悪い予言とは言い切れませんが、あまり期待できないと思っておいた方が良さそうです。反対に、その夢をきっかけに「気をつけて日々を過ごそう」と心がけるようにすれば、悪い事態は避けられるかもしれません。

まとめ

カラスに味方するわけではありませんが、カラスのラッキーシンボル的な要素を知っていただくことができたでしょうか?

  • カラスは賢く、神の使いとして昔からあがめられていて縁起の良い生き物でもある。
  • カラスが夢に出てきたときは念のため気をつけて慎重に行動するべし。

いつも近所にいるカラスに話かけていたら悪さをしなくなった、などと人を見分けたりする高度な学習能力があるとされるカラス。

こちらから攻撃的な行為をしなければ、案外仲良くなれるのかもしれません。そうなったときには、ぜひ幸運をたくさん運んできてもらいたいものですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク