赤ちゃんの日焼け止めの選び方。正しい塗り方落とし方は?

子供・育児

夏になって、気になるのが紫外線。
紫外線の害は、赤ちゃんも容赦なく襲います。

大切な赤ちゃんの肌を、しっかりと守るために、正しい知識で日焼け止めを使ってあげたいですよね。

でも赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗っていいの?
どんなものを選んだらいいの?
どうやって落としたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めの正しい選び方

赤ちゃんの肌は日焼け止めで守りましょう

赤ちゃんの肌は、厚さが大人の半分程度しかなく、非常にデリケートです。
月齢が低いほど紫外線のダメージを受けやすいんです。

日差しが強いと、場合によってはやけどのような状態になってしまうこともあります。
足や腕、顔などの露出している部分には、早いうちから日焼止めで対策してあげてください。

昔は太陽の下で日光浴をすることが奨励されていましたが、今は「外気浴」に変更されています。
紫外線を浴びるとそれが確実に体内に蓄積され、何十年後かに、シミやシワ、皮膚がんなどを引き起こす原因になります。

「いつから塗っていいのか?」は、迷うところです。
諸説ありますが、一般的には生後3か月と言われています。

新生児でも塗れる日焼け止めも市販されていますが、生後3か月までは、日焼け止め以外の方法で紫外線から守ってあげた方が安心です。

生後3か月までの日焼け対策

生後3か月までは特に肌が敏感。
できるだけ日焼け止めは使わずに、こんな方法で紫外線対策をしてあげましょう。

  • 朝のうち、夕方以降などの日差しが強くない時間帯に外出する
  • 移動は日陰を選ぶ
  • ベビーカーや車にはサンシェードや布などで日よけを作る
  • UVカットの服や帽子を着せる

正しい日焼け止めの選び方

ベビー用を選ぶ

まず、基本的に日焼け止めは「ベビー用」と書いてあるものを選びます。
大人用はダメです。少なく塗ってもダメです。刺激が強すぎるからです。

新生児など、月齢が低い赤ちゃんも使えるものがありますので、パッケージをよく読んでチェックしてください。
無香料・無着色のものを選ぶと、肌への負担がより軽くなります

簡単に落とせるものを選ぶ

クレンジング不要の日焼け止めを選んでください。クレンジングは肌に負担だからです。
お湯や石鹸で簡単に落ちるものを選び、ストレスなくさっと落としてあげましょう。

スポンサーリンク

SPFが高いと刺激が強い

PFが高いほど紫外線から肌を守ってくれそうですが、実はSPFが高いと肌への刺激が強く、石鹸でも落ちにくくなってしまいます。

日常生活でつける場合は、SPFは15~20程度、PAは、+が1つのもので十分です。
海やプールに行くときには、SPF30以上を選んであげてください。

化学原料は避ける(ノンケミカル)

日焼け止めの中には、「紫外線吸収剤」を含むものがあります。
これは肌を化学反応で守るための成分で、刺激が強いため避けた方が無難です。

「ノンケミカル」・「オーガニック」の表示があれば安心です。

赤ちゃんの日焼け止めの正しい塗り方

赤ちゃん用の日焼け止めを、できるだけ薄く塗り、2時間を目安に塗りなおすのが正しいやり方です。
のびがよくてムラにならない日焼け止めを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方

日焼け止めがいつまでも肌に残っていると、肌荒れの原因になってしまいますので、おうちに帰ったらお風呂でちゃんと流してあげてください。

石鹸やお湯で落ちるタイプの日焼け止めを購入するのがコツです。
あとは各日焼け止めの注意書きを読んで、正しい落とし方で落としてあげてくださいね。

赤ちゃんの日焼け止めで気を付けること

パッチテストが安心

ベビー用とはいえ、すべての赤ちゃんの肌に合うわけではありません。
あらかじめパッチテストで肌荒れしやすさをチェックしておくと安心です。

誤飲に注意

日焼け止めの誤飲にも注意しましょう。
蓋はきっちり閉めて、使ったら必ず片づけるようにしましょう。

赤くなったら

日焼けをして肌が赤くなってしまったら、冷たく濡らしたタオルで冷やしてあげてください。

おすすめの日焼け止め

この日焼け止めは、なんと虫よけも兼ねてます。
お肌に優しいのはもちろんなんですが、ベタつかずに薄く塗れて、天然アロマなので、すごく満足とお友達が言ってました。
新生児の肌にも使えるタイプです。

まとめ

赤ちゃんの肌は、白くて柔らかくて、日焼け止めなんか塗ったらいけないような気がしてしまいますが、
紫外線を浴びる方がずっと可哀相。
できるだけ刺激の少ない日焼け止めを選んで、しっかりと対策してあげたいですね。

いつまでも可愛くて綺麗な肌を保てますように^^

スポンサーリンク