浴室のカビの撃退は、家にある洗剤で大丈夫? 上手な落とし方をご紹介。

家事、料理

1日の疲れを癒してくれる入浴タイムは、至福の時間ですよね。でも困ったことに、浴室って家の中で最もカビの生えやすい場所なんですよね。

カビって一度生えてしまうとなかなか落ちませんよね。あなたも頑固な浴室のカビ汚れに困っていませんか?そうですよね。浴室は身体を綺麗にするところなのに、カビが生えたままガマンするなんてイヤですよね!

今回は浴室のカビの撃退方法についてご紹介します。身近な洗剤で簡単にお掃除することができますよ!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まずカビの種類とその原因を知ろう

お風呂でよく見るカビの種類について

黒カビ

斑点状の黒いカビで、浴室カビの中で最も多いのがこの黒カビです。湿度が高く、濡れている場所を好むので、浴室内は格好の生息場所といえます。根を張り、奥深くまで入り込んで生息するという特徴があります。

青かび

青緑色でビロード状のカビで、日常的によく見られるカビです。食品に発生することが多いこの青カビですが、湿度を好むため浴室内に発生することもあります。

ススカビ

黒カビ、青カビとともに日常的によくみられるカビの一種で、こちらも高湿度を好み、浴室内でも発生が見られることがあります。
胞子がとても軽く、空中に舞いやすいためアレルギーの原因になりやすいことで知られています。

赤カビ

正確には、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌の一種で、高温多湿を好み、水回りに多く発生する、ヌルヌルとしたピンク色の汚れです。
黒カビのように根を張るわけではないので、汚れはこする程度で簡単に落ちますが、繁殖速度が早いため完全に死滅させないと、掃除してもまたすぐに発生するのが特徴です。

お風呂にカビが生える原因について

なぜ、浴室内にはカビが発生しやすいのでしょうか?
それは、カビの繁殖条件が関係しています。

カビは「温度」「湿度」「栄養」「酸素」の4つの条件が揃うことで繁殖します。

  • 温度 20度以上30度未満
  • 湿度 70%以上
  • 栄養 皮脂汚れや石鹸カス
  • 酸素 空気

どれをとってみても、浴室内の環境とぴったり一致しますよね。浴室内は、カビの繁殖にとても最適な条件を兼ね備えた場所ということなんです。

こすっちゃダメ?カビの落とし方

では、本題の洗剤を使ったカビの落とし方についてみていきましょう!

浴室カビの撃退には、やはり塩素系洗剤であるカビ取り洗剤を使用するのが効果的です。カビキラーやカビハイターなどの泡で噴射できるタイプのものが、カビ部分に密着してしっかりと浸透してくれるので、おすすめです。
もしこれらのものがなくても、キッチンハイターなどの液体タイプの塩素系漂白剤でも大丈夫です。

具体的な手順です。

①カビ部分にカビ取り洗剤を塗布する。
ここでポイントとなるのが、必ず乾いた状態で洗剤を塗布することです。濡れている状態だと、せっかくの洗剤が水分で薄まってしまい、効果が落ちてしまうからです。
もしも濡れている場合にはしっかりと水分をふき取ってから、作業を始めましょう。

②カビ取り洗剤を塗布した部分に、ラップを貼り付けます。

もし、泡タイプの洗剤がなくて、液体タイプを使う時には、洗剤を塗布した部分にキッチンペーパーを当て、さらにその上からもう一度カビ取り洗剤を塗布し、キッチンペーパーに洗剤がよく浸透したら、さらにその上からラップを貼り付ければOKです。

ここでのポイントは、空気が入らないようしっかりと密着させることです。カビの繁殖条件である「酸素」をシャットアウトするためです。

スポンサーリンク

あと、絶対にやってはいけないことは「こすらない」ということです。
特にゴムパッキンなどの材質がやわらかい部分では、歯ブラシなどでゴシゴシこすってしまうと、細かな傷がつき、そこからカビが侵入してしまうからです。

カビ取り剤はその成分を浸透させることによって、カビを落としてくれますので、しっかり浸透させるためにも、こすらずそのままにしてください。

③そのまま1時間以上放置します。

④シャワーでしっかりとカビ取り剤を洗い流します。

まとめ

いかがでしたか?今回はおうちにある洗剤を使って簡単な手順でできるカビの撃退方法についてご紹介しました。
「ラップしてこすらず放置」これが、カビ取り剤の効果を最大限に引き出せるやり方でしたね。

これで頑固なカビ汚れともサヨナラしましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク