子供の上手な寝かしつけのコツを保育士が伝授。保育園ではどうしてる?

子供・育児

子供がお昼寝のうちに家事を終わらせたい!でもなかなか寝てくれないのが現実・・・そうですよね、寝たと思ってそばを離れようとした瞬間起きたり、なかなかお昼寝モードになってくれなかったり。

それから保育所に通わせているご家庭は、保育所と同じリズムでお願いします。と言われた。そんな方もいるはずです!
寝ないもんはしょうがない!じゃー保育園のやり方を教えてよ!!

わかりました。この記事では保育園でどのようにして寝かしつけているのか、寝かしつけのコツを、保育士のエツコがお教えします!ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

落ち着く、空間作りー保育所では?

保育所では、基本お布団を並べて寝ています。ほとんどの子が抱っこではなく、お布団に自分からゴロンと横になってくれます!そこまでにいくのはもちろん習慣になっているからです。
慣れてくれば自分でスヤスヤ寝てくれちゃいますよ!!

最初はもちろん抱っこでしか寝れない子もいます。でも、1歳ともなると段々重くなってくるし、ママの負担になっちゃいますよね。保育士も負担です!!十何人もいっきには抱っこできませんもん・・・。

保育所ではこうしてます。

眠る前に同じ習慣を!

毎日、毎回同じ習慣をつけてあげます。この時間は眠る時間!繰り返すことで1歳でもきちんと理解してくれます。

保育園では絵本の読み聞かせや、歯磨きをしたり。1回座って落ち着ける時間を作ってあげましょうね。
遊びから急に「寝なさい」「寝る時間」と言われても、頭の中も、心の中も興奮状態で寝れるはずがないじゃない。だから落ち着ける時間が大切なんです!

それから、「おやすみなさい」の一言を忘れずに。目と目を合わせてスキンシップ、それだけでも子供は落ち着きます。

オルゴールをかける

今は、CDでもスマホでも、音楽やオルゴールが楽しめますよね。それを使っちゃいましょう!テンポのゆっくりしたものがおススメです。
大人でもにぎやかな曲で眠れ!と言われても無理ですよね(笑)ゆったりとした気持ちで眠らせてあげましょう。

電気を消してうす暗く

真っ暗では子供の顔も見れないし様子も分からないので、うす暗いくらいがちょうどいいですよ。何か変化があればすぐわかる暗さにしてくださいね!そしたらママも安心して家事がしやすいですね!

寝かしつけのコツ!

寝かしつけといっても、その子によって落ち着く方法はさまざまですよね。
どんな方法があるの?私が試してきた方法は・・・

トントン&さすり

もちろんあなたもやってますよね。子供の心音に合わせてトントンしてあげると、落ち着いてくれますよね。プラスでさすってあげると、より効果的だったりします。
トントン、さすって、と繰り返すと寝てくれちゃいます。

おでこや眉間をなでる

おでこから目にかけてなでることによって、段々とまぶたが落ちていきやすくなります。アイマスクと同じ原理ですね!この時、子守唄や鼻歌を歌ってあげるといいですね!!

体を密着させる

人の体温って温かくて落ち着きますよね~。子供だって、お母さんのぬくもりが大好きなんです。抱っこでなくても添い寝をすることで安心してくれるはず!
これも1つのスキンシップですね。

スポンサーリンク

あなたがあせらないように

子供ってママの気持ちに敏感なんですよね。あなたがあせって「寝かせなきゃ」「早く寝てちょうだい」なんて思っていると、子供ってわかっちゃうんですよね~。なんかママ機嫌悪い?もっとかまって、なんて思っているかも。

だから子供が落ち着く前に、まずあなたが落ち着いた気持ちになりましょう。それだけでも落ち着いた雰囲気になるはず!

まとめ

なかなか寝てくれなーい。そんなにあせらないでゆっくりと、毎日同じ習慣が身に着けばちゃんと寝てくれます。まずは落ち着いた雰囲気作りからしていきましょう。あなたが頑張っているのは子供も分かってくれるはず。

スキンシップをとりながら、その子にあった寝かしつけ方を見つけてあげて下さいね!少しでも参考になれば嬉しいです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク