お正月の遊びを子供と楽しもう!昔ながらの遊びを屋内・屋外別に紹介

イベント・行事

あけましておめでとうございます。
お正月は家族が揃ってゆっくり過ごせる大切な一時ですね。

それなのにお父さんは朝からテレビ、子供たちはゲームに夢中…。せっかくのお正月が、いつもの休日になってしまってはもったいないですよね。

一年の計は元旦にあり。家族みんなで遊びたい。さらに日本の伝統的な遊びを子供たちに伝えられたらいいですよね。でも、子供が面白いと思ってくれるか心配…

大丈夫です。意外に学校や幼稚園ではヨーヨーやけん玉が大流行したり、お手玉も子供たちにとっては珍しいようです。うちの子も欲しがったので、売ってるお店を探す方が大変でした。
昔ながらのお正月遊びは、みんなで楽しめるものばかり。小さなお子さんでも楽しめます。

家族みんなで楽しいお正月を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

温かいお部屋で遊びたい!屋内でできるお正月遊びはこれ

カルタ取り

小さなお子さんにはいろはカルタ、小学校高学年のお子さんには百人一首がいいですね。いろはカルタはことわざの勉強にもなるし、遊びながらひらがなを覚えるのにとても効果的です。

百人一首は、最初のうちは昔の仮名遣いや古語に慣れなくて戸惑うかもしれませんね。でも古典に親しむいい勉強になりますし、現代語にはない古語の言い回しが雅(みやび)な気持ちにさせてくれますよ。

福笑い

みんなで初笑いをするのにおススメです。とてもシンプルな遊びなので、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒に遊べます。

福笑い用の絵をお子さんに描かせてもいいですね。自分が描いた絵で家族みんなが遊んでくれたらお子さんもとても嬉しいと思いますよ。

コマ回し

これも伝統的な遊びですね。回っている時間の長さを競ったり、自分のコマで相手のコマをはじいたり色々な遊び方がありますね。コマは折り紙でも作れますよ。

カラフルでよく回る折り紙コマを紹介します。小さなお子さんには少し難しいので、おうちの人と一緒に作ってみてください。

【折り紙】こま 作り方 折り方【子ある日和】

すごろく

家族が揃うお正月にぴったりの遊びですね。人生ゲームが定番でしょうか。これも下のような感じで簡単に手作りしてみてはいかがですか?

すごくざっくりしていますがこんな感じで、このマスには「一回休み」にしよう。ここは「スタートに戻る」にしてみようかな…など好きにルールを書き込んでみてください。
子供と一緒にわいわい言いながら、作るときから楽しんでくださいね。

活発に動いて遊びたい!屋外でできるお正月遊びはこれ

凧揚げ

ある程度風が吹いている日は、凧揚げ日和です。冬はついつい家の中で過ごすことが多いですよね。ここぞとばかり、お父さんお母さんも走って体を動かしましょう。
和凧よりもビニール製のカイトのほうが上げやすいので、初めて凧揚げをするお子さんにはカイトがいいかもしれませんね。

下に紹介する動画は竹ひごなしで、レジ袋で簡単に作れてしかもよく上がる凧の作り方を紹介しています。袋に好きな絵を描いて、凧揚げを手軽に楽しんでみてください。

製作 スーパーの袋がよくあがる凧に変身

凧揚げの際は、グランドなど広い場所で遊んでください。特に電線には気を付けてくださいね。

羽根つき

羽根つきは一年の厄をはね、子供の健やかな成長を願うものだそうです。失敗すると顔に墨を塗るのも、魔除けの意味があるそうですよ。こちらもダンボールで作れる動画をご紹介します。

長さを測ったりカッターで切り取る作業があったりしますので、難しいところや危ないところはお父さん、お母さんがやってあげてください。

ダンボール 「羽子板と羽」 の作り方 【手作りおもちゃ・簡単工作】

ダンボール 「羽子板と羽」 の作り方 【手作りおもちゃ・簡単工作】

まとめ

いかがでしたか?
昔ながらのお正月遊びは、小さなお子さんでも楽しめるものばかり。持っていなくても簡単に手作りできるものもありますので、是非家族みんなで楽しんでみてください。

良いお正月になるといいですね。

 

スポンサーリンク