意外と簡単!幼稚園で使うマチ付き巾着袋の作り方。裏地なし。ひも両側。

子供・育児

娘の入園以来、年に最低1枚は巾着袋を縫わされているような気がするのですが、うちの幼稚園だけでしょうか?今回は運動会で使うボリュームのあるポンポン入れ。ふっくらしまえるようにマチを付けて仕上げました。

はて、マチとは?
袋の底面のことです。このマチがあることで袋に厚みがもたされ、ぺしゃんこになるのを防いでくれます。

入園準備で巾着袋を作ったことのあるあなたも、次はマチを付ける方法をぜひマスターしてみてください。成長とともにこれからかさの増える小学生の体育着袋や、自分用のトートバッグなどにアレンジができますよ!

スポンサーリンク

まずは、普通通りに巾着袋を作っていこう

布を希望のサイズに裁断し、両端にジグザグミシンをかけてほつれ止めをしておきましょう。

 

次に布を中表(なかおもて)にして二つ折りし、両脇を縫います。この時、一番上まで縫ってしまわないようにしてください。
紫のペンで布に印をしてありますが、紐を通すトンネルの分と、さらに開き口の分を数センチ確保しておきます。開き口を少しとっておくと、子供がものを出し入れするのにも使いやすいんですよ。

 

上部を残して両脇が縫えたら、縫い合わせた辺の縫いしろを開いて平らにならします。そしてまだ縫っていなかった開き口の周りを、コの字に囲むように縫います。(写真の紫の線)

ここでひと工夫!マチを縫う

袋が中表(なかおもて)になった状態で、袋の下の両端をそれぞれ三角につぶします。

 

袋の底の中心線と脇の縫い線がぴったりと重なるように、注意です。針を布に対して垂直に刺すと、揃っているかどうかが確認できます。

ここで、ずれないようにするためのポイントを伝授します!
袋を開く前に、袋の底にしっかり折り目をつけておくか、消えるペンなどで印をつけて中心線をはっきりさせておくと、合わせやすくなりますよ。

写真のようなポコポコした布でアイロンがかけられない場合や、厚手の布で作ることもあるので、私は迷わず消えるペンで線を引いちゃいます。
100円ショップにも販売があり、数日後には本当にすっかり消えてしまうので、重宝しています。(キワなので線がちょっと見えづらいですネ)

 

きれいな直角二等辺三角形につぶせたら、希望の底の幅になるように線を引きます。辺の長さのバランスに気をつけてください。矢印をつけた3辺の長さが等しくなるように、が正解です。

2ヶ所どちらも準備ができたら、線の上をまっすぐ縫います。

もうすぐ完成!いっきに仕上げよう

マチが縫えたらあともう少しです。袋の入れ口を三つ折りにして、縫います。両方から紐を引っぱる巾着にしたいので、紐2本が通るぶんの幅が必要になります。

最後に、紐を通して完成です。
袋の横幅の2倍+結び目ぶんの長さに切った紐を右から左にUの字で通し、さらに左から右へもUの字に、二重に通すと両方から引けるようになります。

必要に応じてネームタグを付けたり、ワッペンやレースでデコレーションしても良いですね。お子さんと一緒に選んだり配置したりすると、より一層気に入ってもらえます。

まとめ

写真とともにお伝えしてきましたが、いかがでしたか?一度経験してしまえば、どんなサイズの巾着でもマチをつけることができますよ。

私はこの技法を使って、座布団のカバーを作ったり(紐を通すのではなく、マジックテープで閉じてゴムを縫い付けるだけです)、床に直置きでほこりまみれになっていたキーボードのカバーも自分で作ってみました。
横幅は100センチ、厚みは15センチが必要な大作でしたが、作り方は一緒なのでそんなに困ることはありませんでしたよ。

巾着を作ることができたら、あなたもぜひ何か他のものにも応用してみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク