スノボの初心者もこれで安心!定番のセットはコレ!

お出かけ

冬本番!スノボを始めてみようかな?なんて思っているあなた。でも、どんなものを準備するの?どんなものがいいの?少し不安になりますよね。大丈夫ですよ。スノボに必要な最低限のものから、あれば安心なものまで細かくご紹介していきます。そして私が初心者の頃に失敗したこと、あればよかったものも紹介していきますね。ぜひお読みください。

スポンサーリンク

スノボの時の服装で一式揃える最低限のものって?

スノボでは服装が大事ですよね。寒さ対策もしっかりしておきたいところ。機能性も大事ですがやっぱりカッコイイのが着たい!もちろん小物も忘れずに揃えて下さいね。ウエアだけ持って行っても結局寒い。楽しめない・・・なんてことになると悲しいですからね。

外見は?

外見でいうと、ウエア、手袋、ネックウォーマー、ニット帽ですね。ウエアは体に合ったものにしましょう。ポケットが多いものだとなにかと便利ですよ。

手袋はインナー手袋が付いているものが楽ちんです!普通の手袋の中にもう一つ手袋がある感じです。普通の手袋をはずしてインナー手袋のままスマホが使えるものも多いのでぜひ見てみてください。

ネックウォーマーは、インナーでタートルネックを着るなら必要はないと思います。ただそれだけでは寒そうと思う方は持って行っても損はしませんよ。

ニット帽は、できればシンプルなものがおススメです!ボンボンが乗っているもの、ぶら下がっているものだと凍って重たくなってしまいますよ。可愛いんですけどね・・・。

インナーは?

ウエアの中は、ヒートテック(上・下)、厚手の靴下(なければ靴下2枚履き)、パーカーorスウェットがあれば大丈夫ですよ。できるだけ暖かくしていけば間違いないです。とっても寒いので、動いて体が温まるまで結構しんどいです。

動いて温まってくると熱いくらいになりますが(笑)

初心者だからこそ持ってて安心のモノって何?

 私が初心者の頃、持って行けば良かった、あれがあれば良かったなって思ったものを紹介していきますね。

 着替え

本当にこれは失敗しました。あんなに濡れてしまうとは。もちろん普通に着替えは持って行ったんですよ。でも下着まで濡れてしまうとは…。転んでばかりだったので結構下着まで濡れてしまったので、靴下・下着は持って行ってください。

 身分証明書

板やブーツをレンタルする人は必ず必要になるので財布に入れていきましょう。無いとレンタルできなくて何をしに来たの?ってなっちゃいますよ。

 日焼け止め

日差しがなくても雪山って結構焼けます。空からの紫外線+雪からの照り返しで真っ黒になってしまうのはさけたいですよね。気を付けてくださいね。もう1度言いますが結構焼けます。

 リップ

乾燥が激しいのであれば安心です。私は1番最初に行った時は次の日、しんどかったですよ。パサパサしてしまって、なんでだろうと考えていたら原因はスノボでの乾燥でした。今では必需品です。

 防水スプレー

きっと沢山転んでウエアも濡れてしまいます。お尻とひざは必ずスプレーしましょう。できれば全体的に。そして忘れがちなのが手袋です。結構手をついてしまうんです。忘れると終わるころには手がキンキンに冷えてしまうなんてこともありました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?少しは不安が和らいだでしょうか。楽しめるように最低限の準備はきちんとしていきましょうね。寒さ対策、日焼け対策は必ずして行くといいですよ。

『もう次は行きたくない』なんて気持ちになってしまうのは悲しいですよね。スムーズに滑れるようになると、とっても楽しいです。

滑る前の基本的な準備、また準備運動は必ず行ってくださいね!誘ってくれたお友達にも確認をしてもらうと安心ですね。では楽しいスノボシーズンを思う存分楽しんできて下さい!

 

スポンサーリンク