会社の忘年会が盛り上がるゲーム7選。王道から変わりネタまで並べてみた

イベント・行事

あっという間の1年が過ぎようとしています。
「今年も、我ながら仕事がんばったな~。」
とそんな風に思う中で、1年を締めくくる毎年恒例の忘年会が待っています!

忘年会では、余興を披露したりゲームを行うことで、その場が一気に盛り上がりますよね~。
ですが毎年恒例ともなると、「今年の会社の忘年会、何やろうかな~。」と単純に悩んだり、「去年もこのゲームやったから、今年もってなると『またかっ!』ってツッコまれそう…。」と思ってしまいますよね…。

そこで、ここでは会社の忘年会の王道のゲームネタから、ちょっと変わった忘年会のゲームのネタまで、幅広くご紹介します!「やってよかった!」と思える忘年会になること、間違いなしですよ~!

スポンサーリンク

会社の忘年会のゲーム!王道のネタはこれだ!

ビンゴ大会

忘年会で、王道中の王道がビンゴ大会ですよね~。
「もうちょっとでリーチだー!」「次、この数字読まれるとビンゴなんだよ~!」

と何度やっても数字を読み上げられる度にわくわくしてきます!景品が自分の欲しかったものだと、さらに燃えてビンゴに熱が入ります!

ジェスチャーゲーム

こちらも忘年会の王道、ジェスチャーゲームです。ウォーミングアップとして簡単なお題から始めて、だんだん難しいお題へと進むにつれて、盛り上がっていきますよね~。

伝える方も分かりやすいように相手に伝えているのに、なかなか相手に伝わらなくて必死になっていく様が、何とも面白くてもどかしいですよね~。つい「あれだよ!あれ!」と、ヒントを言ってしまいたくなる程、盛り上がる王道のゲームです!

クイズ大会

会社の内輪ネタでクイズ大会を行ってもよし!一般的なネタでクイズ大会をやっても盛り上がる、テッパンのゲームがクイズ大会です!

内輪ネタだとついクスクスと笑いが起きて盛り上がりますし、一般的なネタで、あえて間違いやすいクイズを出してみるのもいいですよね~。クイズのお題を考えている時から、すでに盛り上がってしまうような、王道のゲームです!

合わせて読みたい

これで一安心!忘年会の余興のネタをたっぷりとご紹介!
年末が近づくにつれて、気持ちが憂鬱になってしまうような出来事が…。 その出来事が、年末に行われる忘年会!会社の忘年会だと余興を断ることもできないですし、友人同士で行う場合、「こいつ、ノリ悪っ!」と思われてしまうので、どっちにせよ余興を断る...

「今年はちょっと変わったゲームネタで!」こんな変わったネタも…!

黒ひげ危機一髪

つい「懐かし~!」と、声が出てしまう方も多いのではないでしょうか。幼少期の頃に、一度は黒ひげ危機一髪をやったことがあるという方が多いと思います。

剣を刺す時の、あのヒヤヒヤとした感じやドキドキが何とも言えず、上の黒ひげが飛び上がった瞬間、その盛り上がりが最高潮に達しますよね!大人になった今だからこそ、もう一度あのヒヤヒヤとドキドキを会社の忘年会でぜひ!

スポンサーリンク

何を食べたか分かるかな?何を飲んだら分かるかな?ゲーム!

とてもスリルのある忘年会のゲームが、「何を食べたか分かるかな?何を飲んだか分かるかな?ゲーム」です。忘年会では、お酒やソフトドリンクを飲んだり、それに合った食事をしながら和気あいあいと過ごしますよね~。

意外と人って目隠しをされて何かを食べたり飲んだりすると、「なんか、とんでもない物を口に入れられるんじゃないか!」といった恐怖や不安が襲ってきて、このゲームではその様子がとても盛り上がります。

また、人は食べ物や飲み物を口に入れる時に、目で見て舌でその味を確かめているので、目隠しをされただけで「んっ?何この味?なんだ、この食べ物?」と突然分らなくなってしまいます。人によって、リアクションが良い人だとさらに盛り上がりますよね~!

絵で伝言ゲーム

会社で書いた字を見ることがあっても、絵を見ることってなかなかないですよね~。忘年会のゲームで、普段なかなか見ることのない絵を描いて伝言ゲームを行うことで、絵心があってもなくてもどちらでも盛り上がります。

例えば、お題をロボットにしたとします。絵心がある人だと、そのお題を聞いてお題がロボットだということを相手にすんなりと伝えることができます。ですが、絵心がない人だとロボットのバランスがおかしなことになってしまい、そのまま時間が来て、次の人へバトンタッチなんてことになりますよね。

そして最終的には、お題とは違う絵になっていて、その絵はもちろんのこと、経過も見ているのでさらに盛り上がりますよね~!「この人って意外と絵心あるんだ~!」と再発見できたり、「いつも偉そうにしてるけど、意外とこの人絵心ないんだ~!」と、違った一面を発見できるかもですよ~。

ぴったり時間を当てましょう!

このゲームは、ストップウォッチさえあればどこでもできます。例えば、時間を30秒や60秒と設定します。時間を設定したあとは、そのストップウォッチを見ずに、設定した時間だと思う時間にストップウォッチを押します。

ぴったり時間を当てることができれば、そのミラクルにかなりその場も自分もかなり盛り上がりますよね~!「あ~。おしい…!あとちょっとで設定した時間だったのに…。」なんて場合でもとても盛り上がりますよね!

まとめ

会社の忘年会で、王道のゲームネタからちょっと変わったゲームネタまで、たっぷりとご紹介しました!私自身もこの記事を書いていて、忘年会に行った気分になって盛り上がってしまいました…!笑

「会社の忘年会、何やろう…。」といった悩みが、「やって本当によかった!」と思えるような楽しい忘年会にしてくださいね~!

 

スポンサーリンク