これさえあれば大丈夫!赤ちゃん連れの帰省で必要な持ち物リスト

お出かけ

小さな赤ちゃんを連れての帰省は楽しみの反面、何を持っていけば良いのか、本当に必要なものが分からなくて不安になることもありますよね。

赤ちゃんが生まれて初めての長距離移動&お泊まりとなると尚更悩んでしまいます。一般的な持ち物から、あると便利なものまで、詳しくご紹介していきます。

帰省するときの持ち物リストとして、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

必須!忘れちゃいけない持ち物

帰省先は遠方の場合が多いので、必要なものはたくさんありますが、これだけは“絶対”に忘れちゃいけない持ち物をご紹介します。

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 乳幼児医療証
  • 薬(かかりつけで処方してもらった常備薬があれば)
  • おむつ
  • おしり拭き(全身に使用可、トイレで流せるタイプだと◎)
  • 哺乳瓶
  • ポット(お湯・湯冷まし用)
  • ベビーフード又はおやつ
  • 飲み物又はミルク(ミルクはキューブタイプがコンパクトでおすすめ)
  • 着替え一式
  • おもちゃ
  • 抱っこ紐又はスリング
  • 授乳ケープ
  • 食事グッズ(離乳食が始まっている場合)
  • ビニール袋(中身が見えないタイプだと◎)
  • タオル又はガーゼ
  • 簡易救急箱(包帯、絆創膏、消毒液など)

ひとまず、これがあれば何とか行きの道のりは安心です。代用が出来るものはなるべくひとつに絞ることで荷物が減るので、負担が軽減できます。

例:タオルやガーゼでスタイの代わりに。全身に使用可のおしりふきで、ウェットシートの代わりに。中身が見えないビニール袋で、ゴミ袋やおむつ袋、小分け袋などの代わりに。

マザーズバッグに入れておきたい手荷物は?

“必須!忘れちゃいけない持ち物”に加えて、帰省するときに必要な手荷物はこちらになります。

  • ハンカチ、ティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • 防寒着(暖かい時期でも冷房避けとして使います)
  • パジャマ(普段着の着替えをパジャマとして代用しても◎)
  • ベビークリーム
  • ベビー綿棒(袋分けされているものだと衛生的で◎)
  • 洗剤類(ボディソープ、シャンプーなど)
  • 歯ブラシ
  • ジップロック
  • スタイ(食事用には使い捨てが◎)
  • おしゃぶり(普段から使っていれば)
  • ベビー用体温計
  • ベビー用爪切り

余裕があれば持っていきたい赤ちゃんグッズ

荷物に余裕がある場合に持っていきたい、あったら便利なグッズを紹介します。

チャイルドシート

帰省先でも車移動の場合は必要になります。用意してくれていれば問題ないですが、大きく重さもあるのでレンタルをおすすめします。

ベビーカー

抱っこ紐があれば一通りカバー出来てしまいますが、長時間の移動で疲労が溜まっている身体で、抱っこ紐を使うのはかなりハードだと思います。

帰省先でも有意義な時間を過ごせるよう、ベビーカーがあると便利ですね。

DVD

おもちゃ、絵本の他にも、好きなDVDがあれば、ぐずってしまった時に助かります。帰省する時期にもよりますが、特番続きで子供向けのテレビがいつもの時間にやっていない場合もありますので、その時に役立つのがDVDです。

ブランケット、ショール

急な天候や気温の変化、冷房よけとしても使えます。お昼寝のときの掛け布団としても活用できますし、普段から使っているものがあれば、お子さんも落ち着きますよね。

バウンサー

サイズはそこまで大きくないですが、車に積める場合や前もって郵送しておくことをおすすめします。バウンサーがあると小さめのベビーベッドとしてお昼寝するときに活躍します。両親以外の方があやす際にもとても便利です。

合わせて読みたい

赤ちゃん連れの帰省の注意点と必需品!移動、食事、宿泊を乗り切るコツ
赤ちゃんを連れての帰省は、気を付けたいポイントがいくつかあります。長距離の移動や、いつもより不自由に感じる慣れない場所での連泊が少しでも“楽しく”そして“快適に”過ごせるように、シーン別に分かりやすくご紹介していきます。是非、参考にしてみてください。

持ち物を減らす裏技紹介

なるべく持って行くものは必要最低限にしたいですよね。そんなときにおすすめの裏技をご紹介します。

スポンサーリンク

現地調達できるものはする

紙おむつ、おしりふき、粉ミルク、ベビーフード、ビニール袋、タオルなど、ドラックストアやコンビニでも購入出来そうなものは、移動の際に使う分だけ持参して、帰省先で購入すれば最低限で済みます。

前もって郵送

大きいものやかさばるものは先に郵送しておくことで、少ない荷物で負担が減ります。但し、急な天候の変化や配送トラブルも視野に入れておきましょう。

圧縮袋を利用する

衣類やタオルなどは、圧縮袋でぺたんこにすると、たくさん詰め込めるので着替えも余分に持って行くことが可能です。

使い捨てのものを選ぶ

スタイ・洗剤類などは、使い捨てやトラベルサイズがおすすめです。スタイの使い捨ては洗濯する手間も省けますし、すぐに捨てることが出来るので外出先でも重宝します。

自分の荷物を減らす

お子さんの荷物は、万一のために準備するものが多くなりますが、自分たちの荷物は最低限で何とかなってしまいます。不便にならない程度に、本当に必要なものだけを見極めて持って行きましょう。

まとめ

遠方への帰省は、足りない物が無いかどうか心配になってしまいます。だからと言って、必要なベビーグッズ全てを持っていくことは現実的に難しいですよね。

必ず必要なもの、前もって郵送できるもの、現地調達出来るものを見直しながら準備していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク