佐賀県「萬坊」情報。呼子のイカが堪能できる日本初の海中レストラン

お出かけ

「呼子のイカ」で有名な、佐賀県唐津市呼子町へ行ってきました。
呼子は佐賀県の北の端にあり、佐賀市からも福岡市からも1時間30分ほどの距離でちょっとドライブへも最適な場所ですよ。呼子名物の「イカ刺し」って、食べたことありますか?

スポンサーリンク

「呼子のイカ」ってどんなイカ?種類や旬は?

佐賀県の呼子といえば、イカの産地で全国的にも有名ですよね。呼子では、名物のイカが1年中食べられます。それぞれ旬が違う種類のイカがとれるので、いつでもおいしいイカが食べられる、というわけです。好みのイカの旬を狙ってみてくださいね。

●透明感とばつぐんの甘みで「イカの王様」といわれるケンサキイカは、5月~11月が旬。
●甘みがあって身が厚いのが特徴のアオリイカは、11月~3月が旬。
●細長くて身が薄く、甘みが強くてゲソが短いのが特徴のヤリイカは、12月~2月が旬。

海中魚処 萬坊

海中魚処 萬坊
〒847-0304
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦

今回訪れたのは、日本初の海中レストランといわれる「海中魚処萬坊(まんぼう)」です。
呼子には名物のイカが楽しめるレストランがいろいろありますが、初めて呼子のイカを食べるというと、佐賀の人に「萬坊」をすすめられました。

営業時間

平日11:00~19:00
土日祝10:30~20:00
ラストオーダーは閉店の1時間前です。

日本初の、海中レストラン!?

海中レストランというだけあって、船のように海に浮かんでいます。
お店までは、桟橋を渡っていきます。けっこう長い距離で、50メートルくらいはありそうです。

水族館気分のお座敷で、テンションあがります

客席は地下にあって、窓側の席からは海の中のいけすが見えますよ。

ちょっとした水族館気分が味わえます。子供連れのお客さんも多くて、ちびっこは窓の外を見ておおはしゃぎでした。

ただ、近くを漁船が通るとちょっと揺れるので、船酔いしやすい人にはきびしいかもしれません。揺れる前には店内放送がありました。

店内はやや混み

土曜日のお昼すぎに行ったからか、店内は少し混んでいました。

整理券をもらったら、いけすや海を見て時間をつぶせます。浅瀬なので海の底まで見えて、きれいでしたよ。小さいフグがいっぱいいました。

このときは30分待ちといわれましたが、20分ほどで店内へ入れました。

ちなみに、15名以上の団体客以外は予約できません。萬坊以外も、呼子のレストランは予約できないお店が多いです。

こちらもおすすめ♪

滝宮天満宮の見どころ。鷽替え(うそかえ)神事の可愛いおみくじも。
滝宮天満宮と滝宮神社に行ってきました。ここは、鷽替え(うそかえ)神事にちなんだかわいいおみくじやさぬきうどんデザインの健康長寿のお守りがあり御朱印と一緒に思わず買ってしまいました(笑)見どころとアクセス方法と合わせてご紹介します。

名物のイカに舌鼓、萬坊おすすめの「イカコース」

新鮮なイカを丸ごと味わえることで一番人気なのが、「イカコース」です。

イカコースはお値段2,860円。ご当地名物のコース料理としては、お手頃価格でしょうか。コースにはイカの刺身、いかしゅうまい、小鉢、ごはん、お吸い物、フルーツがついてきます。ごはんはおかわりもできますよ。

イカ以外にも鯛やブリのコース、イカと鯛とブリの3種類が楽しめるコースなど、メニューはいろいろありました。お子さまランチ的な子供向けのメニューもあります。

いかしゅうまい発祥のお店

イカコースでは最初に小鉢、続いていかしゅうまいが出てきました。今ではイカの活造りとともに呼子の名物になった「いかしゅうまい」は、実は萬坊が元祖です。

スポンサーリンク

初めて食べましたが、イカのコリコリとした食感が強くておいしかったです。レジにはお土産用のいかしゅうまいの販売もありましたよ。

念願の、呼子のイカとご対面

いかしゅうまいの後は、ついにメインのイカの刺身が出てきます。活造りなので、吸盤にさわると指にくっついてきました。

三人前のイカの刺身の量はこんな感じです。

イカの刺身って白いイメージだし、普段食べているのも白いイカですよね。

しかし、呼子のイカは透明です。鮮度がいい証拠ですよね、なかなかこんな新鮮なイカは食べられません。

刺身の後は残ったゲソを天ぷらにしてくれます。天ぷらのほかにも、好みで煮つけや塩焼きをチョイスできますよ。揚げたてはかなりあつあつなので、猫舌なら注意してください。

刺身とは違うプリップリの食感で、天ぷらもおいしかったです。

まとめ

さすが名物といわれるだけあって、呼子のイカは新鮮でここでしか食べられないおいしさでした。呼子町には玄界灘を巡る遊覧船の「ジーラ」や「イカ丸」に乗れる、マリンパル呼子もありますよ。

名物のイカを食べたあとは、イカ型の船に乗るのもおすすめです。

マリンパル呼子についてはこちら

マリンパル呼子の遊覧船「イカ丸」 で行く玄界灘クルーズの魅力。
マリンパル呼子の遊覧船「イカ丸」に乗ってきました。断崖が波にさらわれてできた自然の洞窟「七ツ釜」も見てきたのですが、不気味な雰囲気もありつつとても迫力があります。波が穏やかな時なら玄界灘の遠くの島まで見えてとてもよかったです。今回は、マリンパル呼子のアクセス方法や駐車場情報と共に、玄界灘のクルーズの魅力をお伝えします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク