毛穴の黒ずみには保湿が効果的。乾燥しがちな季節は特に注意!

美容・髪型

黒くてポツポツした毛穴…。鏡を見ると目立っていて嫌ですよね。洗顔をしても中々消えなくて、悩んでいませんか?

私もしっかり汚れを落としているつもりでしたが、黒ずみが消えなくて「あぁ、もうどうすれば消えるの?」と、困っていたことがありました。

毛穴の黒ずみを改善するには、汚れを落とすだけではダメだということはご存知でしょうか?実は、落とした後にきちんと保湿をすることがとても大切なんです!

私もきちんと保湿をするようになってから、黒ずみが薄くなってきたのを実感しています。

この記事では、毛穴の黒ずみに悩むあなたのために、保湿をすることがどれほど大切なことなのかをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

あなたのタイプは?毛穴の黒ずみ原因には種類がある

毛穴に角栓が詰まり酸化する

ケアのしすぎで皮脂を取りすぎてしまったり、保湿が不十分で肌が乾燥していたりすることで、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

角栓とは、その過剰に分泌された皮脂、メイク、ほこりなどの汚れと角質が混ざることによってできたもののことを言うのですが、こうしてできてしまった角栓が、毛穴に詰まっている状態で酸化すると、黒くなるので、毛穴の黒ずみに繋がります。

毛穴が開いて影に見える

乾燥すると皮膚の弾力が失われ、ハリのない肌になります。そのため毛穴がたるみ、開いて毛穴に影ができるので、黒く見えてしまいます。

また、前述のとおり、乾燥は皮脂が過剰に分泌される原因です。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、毛穴は広がり、結果的に影を作ってしまいます。

メラニン色素によるもの

乾燥していると、ターンオーバーも乱れてしまうため、紫外線を浴びるなどして作られたメラニン色素が、うまく排出されずに蓄積され、シミになります。

また、乾燥は肌のバリア機能低下も引き起こし、紫外線のダメージを受けやすくなるため、メラニン色素が蓄積されやすく、シミができやすい状態にもなってしまうのです。

毛穴周辺でシミができると、毛穴が黒く見えてしまいます。触ったときにざらつきを感じない場合は、シミによる黒ずみの可能性が高いです。

毛穴の黒ずみに保湿が効果的な理由

3つの黒ずみの原因を挙げましたが、なにか気が付いたことはありますか?そう!どの原因にも共通していることは「乾燥」なんです!乾燥は「百害あって一利なし」ですね。

もちろん、保湿の前にすることとして、毛穴の黒ずみ改善のため、正しく洗顔を行い、角質のケアをしてあげることも大切ではあります。

その後のケアとして、保湿をしっかりと行い、肌に潤いを与え、毛穴の周辺の皮膚をふっくらとさせてあげることで、毛穴は段々と目立たなくなっていきます!

保湿アイテムの選び方

しっかり保湿ができる高保湿タイプのものに加え、美白ケアも一緒にできるものを選ぶと、メラニン色素によって黒ずんでしまった毛穴にも効果的なのでおすすめです。

美白ケアの商品によく使われている「ビタミンC誘導体」という成分ですが、この成分は美白だけではなく、様々な肌の悩みに効果があります。

・皮脂の過剰な分泌を抑える

・メラニン色素の生成を抑える(シミを予防する)

スポンサーリンク

・抗酸化作用(アンチエイジング)

・コラーゲンを生成する助けをする(たるみに効く)

などの効果が期待できるので、黒ずみ毛穴のケアにおすすめの成分なんです!保湿アイテムを購入される際には、ビタミンC誘導体が入っているかもチェックしてみてくださいね。

まとめ

毛穴の黒ずみ対策には、保湿をすることがとっても大切だということが、お分かりいただけましたか?

これからの季節、段々と寒くなって、空気も乾燥してくるので、より一層肌の乾燥には注意していきたいですね。保湿をしっかりして黒ずみのない肌を目指しましょう!

 

スポンサーリンク