引越し手続きって何するの?役所でやるべき手続き一覧。一人暮らし編  

生活

出会いと別れ悲喜こもごも・・・
様々な事情で引っ越しをしないといけないことってありますよね。引っ越し屋さんを決めて、荷造りをし、新居に荷物を入れた後は荷ほどきをして・・・

でもちょっと待ってください。引っ越し作業って荷物を家から家へ動かして終わりじゃないんです。

今まで住んでいた自治体、これから住む自治体でやらなきゃいけない手続きがたくさんあるんですよ。リストアップして手続きのし忘れがないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの社会人が引っ越ししたらやるべき手続きリストをご紹介

それでは実際に必要な手続きとはなんでしょう。リストアップしますので、忘れずにチェックしてくださいね。

・引っ越し先が今までと同じの市区町村の場合→転居届を出す。

・引っ越し先がほかの市区町村の場合→いままでの居住地には転出届を、新しい居住地には転入届をそれぞれ出す。

・マイナンバーの住所変更

・必要な人は印鑑登録

・加入している場合は国民年金、国民健康保険の手続き

・飼っている場合は犬の登録

・原付バイクを持っている場合は、軽自動車税に関する手続き

ではそれぞれの項目についてもう少し解説しますね。

転居届

今まで住んでいた市区町村と新しく住む市区町村が同じ場合は、転居届を出しましょう。引っ越しをしてから14日以内に提出することが決められています。

転出届

今まで住んでいた市区町村から、ほかの市区町村へ引っ越しをするときは、元の住居の役所で転出届を提出して、転出証明書を受け取りましょう。これは引っ越し先で手続きをするときに必要な書類なので忘れずに受け取って、大切に保管してくださいね。

転出届の手続きができる期間は引っ越しの前後14日間です。

転入届

引っ越し先の役所に転入届を出しましょう。その時に引っ越し元で発行された転出証明書を必ず持っていくこと!引っ越しをしてから14日以内に手続きをしましょう。

マイナンバーの住所変更

マイナンバーカード、もしくはマイナンバー通知カードの住所変更も忘れずに行いましょう。引っ越し後14日以内に手続きしましょうね。

スポンサーリンク

印鑑登録

もし引っ越した先で車や不動産を購入する予定があるなら印鑑登録も忘れずに行いましょう。予定がないなら、特に必要な手続きではありません。

国民年金・国民健康保険

あなたが会社員であるなら、必要ありませんが、フリーターや自営業者であるならこの手続きが必要です。同一市区町村内での引っ越しの場合、

・国民年金→特に必要な手続きはない。
・民健康保険→住所変更をする。

ほかの市区町村への引っ越しの場合、

・国民年金→引っ越し先の役所で手続きをする。
・国民健康保険→引っ越し元で資格喪失の手続きを行い、引っ越し先で加入手続きをする。

犬を飼っている場合

同一市区町村内での引っ越しの場合、登録事項変更届を出す。

ほかの市区町村への引っ越しの場合、旧住所の役所で発行された鑑札を窓口に持っていきましょう。また、狂犬病予防注射済票が必要な場合もあるので、それも忘れずに窓口に持っていきましょうね。

軽自動車税の手続き

もしあなたが原付バイクを持っているなら、税金に関する手続きが必要ですよ。同一市区町村内での引っ越しの場合は特に必要な手続きはありませんが、ほかの市区町村へ引っ越す場合は、引っ越し先で新しくナンバープレートの交付をうけないといけないんです。

あらかじめ、引っ越し前に廃車の手続きをしてから引っ越す場合と廃車の手続きをせずに引っ越した場合で必要書類が変わってきますので窓口に問い合わせてくださいね。

住民票の手続きはマイナンバーカードがあれば楽できる!

引っ越しをしたら何かと住民票が必要な場面が出てくると思うのですが、取りに行きたくても役所は5時で閉まるから、仕事の関係でなかなかとりにいけないってことありますよね。私も勤めている時は同居の親族に頼んで取ってもらっていました。

でも、頼める人がいないと自分で取りに行かなきゃいけないわけだけど、仕事が抜けられない・・・そんな悩めるあなたに朗報です。マイナンバーカードがあれば、コンビニのマルチコピー機で住民票の写しを取ることができるんです!

コンビニでの交付可能時間は朝6時30分から夜11時までです。土曜・日曜・祝日も交付可能ですが、年末年始だけはお休みです。

なんて便利なのでしょう。これで役所が開いてる時間に行けなくても住民票を取ることができますね。

まとめ

いかがでしたか?引っ越しにともなう手続きって本当にややこしいですよね。私も4回ほど引っ越しの経験がありますが、役所を出てからし忘れに気づいたりして、役所にとんぼ返りしたことがありました。

今回ご紹介したリストがあれば、忘れずに手続きできますね。ぜひ役立ててくださいね。

 

スポンサーリンク