静電気防止ブレスレットのおすすめ3選。使用上の注意もご紹介。

生活

寒くなってきて、冬の静電気が怖い時期になってきました。あの、いつくるか分からないビリビリ感だけは慣れないですよね~。

私も、ビリビリが怖くて、すべての物に触るのを躊躇してしまいます。

この記事では、静電気を防止するブレスレットの効果と、おしゃれなブレスレットをご紹介します!これを読めば、静電気に対する恐怖感がなくなることでしょう。

おしゃれなブレスレットで、静電気防止・・・ダブルの効果で、楽しい冬を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

どうして冬になると静電気がおきやすくなるのか

突然ビリビリくる静電気ですが、この静電気・・・実は湿度が大きく関係しているのです。

人間の体は常に、体と何かとの摩擦により、静電気が発生しています。夏も冬も関係なく、物に触れるたびに、体の中の静電気を帯電・放電しています。

湿度の高い夏は、空気中に水分が多いことに加え、肌の表面も水分で潤っているので、放電していても気づいていないだけで、常に放電しています。

しかし、湿度が低い冬になると、空気も乾燥して、肌の表面の水分が少なくなります。そうすると、放電しにくくなり、体の中に電気を溜め込んで、帯電状態になってしまうのです。

その状態で、電気を通しやすい金属に触ったりすると、一気に放電するので、ビリビリきてしまうのです。

家の中だけなら、加湿をしたり、保湿クリームで肌に潤いを与えるなど、乾燥を防ぐことで、少しは対策を立てることができますが、外に出たりすると対策も難しくなります。

静電気防止ブレスレットの効果は?

外に出たときに、放電を助けてくれるのが静電気防止ブレスレットです。ブレスレットをつけることで、体に帯電している静電気を、空気中にうまく放電してくれるのです。

放電することで、ドアノブなどの金属に触っても、ビリビリくることが少なくなります。多くの静電気防止ブレスレットが存在しますが、なかには、効果を感じない人もいるようです。

もしかすると、使用方法が間違っているのかもしれませんね。一度使用方法を振り返ってみましょう。

静電気防止ブレスレットの使用方法

肌に直接あたるようにつける。
隙間を作らないように装着する。
ブレスレットを衣服などで隠さず、空気に触れさせること。

正しくつけることで効果があがりますよ!また、両手につけたり、つける数を増やすと、効果が増すこともあります。

しかし、空気中に放電するブレスレットだけでは限界があります。完全にビリビリがなくなることはありませんが、かなり軽減してくれることは間違いないでしょう。

おしゃれなものもある!静電気防止ブレスレット3選

「効果がちゃんと出れば、なんでもいいわ・・・」いえいえ、そんな事を言わないでください。

せっかく腕につけるのですから、効果はもちろんですが、素敵なブレスレットを探してみましょう!気持ちもリフレッシュできるのではないでしょうか。

おすすめ商品を3点、ご紹介しますね!参考にしてみてください。

バリエーションが12タイプあり、おしゃれを意識して作られています。世界4カ国で特許を取得している、伝導繊維で作られています。

サイズ調整可能なので、ぴったりと隙間がないようにつけることができます。ワンランクアップのデザインで、つけていても気になりません!

シリコン製なので、水仕事なども気にしなくても大丈夫です。カラーの種類も豊富です。

ワンサイズで、シリコンなので、隙間がないようにつけるのは無理ですが、効果を実感している人も多いです。

導電繊維の中に胴が入っている特殊な繊維で作られています。カラーも豊富ですが、サイズも3タイプあり、自分にぴったりなサイズを選べるのが良いですね!

まとめ

おしゃれな静電気防止ブレスレット、いくつか買って、効果を比べたり、その日の気分で付け替えたりすると、気分も変わります。静電気防止ブレスレットで、ビリビリ静電気の恐怖をなんとか乗り越えたいですね。

 

スポンサーリンク