転職者への面接内容ってどんなもの?服装マナーも知っておきたい。

マナー

転職を決意して「新しい職場ではこんな風に頑張ろう!」と意気込み、まだ見ぬ新しい世界にドキドキしているあなた。

転職を決意して動き始めたものの、いざ面接の日時が決まると「面接では何を聞かれるのだろう?」、「面接時の服装のマナーはあるのだろうか?」「いったい何から準備を始めればいいのだろう…。」とふつふつと疑問が浮かんできたりしていませんか?

そうですよね。せっかく見つけたお仕事なら、絶対に受かりたいですよね。そして、少しでも受かるためにマナーを知っておきたいと思いますよね。

この記事では、転職に向けて動き出したそんなあなたに、最低限知っておきたい転職のマナーについてご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

人には聞けない、知っておきたい転職面接での服装マナー

転職するにあたって避けては通れないのが面接。

「面接の時に何を着て行けば正解なんだろう?」「そもそも服装マナーってあるの?」

そんなふうに思ったあなた。ご安心ください、今から詳しくご説明しますね。

まず、新卒で面接を受ける場合はリクルートスーツですが、転職となるとリクルートスーツではなく「ビジネススーツ」というものが主流です。

「ビジネススーツって…またスーツを新調しないといけないの?」そう思われるかもしれませんが、わざわざ新調しなくても大丈夫ですよ。

ジャケット、インナー

ジャケットは黒や紺、グレーといった濃いめの色で、インナーにはシャツやカットソーを着ましょう。

インナーの色は誰から見ても好印象の白がいいですね。白ではなくても、淡い色までなら見た目の印象も良いのですが、ここで個性を出そうとレースやフリルの可愛らしいものや濃い色、柄物というものは避けましょう。

面接官はあなたのやる気よりも、まずは服装に目が行ってしまいますからね。

ボトム

ボトムスですが、スカートやパンツとどちらでもいいのですが、ジャケットと同色にしたり、色のバランスをとったボトムが好印象ですね。

そして、転職先の職種が営業職などの動き回るお仕事ならばパンツというように、臨機応変に変えていくのもポイントです。

ベージュ系の色も女性ならではの柔らかさを表現できて良いのですが、濃い色の方が引き締まって見えますよね。

バック、時計等

バックや時計などの身につけるものは、大きくブランド名が書いてあるような高級品や派手な色は避けましょう。バックはリュックやトートバックなどではなく、面接中も自立出来るビジネスバックが最適ですね。

服装が良くてもここで面接官のポイントを落とすのは、勿体ないですからね。

靴、ストッキング

最後に足元ですが、シンプルで清潔なパンプスが無難です。

ヒールは5センチまでにして、ピンヒールのような細くて安定感のないものではなく、太いヒールの方が面接に集中出来るのであなたの心にとってもこちらが良いかと。

ストッキングも無難なベージュで、柄の入ったものは避けましょうね。

スポンサーリンク

面接官を納得させる「辞めた理由」の答えかた

「退職」というのは、どうしてもマイナスなイメージですよね。

しかし、前職のマイナスなことしか言わない姿は、面接官から見ると「やる気があるのかな?」、「嫌なことがあるとすぐ辞めて、周りにも言いまわるのかな?」とマイナスに見えてしまいます。

面接官が退職理由を聞くことは、あなたが入社してからの姿をイメージするためで、マイナスなイメージからやる気や仕事に対する想いを聞き出す手段でもあります。

となると、結構重要ですから面接前には回答の引き出しを準備しましょうね。

ポジティブに話す

「給料が安かった」や「残業が多かった」はよくある退職理由ですが、これを聞いた面接官はきっとあなたにマイナスなイメージをつけてしまいます。

例えばポジティブに話すと…

「給料が安かった」を「実績を評価してもらえたと実感出来れば、より頑張れると思った」
「残業が多かった」を「○○や△△(残業をしないために努力したこと)をしたが、改善されなかった。しかし、最善は尽くすことが出来た」

とこのように正直に話して、努力をしたことも話せばポイントアップですよね。

人は不思議とマイナスな事を聞くとマイナスなイメージ、プラスな事を聞くとプラスなイメージを持ちます。この不思議なパワーを信じてポジティブに答えましょうね。

志望動機と同じように話す

これは実体験の話なのですが、以前は事務職(営業職でもあり、サービス業でもあったような…)でしたが、接客業に転職する際に面接官に退職理由を聞かれてしまいました。

「仕事をしていく中でお客様と接することが好きになり、接客業に大変興味を持ちました」
と答えましたが、面接官にやる気は伝わったみたいで「接客業が似合いそうですね」と言ってもらえました。

これはほんの一例になるのですが、「なぜ全く違う職種に就きたいのだろう?」と面接官は疑問に思うので、職種が変わる時は特に準備していきましょうね。

まとめ

前準備をしっかりして、深呼吸をして、自信を持ってあなたらしく面接に臨みましょうね。せっかく見つけた素敵なお仕事を、面接でグッとあなたに近づけましょう。

 

スポンサーリンク