スノボ初心者が準備すべき持ち物リスト。レンタルできるものはコレ

お出かけ

初めてのスノボ楽しみですよね。でも、スノボには準備するモノがたくさんあります。スノボ初心者のあなたは、「一体、何を揃えれば良いの?」「スノボグッズを全部揃えないといけないの?」といろいろ悩んじゃいますよね。

しかも、スノボグッズってウェアやボードなどを含めると、なかなかいいお値段になります。全部揃えていたら、大変なことになっちゃいます。はっきり言って、スノボグッズは初心者なら全部揃える必要なし!

この記事では、スノボ初心者のあなたにオススメの「これだけは揃えておいたほうが良いよ」というグッズをご紹介します。ぜひスノボ準備の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スノボ初心者が最低でも準備しておきたいものリスト

こちらでご紹介するアイテムは、準備必須です!初心者ならではのポイントも解説したので、参考にしてみてください。

ヒッププロテクター

ヒッププロテクターとは、お尻部分にクッション素材がついているスパッツのようなものです。ウェアのズボンの下に履きます。初心者は、とにかくまずスノボで立つところからなのですが、これがなかなかうまく立てません。

立っては、尻もちをつきの繰り返しです。(ここでちょっと心が折れます。)そんな尻もちの衝撃からお尻をしっかり守ってくれるのが、ヒッププロテクターです。スノボ初心者なら、絶対に持って行ったほうが良いアイテムです。

帽子

友達とはぐれた際に目印になるのが帽子です。ウェアをレンタルする場合、帽子は特に重要なアイテムになってきます。なぜなら、スキー場にはあなたと同じレンタルウェアの人がたくさんいます。

そんな中、すぐに見つけてもらうためにも帽子は、派手な色や特徴的なデザインのものがいいですよ。

グローブ(手袋)

スノボ初心者は、よく転ぶので、手をつきます。その際、雪で結構濡れるので、グローブはしっかりした分厚くて丈夫なものを選びましょう。

ゴーグル

晴れた日の雪の照り返しは、想像以上に眩しいです。安全にスノボを楽しむためにも初心者だからこそ準備しておきましょう。またレンタルできるところもありますが、ゴムが伸びていたりして万全ではない状態のものもあるので、自分の顔にぴったり合ったものを購入することをオススメします。

靴下

クッション性の高い厚手の靴下がいいですよ。ブーツをレンタルした際、何度か滑っていると「あれ?なんかブーツが足に当たるなぁ」みたいな感じになることがあります。サイズが合っていても、人それぞれ足の形や歩き方の癖みたいなのがあって、だんだん足が痛くなったりするんですよね。

そんなブーツの衝撃から足を守ってくれるのが靴下です。なので、ブーツをレンタルするのであれば、クッション性の高い厚手の靴下を選ぶと良いでしょう。

インナーウェア

スノボは、ウィンタースポーツです。滑っているときは、寒さをあまり感じませんが、体が濡れて冷えたり、夕方になればやっぱり寒いです。ただ滑っている最中は汗をかいたりするので、暖かくて吸水性・速乾性があるインナーウェアがオススメですよ。

リフト券入れ

これがないと困ります。スノボウェアについているものもあるみたいですが、ないと本当に困るので準備しておきましょう。小銭なんかも入れられると便利ですね。

ゲレンデでレンタルすることも可能なものリスト

スノボグッズは、スキー場でレンタルできるものもたくさんあるので、スノボ初心者はレンタルを上手に活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

ウェア

最近は、おしゃれなウェアを貸してくれるスキー場も増えてきました。初めてスノボに行くのなら、ウェアはレンタルで十分だと思います。

スノーボード・ブーツ

大体スノーボードセットという形で、ボードとブーツの両方をレンタルしているところが多いと思います。最初は、「どんなボードがいいのか?」「ブーツはどんなタイプが自分に合っているのか?」さっぱりわかりませんよね。まずは、レンタルで滑ってみましょう!

ヘルメット

ヘルメットは必須ではありませんが、怪我が心配なら被りましょう。レンタルしているスキー場もあるので、確認してみてください。

まとめ

スノボは、揃える道具がたくさんあってどうすればいいか悩んじゃいますよね。まずはウェアとボード、ブーツはレンタルでそれ以外の小物を自分のお気に入りのもので揃えるといいですよ。

準備をしっかりして、安全にスノボを楽しんできてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク