目元のたるみは老け顔の原因!ついやってしまう間違った解消法8つ

からだ

「あれ?なんだかお化粧のノリが悪いなあ・・・」
シミ、シワ、たるみ・・・女性の肌には悩みが尽きないものです。目元の笑いジワに始まり、シワにファンデーションがたまってきれいに見えなかったり、たるみのせいで目の下に影ができてしまっていまいちな仕上がりに見えてしまう・・・

せっかくきれいにお化粧しても、鏡を見るたびにため息が出ちゃいますね。私も電車に乗っていた時、窓に映った自分を見て、このくたびれたおばさん誰なの?とびっくりしたことがあります・・・

ちゃんと毎日ケアしているのに、どうしてなの?って思いませんか。もしかしたらあなたが毎日せっせとやっているケア、間違っているかもしれません!正しいケアを知って、シワやたるみを撃退しましょう。

スポンサーリンク

目元の乾燥はたるみ、シワの大敵!間違ったケアで悪化することがある

きれいになーれ、きれいになーれと毎日がんばってる目元のケア。でもちょっと待って!それって本当に正しいの?せっかくケアしているのに間違ったケアだと改善するどころか悪化してしまいます。

とにかく保湿!とばかりに保湿クリームを目元のシワができた部分に塗りまくっているあなた。それだけじゃダメなんです。シワの部分だけじゃなくて、そこも含め目の上やまわりにも保湿クリームを塗りましょう。

塗りすぎはベタつきやテカリの原因になるので注意して。血行をよくするためのマッサージ。これも正しくやらないと逆効果です。

目元の皮膚はとても薄いから、力が強すぎると大ダメージを受けてしまうのです。マッサージをするときは指の腹を使い、力を入れずにやさしくを心がけて。あと目尻から目頭に向かってマッサージをしましょう。

注意しなきゃいけないのが、目の上は逆に目頭から目尻に向かってマッサージが正しいです。方向を守ってくるくるマッサージをしましょうね。お肌をこすったり、ひっぱったりなどの強い刺激もご法度です。

クレンジングや痒みでゴシゴシしてしまいがちですが、やさしくやさしくを心がけましょう。

スポンサーリンク

目元の乾燥やヒリヒリ感。放置したら大変なことに!これをやってはNGです。

いつもの化粧水がしみる・・・よくみたらカサカサしてる・・・乾燥してるなぁ・・・ってときにやってはいけないことをご紹介します。

乾燥している肌は少しの刺激にも敏感です。洗浄力が強すぎるクレンジングはお肌に大きなダメージを与えてしまうので、お肌に優しい成分のクレンジング剤を使うようにしましょう。

アイメイクを落とすときもゴシゴシこすっちゃうのはNGです。クレンジング剤をしみこませてやさしく落としましょう。洗顔も要注意です。

お湯で洗うと余分な皮脂まで洗い流されて乾燥の原因になります。

タップリ泡立てた泡で優しく汚れを落とし、ぬるま湯で洗い流しましょう。ダブル洗顔不要のクレンジングで洗顔の回数を減らすのもいい方法ですね。スクラブやピーリング剤の使い過ぎもNGです。

肌本来のうるおいを保つ力が弱まってしまうからです。スペシャルケアは用法・容量を守って、適切な頻度で行いましょうね。手軽に保湿できる化粧水スプレー。便利ですよね。

デスクの上に置いておいて、シュッと一吹きでうるおい補給。でも、スプレーをするだけでは逆に乾燥してしまうって知っていましたか?スプレーの後は、乳液などでフタをしてあげれば乾燥を防ぐことができますよ。

あと意外かもしれませんが、コーヒーなどのカフェインの取りすぎも乾燥の敵なんです。カフェインの利尿作用が水分不足を招き、結果乾燥してしまうんです。大好きなコーヒーもほどほどにしましょうね。

いつも3杯4杯とコーヒーを飲む方は、そのうち1杯をお白湯やノンカフェインの飲み物に変えてみましょう。

まとめ

あなたの毎日のケアと比べていかがでしたか?洗顔につかうお湯の温度やマッサージの向き、生活習慣など、ちょっとしたことだけど、これらに気を付けてケアすることによってあなたの悩みは解消されます。

正しいケアで美しさに磨きをかけましょうね。

 

スポンサーリンク