七草粥の由来を子どもにわかりやすく簡単に説明してみる。

イベント・行事

お正月がおわると、1月7日の七草粥ですね。スーパーでも、七草セットがパックになって売られていますよね。

毎年食べる習慣がありますか?
我が家でも、毎年この日には一応、七草粥を作って食べています。

家族で七草粥を食べていると、お子さんから「なんで1月7日には七草粥を食べるの?」「七草粥ってどういう意味?」なんて聞かれて、すぐに答えられずに困ってしまったなんてことありませんか?

ありますよね~。

「お正月に食べ過ぎちゃったからね~」「体にいいからだよ~」と、なんとなくやり過ごしたものの、いざ聞かれると困ってしまいますよね。

そんなあなたに!
今回は、知っているようで意外と知らない七草粥の由来や意味についてご紹介します。お子さんに簡単に説明できるようにまとめてみましたので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

七草粥の由来とは?わかりやすく簡単に説明してみる。

七草粥とは、1月7日に、今年1年の無病息災や邪気払いを願って、春の七草が入ったお粥を食べる行事のことです。

この1月7日は、五節句のうちのひとつ「人日(じんじつ)の節句」にあたります。この五節句とは、古来中国で定められた季節の変わり目のことをいい、次の5つがあります。

  • 1月7日 人日(じんじつ)の節句
  • 3月3日 上巳(じょうし)の節句
  • 5月5日 端午(たんご)の節句
  • 7月7日 七夕(たなばた)の節句
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

これらの日には、その季節の旬のものを食べて邪気を払ったり、無病息災を神様に祈るという風習がありました。

一方、日本では、寒い冬にでも元気に芽吹く若菜を食べることで、そのパワーにあやかって、無病息災や健康長寿を祈願する「若草摘み」という風習がありました。
それが、中国由来の「人日の節句」と融合され、今のように七草粥が食べられるようになったと言われています。

七草粥を食べる意味とは?わかりやすく簡単に説明してみる。

七つの葉を入れて食べられる七草粥ですが、無病息災を祈って食べるほかに、冬場は野菜がなかなか手に入らないため、不足しがちな栄養素を補うという目的もありました。
七草すべてを合わせると約12種類の薬膳効果があり、約7種類のビタミン・ミネラルが含まれます。

セリ

「競り勝つ」という意味があり、縁起物の食べ物とされています。
独特の香りがあり、それが食欲を刺激するため、食欲増進効果が期待できます。ほかにも、胃腸の調子を整えたり、血液をサラサラにする効果があります。ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、リン、カリウムが含まれ、栄養価の高い食材です。

ナズナ

「ぺんぺん草」とも呼ばれていますが、「なでて汚れをはらう」とされる縁起の良い食材です。古くから薬草として用いられていて、高血圧、解熱、便秘、利尿などに効果があります。
ビタミンKが豊富に含まれていて、止血作用や骨粗鬆症予防にも効果があります。

ゴギョウ

「仏体」を意味します。咳止め、痰きり、喉の炎症などに効果があるとされています。

ハコベラ

「繁栄がはびこる」という意味があります。昔から腹痛の薬として用いられており、胃炎に効果があります。

ホトケノザ

「仏の安座」を意味します。整腸作用、解熱、鎮痛、高血圧予防に効果があります。

スズナ

かぶのことです。「神様を呼ぶ鈴」を意味しています。便秘解消、利尿効果。ビタミンKや鉄分も豊富です。

スポンサーリンク

スズシロ

大根のことです。「汚れのない純白」を意味しています。食欲増進や咳止め、あかぎれに効果があり、ビタミンCやカロチン、カルシウムが豊富です。

身体にいいものばかりですね。
現在では、お正月に食べ過ぎて疲れてしまった胃腸を休めるためというのが、一番の理由になっているかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
何となく知っているつもりでいたけど、意外ときちんとした理由があったんですね。ただ、中国と日本の風習が融合したという由来は、お子さんには少し難しいですよね。

「昔から、この七つの草を食べると、1年間健康で過ごせるって言われてるんだよ」
「お正月に食べ過ぎて疲れちゃった胃を、元気にしてくれるんだよ」
と言いながら、七草のそれぞれの意味なども話してあげるとわかりやすいんじゃないかな、と思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク